トヨタ カローラクロス vs ホンダ ヴェゼル ライバル対決! サイズや内外装、装備、ラゲッジなど気になる点を徹底比較

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2021年9月14日に発売されたトヨタ カローラクロス。都市型SUVで同等サイズのモデルというと人気のホンダ ヴェゼルが挙げられる。カローラクロスはヴェゼルに対抗できるのだろうか。

ボディサイズや内外装、パワートレイン、装備、ラゲッジ、価格などヴェゼルと比較しながらカローラクロスを紹介しよう。

目次[開く][閉じる]
  1. ボディサイズはカローラクロスの方が少し大きい!
  2. 1.8リッターのカローラクロスと1.5リッターのヴェゼル! パワーに違いはあれど燃費は大差ない
  3. グレードごとの特徴をつけたヴェゼル、上級装備を標準化したカローラクロス
  4. ラゲッジの広さはカローラクロス! 利便性はヴェゼルが一枚上手
  5. 乗り出し価格はカローラクロスの方が安いが未装着機能も!

ボディサイズはカローラクロスの方が少し大きい!

まずボディサイズを比較しよう。

カローラクロスは全長4490mm×全幅1825mm×全高1620mm、ホイールベースは2640mmだ。ヴェゼルは全長4330mm×全幅1790mm×全高1590mm、ホイールベースは2610mm。

カローラクロスの方がヴェゼルよりも全長160mm増、全幅35mm増、全高30〜40mm増と少し大きいのがわかる。

また、カローラクロスはカローラシリーズの一つであり、「スポーツ」や「セダン」「ツーリング」と比べるとワイドな全幅でSUVらしい力強さを感じさせるデザインに仕上がっている。

一方ヴェゼルは先代モデルでも好評だったクーペ風のフォルムをさらに強調するスポーティなデザインに進化させた。デザインのコンセプトを見てもその違いがわかるだろう。

1.8リッターのカローラクロスと1.5リッターのヴェゼル! パワーに違いはあれど燃費は大差ない

カローラクロスは1.8リッター直4ガソリンと1.8リッター直4ハイブリッドを用意。ガソリンモデルは最高出力140馬力/6200rpm、最大トルク170Nm/3900rpmを発揮する。ハイブリッドモデルは最高出力98馬力/5200rpm+モーター最大出力72馬力、最大トルク142Nm/3600rpm+モーター最大トルク163Nmだ。

ヴェゼルは1.5リッター直4ガソリンと1.5リッター直4ハイブリッドを設定した。

ガソリンモデルは最高出力118馬力/6600rpm、最大トルク142Nm/4300rpmを発揮。ハイブリッドモデルは最高出力106rpm/6000-6400rpm+モーター最高出力131馬力/4000-8000rpm、最大トルク127Nm/4500-5000rpm+モーター最大トルク253Nm/0-3500rpm。

WLTCモード比較ではFFハイブリッドでカローラクロスが26.2km/L、ヴェゼルが25.0km/Lであることから、燃費性能にそれほど大きな差はない。

グレードごとの特徴をつけたヴェゼル、上級装備を標準化したカローラクロス

インテリアを比較しよう。

カローラクロスはセンターディスプレイをダッシュボード中央にレイアウトしている。これは昨今の流行りであり、ヴェゼルでも同様だ。

カローラクロスで特徴的なのはグレードごとの差が大きくないこと。本革巻きステアリングや7インチディスプレイオーディオは標準装備される。

最上級グレードにはパワーシートが採用され、それ以外はマニュアルシートだが、全車に後席リクライニングシートが付いている点もポイントが高い。

一方のヴェゼルは室内空間が特徴的だ。ミニバン並みのゆとりを持つリヤシートは先代モデルに比べても35mm広い。グレードごとの違いは大きく、ガソリンモデルのGとハイブリッドモデルのe:HEV Xはブラックのファブリックシートのみで後席のリクライニング機構が廃止された。

e:HEV Zではブラックのコンビシートやリヤシート向けにシートバックポケット&スマートフォンポケットが装備されている。

最後に最上級グレードのe:HEV PLaYだ。こちらはシート柄デザインが異なり、グレージュのコンビシートが専用装備となっている。また、ステアリングにも本革巻きにオレンジステッチが備えられた。

ラゲッジの広さはカローラクロス! 利便性はヴェゼルが一枚上手

そしてラゲッジ容量を比較しよう。

ヴェゼルは容量が非公開となっており、先代モデル(393リットル)からは減っているが、段差をなくし積み下ろしのしやすい荷室空間が特徴。後席の座面を跳ね上げられるなど使い勝手の高いアレンジが可能となる。

また、ハンズフリーアクセスパワーテールゲートや予約クローズ機能などの便利装備も備えている。

一方、カローラクロスのラゲッジサイズは487Lを用意し、ヴェゼルよりも大容量だ。後席の前倒しにすると荷室の床面との段差が気になるが、ディーラーオプションのラゲージアクティブボックスを追加することでフラットにできる。

乗り出し価格はカローラクロスの方が安いが未装着機能も!

最後に価格を紹介しよう。

カローラクロスはガソリンモデルが199万9000円〜264万円、ハイブリッドモデルが259万円〜299万円(FF)、279万9000円〜319万9000円(4WD)。

ヴェゼルはガソリンモデルが227万9200円(FF)、249万9200円(4WD)、ハイブリッドモデルが265万8700円〜329万8900円(FF)、287万8700円〜311万8500円(4WD)となる。

ライバルモデルとされるからか、価格は同程度で、カローラクロスの方が乗り出し価格は安い傾向にある。

しかし、カローラクロスのエントリーグレードにはパーキングサポートブレーキなどの安全機能が付いていないため、もしもの際を考えると不安要素はある。

しかしデザインや装備、使い勝手など、カローラクロスとヴェゼルはキャラクターが大きく異なる。ぜひ実車を直接見て触って、自分の生活にあったモデルを選んでほしい。

【筆者:MOTA編集部】

トヨタ/カローラクロス
トヨタ カローラクロスカタログを見る
新車価格:
199.9万円319.9万円
中古価格:
222.9万円417.1万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 柳生の庄

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ カローラクロスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラクロスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラクロスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラクロスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラクロスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる