autoc-one.jp 記事・レポート 特集 フォトギャラリー トヨタ ヤリスWRCにはヴィッツの血が流れていた | 両車を画像で徹底比較

フォトギャラリー 2018/10/12 18:43

トヨタ ヤリスWRCにはヴィッツの血が流れていた | 両車を画像で徹底比較

関連: トヨタ ヴィッツ Text: オートックワン 編集部
トヨタ ヤリスWRCを画像で見る
トヨタ ヤリスWRCを画像で見るトヨタ ヤリスWRCを画像で見るトヨタ ヤリスWRCを画像で見るトヨタ ヤリスWRCを画像で見る画像ギャラリーはこちら

トヨタの最新レーシングカー、ベースはなんと「ヴィッツ」!?

今季、トヨタはWRC(世界ラリー選手権)に参戦している。

WRCとは、特別に封鎖された一般の公道を舞台に、一定の区間内を走るタイムを競う「ラリー」という自動車競技の世界選手権。世界中の自動車メーカーが、自社のラリーカー(ラリー用の競技用自動車)を用いて参戦し、「公道最速のドライバー・クルマ」を決める為にトップレベルの戦いが繰り広げられている。また、荒れた公道を全開で走ることから、マシンの耐久性やメカニックチームの整備力も欠かせない要素。クルマの速さだけでなく、チームの総合力が試される競技といえる。

厳しい戦いが繰り広げられているWRCに「世界のトヨタ」が挑むからには、イチから全て専用設計された特別仕様のラリーカーが用意されているのだろう、と思う読者もいらっしゃることだろうが、そうではない。

トヨタがWRCで用いているラリーカー「ヤリスWRC」のベースとなっているのは、私達がよく街で見かける同社の小型車「ヴィッツ」。日本でも販売されている普通の市販車をベースとしたクルマでWRCに参戦している。

名前に「ヤリス」「ヴィッツ」という違いがある理由は、欧州を始めとする海外でヴィッツはヤリスという名前で販売されているから。その関係で、ラリーカーの名前がヤリスWRCとなっている訳だ。

ちなみに、WRCはそもそも市販車をベースとしたラリーカー同士で争われる競技であるため、WRCに参戦している他のメーカーも、ラリーカーのベース車両は自社の市販車から選定している。

◆【画像】見れば見るほど瓜二つ!? ラリーカーとヴィッツを見比べる

ヤリスWRCには速く走るための工夫が盛りだくさん

ここで、ヤリスWRCとヴィッツの見た目の違いを見ていきたい。

外装の違い

トヨタ ヤリスWRCを画像で見るトヨタ ヤリスWRCを画像で見る

まずひと目見て分かるポイントは、ボディ全体に取り付けられたエアロパーツの数々。これらのパーツは、走行中タイヤを地面に押し付ける力(ダウンフォース)を強めることで、駆動力を路面により強く伝えるために備わっている。

ヘッドライト横のネコの髭のようなエアロパーツや、大型のエアロウイングに目が行くが、他にも細やかなパーツが多数取り付けられているので、観察すればするほど様々な発見があるだろう。

トヨタ ヤリスWRCを画像で見るトヨタ ヤリスWRCを画像で見る

また、ボンネット上面やタイヤの前後に穴が空いたスペースが設けられている。これらは、過酷な走行でエンジンやブレーキから発せられた熱を効率的に逃がす為に開けられたたもの。日常ではありえないスピードで走行するラリーカーは、メカニカル部分から発生する熱も尋常ではない。そのため、予め対策が打たれているのだ。

内装の違い

トヨタ ヤリスWRCを画像で見るトヨタ ヤリスWRCを画像で見る

ヤリスWRCとヴィッツの内装を比較した時、真っ先に気づく違いとしては、後席の有無があるだろう。

ヤリスWRCの場合後席は取り外されており、代わりに「ロールケージ」と呼ばれるパイプが組まれている。これは、スポーツ走行によって車体に加わる衝撃から、クルマの骨格を守るために加えられた補強材。このような装備があることで、競技中に万が一事故が発生した場合でも、ドライバーの安全を守ることができる。

一方、市販車のヴィッツには3人掛けの後席が備わっており、荷室をフラットにすることで768L(2WD仕様)の空間が出現する。

トヨタ ヤリスWRCを画像で見るトヨタ ヤリスWRCを画像で見る

ステアリングも、ヤリスWRCとヴィッツではやはり大きく異なっている。

ヤリスWRCは、ステアリングに至るまでグラム単位の軽量化が図られており、極めてシンプルなデザインとなっている。ヴィッツはクルマの運転に慣れていない人にも親しみやすい、丸みを帯びたデザインが特徴だ。また、手元でオーディオ操作ができるステアリングスイッチが選択できる点も見逃せない。

ヤリスWRCのスペックは ヴィッツと比べて「ケタ違い」

トヨタ ヤリスWRCを画像で見るトヨタ ヤリスWRCを画像で見る

ベース車両こそ普通のヴィッツであるものの、ヤリスWRCの運動性能はモンスター級のハイスペックとなっている。

ヤリスWRCの最高出力は380馬力以上、最大トルクは425Nm以上を発揮する。これは日本で市販されているヴィッツ(1.0 Fの2WD仕様)の最高出力69馬力、最大トルク92Nmと比べると、4倍以上も強力だ。

全長はヤリスWRCが4,085mm、ヴィッツが3,945mmと、クルマの大きさは両車ほぼ変わらない。このことを考えると、ヤリスWRCが市販車サイズのボディにどれだけ高性能なパワートレインを搭載しているかが分かる。

「ヤリスWRC」「ヴィッツ」スペック比較

 

ヤリスWRC 2018年仕様トヨタ ヴィッツ1.0 F[2WD]
全長4,085mm(空力パーツ込)3,945mm
全幅1,875mm1,695mm
全高調整可能1,500mm
ホイールベース2,511mm2,510mm
車両重量1,190kg(最低重量)970kg
エンジン直列4気筒直噴ターボエンジン直列3気筒DOHC
排気量1,600cc996cc
最高出力380馬力以上69馬力
最大トルク425Nm以上92Nm
トランスミッション油圧式6速シフトCVT
駆動方式4WD2WD

現在トヨタはチーム間で争われるマニュファクチャラー選手権で首位

トヨタ ヤリスWRCを画像で見る

2018年シーズン、トヨタはWRCに3台のヤリスWRCで参戦している。

参戦ドライバーとコ・ドライバー(道案内役)は、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #7号車)、オット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組(#8号車)、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(#9号車)の3組。

直近に行われたWRC第11戦 ラリー・グレートブリテン では、ラトバラ選手が2位、ラッピ選手が3位に入賞するする力走を披露。年間を通じた成績がメーカー単位で表彰されるマニュファクチャラー選手権において、トヨタは首位となる活躍を見せている。

WRCファンだけでなく、ヴィッツオーナーの胸も熱くさせるヤリスWRCの活躍に、今後も注目だ。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

トヨタ ヴィッツ の関連編集記事

トヨタ ヴィッツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴィッツ の関連編集記事をもっと見る

トヨタ ヴィッツ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR