トヨタ 新型カローラ クロスにもう少しパワーが欲しい!? 期待したいのは2リッターガソリンモデルの追加だ

画像ギャラリーはこちら
2021年9月に日本デビューを果たしたトヨタ 新型カローラ クロス。日本より先に東南アジアや北米市場でデビューしていたが、日本仕様は専用の内外装デザインとかなり手の込んだ一台となっており、デビュー間も無くから大人気を博している状況だ。日本仕様は1.8リッターガソリンとハイブリッドをラインアップしているが、実際に乗ってみるともう少しパワーが欲しいと思ってしまうのもまた事実である。そこで今回は新型カローラ クロスに期待したいことを考えてみた。
目次[開く][閉じる]
  1. 新型カローラ クロスは装備内容と価格を考えると素晴らしいデキ
  2. もう少しパワフルなエンジンが欲しいという意見も! 可能なら北米仕様の2リッターガソリンエンジン投入を希望
  3. 足まわりの変更も切望! 2リッターエンジン投入でガソリンモデルの比率も上がる!?
  4. まずは特別仕様車で投入し、将来的にカタログモデルに昇格へ

新型カローラ クロスは装備内容と価格を考えると素晴らしいデキ

2020年にタイでの先行投入を経て、2021年9月に日本にも導入されたトヨタ 新型カローラ クロスは長い納期となっている人気車である。

新型カローラ クロスは全体的に内外装デザインや先進安全装備などの内容をみても、カローラファミリーらしい実にソツのない仕上がりだ。加えて200万円を切る価格もリーズナブルと、人気車なのもよく分かる。

>>【新型カローラ クロスと新型ヴェゼル比較】価格差わずか1500円! 装備内容は互角だが、後席の使用頻度が高ければ新型カローラ クロスに軍配

もう少しパワフルなエンジンが欲しいという意見も! 可能なら北米仕様の2リッターガソリンエンジン投入を希望

だが、その一方で実際に乗ってみるとパワー不足に感じる部分もあるなど、少なからず不満もあるのだった。

新型カローラ クロスは1.8リッターガソリンと1.8リッターハイブリッドという2種類のパワートレインをラインアップしている。

弱点というほどではないが、実際に乗ってみると「もうワンパンチ欲しい」と感じるのだった。そのため新型カローラ クロスのアメリカ仕様に搭載される2リッターNAガソリンエンジンモデルを日本にも設定して欲しいと考えている。

>>売れ行き好調な「カローラクロス」が狙いを定めたのは、ミニバン代替後の“ポストミニバン”層だった

足まわりの変更も切望! 2リッターエンジン投入でガソリンモデルの比率も上がる!?

このエンジンは日本で販売されているモデルではRAV4、ハリアー、レクサスUXにCVTとの組み合わせで搭載され、スペックはRAV4のもので最高出力171馬力&最大トルク21.1kgmと強力なのだ。

乗ってみてもダイレクト感あるCVTのおかげもあり「排気量が2.2リッターくらいあるのでは?」と感じるくらいパワフルで、レッドゾーンまで回した際のフィーリングも気持ちよく、燃費も良好だ。

このエンジンをカローラ クロスに搭載し、足回りにも手を加えてもらいたい。具体的には、リアサスペンションはFFのトーションビームから日本仕様4WDやアメリカ仕様のようにダブルウィッシュボーンに変更し、価格は1.8リッターハイブリッドと同等に。新型カローラ クロスの全体的な魅力に加え、比率の低いガソリン車の存在感も高まるのではないだろうか。

>>新型SUV「カローラクロス」が好調な立ち上がり! カローラシリーズの4割以上を占める人気ぶり、生産が本格化する2022年はさらなる伸びにも期待大

まずは特別仕様車で投入し、将来的にカタログモデルに昇格へ

もちろん、「いきなりそういった仕様をカタログモデルにするのはリスクが高いのでは?」という気持ちも分かる。

それならカローラツーリングにそれぞれ500台限定で2020年5月と2021年4月に設定された特別仕様車の2000リミテッドとアクティブライドのように限定販売からスタートするのもありだ。評判次第でカタログモデルに昇格というステップでもいい。

ちなみに2000リミテッドは、東京オリンピックの自転車ロードレースのサポートカーに使われ、自転車ロードレースのサポートカーだけにサーキット走行のように縁石を跨ぎながらアグレッシブに走っていたあのカローラツーリングである。

新型カローラ クロスはガソリン/ハイブリッドモデルともに値段以上に仕上がりがいいだけに、そんな進化も期待したい。

【筆者:永田 恵一】

トヨタ/カローラクロス
トヨタ カローラクロスカタログを見る
新車価格:
199.9万円319.9万円
中古価格:
201.4万円450万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 渓谷に佇む隠れ宿 峡泉

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ カローラクロスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラクロスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラクロスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラクロスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラクロスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる