【人気コンパクトSUV内外装比較】サイズは違えど、SUVテイスト溢れるトヨタ 新型カローラクロスとライズ

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
今夏にも国内導入が予想されている注目のコンパクトSUV、トヨタ 新型カローラクロス。既に同社は豊富なSUVモデルをラインナップしているが、さらにこのカテゴリーで攻勢をかける構えだ。そこで今回は、豊富なトヨタのSUVモデルの中でも2019年11月の登場から安定した人気を誇るライズと共に気になる両車の違いを写真ととも比較していく!
目次[開く][閉じる]
  1. 隙のないトヨタのSUVラインナップ
  2. 大小サイズは異なるも共にSUVらしさが感じられるデザイン
  3. 新型カローラクロスはもちろん、ライズの荷室もたっぷりの容量を確保

隙のないトヨタのSUVラインナップ

トヨタから、また新たなSUV「カローラクロス」が導入される。2020年7月9日にタイでの発表を皮切りに、2021年6月には北米でも発売を開始。日本では2021年夏から初秋にかけて発売を開始する見込みだ。

トヨタのSUVといえば、国内市場だけでも「ライズ」「ヤリスクロス」「C-HR」「RAV4」「ハリアー」「ランドクルーザープラド」「ランドクルーザー200」と、大小順に多彩なモデルを揃える。しかも、いずれも人気の高い同社主要モデルだ。

そのラインナップをさらに強固にする新型カローラクロスのボディサイズ(海外仕様)は、全長4460mm×全幅1825mm×全高1620mm、ホイールベース2640mm。

一方のライズは、2019年11月より発売開始したトヨタのSUVラインナップの中で、最もコンパクトなモデル。全長3995mmx全幅1695mmx全高1620mmという3サイズで、ホイールベースは2525mm。扱いやすいコンパクトなボディサイズが高い支持を得ている。

大小サイズは異なるも共にSUVらしさが感じられるデザイン

新型カローラクロスは、加飾された枠どりからなる台形グリルのフロントマスクが特徴。中間部分には樹脂製の黒いバンパー部分を水平に配置し、下部にロアグリルとシルバー調のアンダーバンパーを備え、SUVらしさが強調されている。

同様にSUVとしての力強さを表現すべくフェンダーやサイドなどには樹脂パーツが装着されている。

リヤ周りでは、専用のルーフスポイラーやシルバー調のアンダーバンパーを装着。樹脂部分は高い位置に設定されており、リヤ周り全体にもSUVらしさが漂う。そんな中、ブレーキランプ類にはカローラシリーズを連想させるようなデザインが落とし込まれている。

ライズは直線を多様したガッシリとしたシルエットに、力強いフロントグリルなどを備える。フロント・リアともに、水平基調のデザインで、2トーンカラーのルーフが採用されている。

コンパクトなサイズながら、タフでアクティブな印象を与えるクロスオーバーSUVスタイルで、トレンド感と存在感を実現している。

新型カローラクロスはもちろん、ライズの荷室もたっぷりの容量を確保

新型カローラクロスのインパネデザインは、カローラシリーズとも共通する馴染みやすいものに。薄型インパネとドアトリムが連続したデザインにより、開放感のある空間がつくられている。

インパネセンターの見やすい位置には8インチの大型のディスプレイオーディオが備わるほか、センターコンソールは幅広で高さのあるもので安定感やワンランク上の車格感を実現している。

ライズのインパネデザインは、外観と同様に水平基調でシンプルな構成に。価格設定を考えると致し方ない部分はあるが、車内全体がプラスチッキーな印象。

それでも、コンパクトなSUVでありながら窮屈さは感じさせない。ナビゲーションのディスプレイも高い位置にあり、運転操作にも不満はないだろう。

また、中間グレードのG以上を選択するとブラック×レッドの若々しい雰囲気となる。

新型カローラクロスでは、最大で487Lというクラストップレベルの荷室容量を確保。荷物スペースへのアクセス性や、後部ドアには子供を抱えての乗降を想定した広い開口部を備える。

一方のライズも、コンパクトなボディサイズながら369Lという大容量の荷室を備える。シートアレンジもしやすく、ベビーカーからレジャー道具まで、たっぷり積み込むことが可能だ。

ここまで新型カローラクロスとライズを比較して紹介してきたが、特に細部のデザインなどは、フォトギャラリーもぜひチェックしてみてほしい。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 箱根吟遊

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ カローラの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる