autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 テスラ モデル3を追撃!プレミアムEV、ポールスター2発表!

新型車解説 2019/2/27 22:37

テスラ モデル3を追撃!プレミアムEV、ポールスター2発表!

関連: ボルボ , テスラ Text: オートックワン 編集部 Photo: ポールスター
Polestar初のピュアEV「Polestar 2」(ポールスター2)
Polestar初のピュアEV「Polestar 2」(ポールスター2)Polestar初のピュアEV「Polestar 2」(ポールスター2)Polestar初のピュアEV「Polestar 2」(ポールスター2)Polestar初のピュアEV「Polestar 2」(ポールスター2)画像ギャラリーはこちら

ポールスター製ピュアEV 5ドアハッチバック、ついに発表

2019年3月7日にスタートするスイス・ジュネーブショーに先駆けて、2019年2月27日にボルボのハイパフォーマンスEVブランドであるポールスターから新型EVモデル"Polestar 2"(ポールスター・ツー)が発表された。

ファーストモデルであるポールスター1は、2リッターエンジン+電動モーターを備えるハイブリッドスポーツクーペとして、2017年に限定500台でデビュー。すべてオンラインという受注方式や、2年間または3年間の月額定額制(いわゆるサブスクリプション)によるユーザーへの提供などが話題となった。そこから2年、ついにピュアEVのプレミアム5ドアハッチバック「ポールスター 2」が姿を現した。

Polestar初のピュアEV「Polestar 2」(ポールスター2)

ポールスター2は、前後に2基のモーターを設置し、システム出力は300kW(408hp)/660Nmを発揮。トルクデマンド型の全輪駆動で、0-100km/h加速は5秒以下というパフォーマンスを発揮する。ボルボ XC40と同じCMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)をベースとし、フロア下にバッテリーエンクロージャーを装着。324個ものセルは27のパウチに分けられてバッテリーエンクロージャーに格納されている。容量は78kWh、航続距離はWLTPモードで500kmとなる。

またこのバッテリーセルにより低重心化はもちろんのこと、35%もボディ剛性を引き上げ、さらに静粛性も向上している。さらにオフセットクラッシュなどでも、乗員とバッテリーセルを保護するよう設計されている。

>>セダンのように見えて、実はハッチバックなんです[Polestar 2フォトギャラリー]

Polestar初のピュアEV「Polestar 2」(ポールスター2)

外装は、以前ボルボが発表した「ボルボコンセプト40.2」と似ているが、モダンなポールスターのデザイン言語で描かれている。ヘッドライトは、片側84基のLEDが備わるピクセルLEDとなっており、配光を自動制御する。またサイドミラーは鏡面ではなく、筐体自体が可動することで、30%空力を改善しているという。またボディカラーは全6色を用意する。

内装は、動物由来の素材を使わないヴィーガンインテリアとなっており、従来のレザーに比べて軽量化も果たしている。またパネル類は、美しく造形されたポリカーボネートや、ブラックアッシュなど、モダンなフィニッシュとなっている。

また、オーナーがスマートフォンを持ってポールスター2に近づくとドアがアンロックされ、運転席に座ってステアリングを握ると、何一つボタンを押さずにスタートする準備が整うなど、コネクティビティも充実。インパネの中央に備わる縦型17インチモニターには、すべての情報が集約されており、GoogleマップはもちろんのことGoogleアシスタントやSpotifyなども使用できる。さらに、パノラミックルーフやハーマンカードンのプレミアムサウンド・システムも用意されている。

Polestar初のピュアEV「Polestar 2」(ポールスター2)

その他、ブレンボ製のハイパフォーマンスブレーキや20インチ鍛造ホイール、オーリンズ製のダンパーなども装備するなど、走りのスペックアップも抜かりはない。

ターゲットは、ずばりテスラ 3。価格は欧州で39900ユーロから59900ユーロ。

まず中国、カナダ、北米カリフォルニア、そして欧州6カ国で販売され、本日より予約開始がされる。

日本への導入は現時点で未定だが、導入が開始されればEモビリティの新しいアイコンとなることだろう。

[レポート:オートックワン編集部]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ボルボ の関連編集記事

ボルボの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR