MOTAトップ 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム トヨタがEVに出遅れているなんて誰が言った!? ハイブリッド量産20年超のノウハウでEVでも世界制覇へ

自動車評論家コラム 2019/6/17 20:47

トヨタがEVに出遅れているなんて誰が言った!? ハイブリッド量産20年超のノウハウでEVでも世界制覇へ(1/2)

関連: トヨタ , スバル , ダイハツ , スズキ Text: 山本 シンヤ Photo: MOTA編集部・トヨタ自動車
トヨタ 電動車普及チャレンジ
トヨタ 電動車普及チャレンジトヨタ IZOA EVトヨタとスバル、EV専用プラットフォームおよびSUVモデルのEVを共同開発トヨタ 電動車普及チャレンジ画像ギャラリーはこちら

初代プリウスから20余年、電動化技術で世界の最先端を独走中のトヨタ

トヨタ EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー)

トヨタのEV普及のための準備が着々と進んでいる。このように書くと必ず「EV化に出遅れたトヨタがやっと……」と苦言を呈する人が出るが、ちょっと待って欲しい。確かに「量産EV」と言う意味では2012年にiQをベースとした「eQ」を100台販売したのみだ。

しかし「電動化技術」と言う意味では、トヨタは世界の最先端を行く。それでも信じない人がいるのは、「EVとハイブリッドは別物」と言う間違った考えがあるからだ。

電動化のコア技術は「モーター」、「バッテリー」、「インバーター」の3つ。そのまま使えば「EV」だが、ここに固有の技術を足すと様々なユニットになる。エンジンを組み合わせれば「ハイブリッド(HEV)」、エンジンと充電機能を追加すれば「プラグインハイブリッド(PHV)」、フューエルセルと水素燃料タンクを組み合わせれば「FCV」だ。

つまりトヨタの電動化技術は、1998年に登場した初代プリウス以降、20年以上の歴史を持っている(しかも“量産”している!)ことを良く理解したほうがいい。

>>2020年以降登場する予定のトヨタEVの数々[フォトギャラリー]

EVに欠かせないバッテリーの確保にめどがついた

トヨタ パナソニック EV向け車載用の角形電池開発で提携

そんなトヨタが2020年以降、EVの本格展開を行なう。それを後押しする要因の一つが「電池の開発/供給」に目途が立った事にある。

ハイブリッドシステムは20年以上に渡る開発により高効率化を実現。実際に少ない電池量でも低燃費を可能にしているが、この技術をEVにも活用している。

更にバッテリー最大のネックである耐久性(長期間使用後の電池の残存容量)に関しては、材料/パック構造/制御システムなど、様々な面での劣化の抑制を可能にした。通常の使い方であれば、10年で9割程度の性能を維持すると言う。昨今、EVのリセールバリューが課題だが、その問題も一気に解決する。

ちなみにトヨタは2030年までにEV、HEV、PHV、FCVなどの電動化車両の販売は年間550万台と言う目標を掲げているが、それを実現するにはバッテリーの供給問題をクリアさせる必要がある。

そこに関しても鉄壁の包囲網が敷かれている。

すでに提携しているパナソニックに加えて、トヨタでは既に中国のBYD、CATLとも提携している。つまり、世界のバッテリー生産量トップ3とタッグを組んでいるのだ。

>>トヨタがグループのチカラを結集して展開していく電気自動車のラインナップとは[次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ の関連編集記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR