autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 リーフe+(イープラス) 公道試乗|“400km走るリーフ”の実力を試す

試乗レポート 2019/2/26 11:41

日産 リーフe+(イープラス) 公道試乗|“400km走るリーフ”の実力を試す(1/5)

関連: 日産 リーフ Text: 藤島 知子 Photo: 小林 岳夫・オートックワン編集部・日産自動車
日産 リーフ「e+」(イープラス)[62kWh版]
日産 リーフ「e+」(イープラス)[62kWh版]試乗レポートを届けてくれたモータージャーナリストの藤島知子さん/日産 リーフ「e+」(イープラス)[62kWh版]充電ポート内の急速充電ポートはe+専用のデザインに/日産 リーフ「e+」(イープラス)[62kWh版]日産 リーフ「e+」(イープラス)[62kWh版]画像ギャラリーはこちら

悲願達成! 400km航続可能なリーフが誕生

バッテリー容量を増やせば航続距離は伸びるが、その分価格や重量も増すジレンマ

日産 リーフ「e+」(イープラス)[62kWh版] エクステリア・フロント正面

日産が量産型の電気自動車(EV)、初代 「リーフ」の販売を開始したのは2010年のこと。100%電気で走るEVは、当初は都市型の小型モビリティとしての活躍が期待されたが、リーフは5人乗りのハッチバックスタイルで登場。敢えて乗用車然とした形にすることで、エンジン車から乗り換えても違和感なく受け容れられることを尊重したパッケージといえた。

モーター駆動で走るEVは、スマホと同じように、バッテリーに充電した電力を使って動く。ただし、満充電で走れる航続距離はエンジン車よりも短く、ドライブは充電スタンドの位置や充電するタイミングを考慮しながら移動することが要求されるワケだ。電欠すれば当然動けなくなる。そんな不安やわずらわしさを解決するには、バッテリーの容量を増やすというのが一つの解決策だが、バッテリーを増やせば車両価格が高くなること、そして重量増や車内空間への影響が懸念される。

市販化されて歴史が浅いEV。クルマを作る側も、利用する側もどれだけバッテリーを積んでいたらいいものかと探っている状況だ。

>>リーフe+を画像で徹底チェック![フォトギャラリー]

日産リーフの歴史はバッテリー進化の歴史

「e+」を示すエンブレムの類は特になし/日産 リーフ「e+」(イープラス)[62kWh版]

バッテリーの進化はEVの価値に直結している。リーフのバッテリーの変遷に目を向けると、初代からみてその容量は24kWh→30kWh→40kWhと年を重ねるごとにスペックを高めてきた。そして遂に、2018年10月に登場した「リーフ e+」(イープラス)は、62kWh の大容量バージョンを追加。2代目リーフの40kWh仕様の場合、満充電にした状態ではJC08モードで400kmの航続距離を示していたのに対し、62kWh仕様はバッテリー容量が55%アップしたことで、航続距離は40%アップとなる570km(WLTCモードでは458km)にまで伸びた。

実際の走行では、アクセルペダルの踏み込み量やエアコンなどの電力消費量によって、走れる距離は変化するが、そうした状況を差し引きしても、「リアルワールドで400km程度走れるEVが登場した」というのが、今回ご紹介する62kWh仕様の「リーフ e+」最大のトピックとなる。

>>【概要】日産 リーフe+(イープラス)はこれまでのリーフとどこが違う?[次ページ]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 リーフ の関連編集記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR