キャンピングカーを知るなら、3大人気カテゴリー「軽キャンパー」「バンコン」「キャブコン」の違いをおさえておこう

画像ギャラリーはこちら
車中泊やキャンプがブームとなる中「キャンピングカーが気になる」という方は多いだろう。しかしキャンピングカーとひとくちに言っても、用途や予算に応じて様々な種類があり、いったいどれを選んでいいのか迷ってしまうところ。

そこでまずは最低限押さえておきたい、キャンピングカーの3大人気カテゴリー「軽キャンパー」「バンコン」「キャブコン」をご紹介しよう。これだけ知っておけば、キャンピングカー選びもグッと深く楽しめるはずだ!

目次[開く][閉じる]
  1. お値段控えめでも機能は本格的! 軽自動車をベースにした「軽キャンパー」
  2. 1BOXカー「ハイエース」などをベースにしたお馴染みのキャンピングカースタイル! 定番の「バンコン」
  3. 欲しい要素が全て揃うオールインワンのキャンピングカー「キャブコン」
  4. 初心者こそオススメ! 全国各地で定期的に開催される「キャンピングカーショー」で3大カテゴリーをチェックしよう

お値段控えめでも機能は本格的! 軽自動車をベースにした「軽キャンパー」

まずは軽自動車の「軽キャンパー」からご紹介しよう。

軽キャンパーは、税金や維持費が安くサイズも手ごろな軽自動車がベース。キャンピングカーの中では価格も控えめなのも嬉しい。見た目は軽でも、車体サイズを拡大し軽登録ではないモデルもある。

就寝定員は1~2名だから、おひとりさま、もしくは夫婦・カップルでの車中泊旅が向いている。屋根にポップアップテントを載せることで、さらに+1~2名が就寝可能な仕様も存在する。各キャンピングカーメーカーのアイデアが活かされており、小さい室内の中に収納や調理機能など、効率的な設計が施されているのも特徴だ。

主に、1BOX型の軽商用バンを基に荷台をベッドにしたタイプのほか、軽トラックの荷台に専用の居室空間を載せたタイプ(後述する「キャブコン」の一種に属する)がある。

1BOXカー「ハイエース」などをベースにしたお馴染みのキャンピングカースタイル! 定番の「バンコン」

「バンコン」は、街でよく見かける「トヨタ ハイエース」「日産 NV350キャラバン」といった1BOX型の商用バンをベースに、広い荷台をベッドスペースやリビングに改装した“バンコンバージョン”タイプを指す。多くの人がキャンピングカーと聞いて思い出すのはこのタイプではないだろうか。

ひとことでバンコンと言っても、シンクや電子レンジ、家庭用エアコンなどをフル装備したキャンピングカー仕様から、簡易的に車中泊出来る仕様まで種類は多く、就寝可能な定員も様々である。また国産車以外に、欧州メーカーの大型バンをベースにした海外製バンコンも複数のタイプが輸入販売されている。

各キャンピングメーカー毎に数多くのラインナップが用意されているので、予算、家族の人数や使い方などを踏まえ、自身のスタイルにぴったりくる選ぶことが出来るはずだ。

近年は他にも「トヨタ ヴォクシー」「日産 セレナ」「三菱 デリカD:5」といった乗用車(ミニバン)をベースにしたモデルも増えている。

欲しい要素が全て揃うオールインワンのキャンピングカー「キャブコン」

キャブコン(キャブコンバージョン)とは、宅配便やコンビニの配送などで活躍するキャブオーバー型トラックの荷台部に、大きなキャビン(居室)を載せたタイプのことをいう。

外見からも想像出来るように、室内空間はバンコンなどと比べても圧倒的に広い。就寝定員も多いから、ファミリーユースにも最適だ。

広い室内で快適に長時間過ごせるよう、ソーラーパネルや走行充電機能、大容量サブバッテリーなどを備え、エンジンを止めても家庭用エアコンやヒーター、電子レンジなどを稼働させることが出来るタイプも多い。これはもう「家」そのものと言っていいだろう。常設ベッドの数を多くしたタイプなど、同メーカー内に複数のモデルをラインナップしているケースが多い。就寝定員数や使い方に応じた選択が可能だ。

ただし充実した内容の分、価格帯は高めの傾向にある。

初心者こそオススメ! 全国各地で定期的に開催される「キャンピングカーショー」で3大カテゴリーをチェックしよう

今回はキャンピングカーの3大人気カテゴリー「軽キャンパー」「バンコン」「キャブコン」についてご紹介した。このほかにもけん引タイプの「キャンピングトレーラー」など、キャンピングカーは用途に応じて様々な車両のタイプが設定されている。

こうした各タイプが一堂に会する「キャンピングカーショー」イベントが、全国各地で定期的に行われているのをご存じだろうか。車中泊やキャンピングカーが気になっているなら、まず一度こうしたイベントをのぞいてみるのが、キャンピングカーのことをもっと深く知るための一番の近道だ。

展示された実際のキャンピングカーを目の当たりにしてみることで気付くことも多い。気になる複数メーカーをいっぺんに比較したり、案内スタッフに質問することで新たな知識も得られる。

多くの人が訪れるイベント出展に力を入れるキャンピングカーメーカーも多い

またキャンピングカーメーカーは店舗数も限られているため、来場者の多いイベント会場での商談にはどこも非常に力を入れている。イベント特典をつけ販売される例も多いから、普段よりもお得な購入が出来るかもしれない。

JRVA(ジャルバ:一般社団法人 日本RV協会)のWebサイト(https://www.jrva.com/)では、全国で行われるキャンピングカーイベントを紹介しているページを開設している(ジャルバイベントドットコム https://jrva-event.com/)。もしかしたら、今週末にも、近くのイベントホールなどでキャンピングカーショーが開催されているかもしれない。こちらもマメにチェックしておくと良いだろう。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:島村 栄二・MOTA編集部・日本RV協会]

>>こんなにいろいろあるの! 「軽キャンパー」「バンコン」「キャブコン」様々なキャンピングカーを写真で見比べてみる[画像ギャラリー]

トヨタ/ハイエースバン
トヨタ ハイエースバンカタログを見る
新車価格:
236.3万円446.2万円
中古価格:
55万円855.6万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 有馬グランドホテル

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ハイエースバンの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハイエースバンのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハイエースバンの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハイエースバンの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハイエースバンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる