トヨタ 新型スープラを完成間もない“日本版”ニュルで試乗【動画アリ!】(1/2)

日本版“ニュル”で新型スープラを試乗!

ついにトヨタ GRスープラを“ニュル”で試乗することができた!

アップダウンが激しく、路面もコーナーで逆カントがついているので、あらぬ方向に横Gやヨーが発生する。しかも時速200km/hからのフルブレーキングからいきなりキツいRのコーナーが連続するほか、ジャンピングスポットも存在するなど、かなりハードなコース。

そんな厳しいコースを走らせると、今回のGRスープラが世界中の道で鍛え抜かれたからこその、ヒタッと路面に優しく張り付くポテンシャルの高さを痛感する…

と書いたものの、実は国内での話。

というのもこれ、トヨタが本社にほど近い豊田市と岡崎市の中間にまたがる山間部の「下山村」に建設を進めてきたToyota Technical Center Shimoyama(アルファベットが正式名称で通称TTCS)の中にある、ニュルブルクリンクを模した全長約5.3kmのカントリー路を走る機会を得て、実際に走行した印象なのだ。

>>日本の“ニュル”を疾走する新型スープラを画像で見る[30枚]

“原点回帰”でクルマを鍛え、さらにクルマを鍛えられる人材を育成することこそが重要

今回の“下山ニュル”は、TTCSの一部運用としてスタートしたばかりで真新しく、それこそ前日に豊田章男社長が試走したばかりのタイヤ痕がハッキリと分かるほど誰も走っていない状態。

実際、我々が招かれた段階でも、まだ社内の人間でもほとんど走っていないと聞き驚いた。しかも今回の取材ではコース内は全面撮影OKという、テストコースにあるまじきルールをあえて適用してくれた。

今回の取材にあたり、トヨタ自動車副社長で「GAZOO Racing Company(ガズーレーシングカンパニー)」の友山茂樹氏が冒頭のあいさつを行い、「CASEの時代にこんな大きなテストコースを作ってどういうことか? と聞かれますが、我々はCASEの時代だからこそ、『走る・曲がる・止まる』という原点に帰って、クルマを鍛え、またクルマを鍛えられる人材を育成することこそが重要と考えています。そこが自動車メーカーの強みとなる確信をもって、今回のプロジェクトを進めています」と語った。

下山ニュルでは3グレードごとのキャラクターの違いがハッキリ分かった

今回ここで試したのは、2019年5月1日より発表されたばかりのGRスープラ3グレード全てと、GRのラインナップ群。

GRスープラのRZとSZ-Rは袖ヶ浦フォレストレースウェイで徹底的に試しているし、今回このTTCSまでの道のりでもスープラSZとSZ-Rを「公道初試乗」してきた。そこでGRスープラのスポーツカーとしての出来の良さは存分に感じていたが、このテストコースで走らせるとさらに、その良さを痛感した。

というのもGRスープラをこの下山ニュルで走らせると、ステアリングフィールの実にしっかりした感覚とクリアな情報伝達があることがよくわかり、安心して操舵していくことができる。

また荒れた路面を高速で走っていくシーンでは、相当に荒れている路面にも関わらず接地感がしっかりと生まれており、これも安心を感じる要素となった。また評価用のテストコースとなるため、実に様々なRのコーナーが用意されているため、RZとSZ-RとSZのハンドリングや味付け、そこから生まれるキャラクターの違いをハッキリと知ることができた。

実際3リッターターボ(340ps)版の「RZ」はかなりアグレッシブで、タイトコーナーではステアリングのわずかなきっかけだけで旋回していく。一方で高速コーナーでは空力がしっかりと効くためボディがしっかり路面に押さえつけられて想像以上の安定感がある。

SZ-R(2リッターターボ/258psハイパワー版)は乗り心地とハンドリングの良さがバランスされており、コーナーの大小に関わらず非常に素直なハンドリングが魅力だった。

またSZ(2リッターターボ/197ps)は唯一ランフラットタイヤを履き、サスペンションもAVSなしのベーシックなものだが、意外にしなやかに路面をいなしていく様を感じることができた。

>>消滅が惜しいマークXのGRMN にも試乗[次ページへ続く]

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
河口 まなぶ
筆者河口 まなぶ

1970年生まれ。大学卒業後、出版社のアルバイトをしたのちフリーランスの自動ライターとなる。1997年に日本自動車ジャーナリスト協会会員となり、自動車専門誌への寄稿が増え、プレイステーション「グランツーリスモ」の解説も担当。現在、自動車雑誌を中心に一般誌やwebで自動車ジャーナリストとして活躍。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ フォンテーヌ・ブロー熱海
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ スープラの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ スープラのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ スープラの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ スープラの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ スープラのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる