オラオラ顔だけじゃない!アル/ヴェルの2列目シートはこんなに豪華!?

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
  • カメラマン:木村 博道

アル/ヴェルのゴージャスな2列目シートにフォーカス!

トヨタの大人気Lサイズミニバン「アルファード/ヴェルファイア」。

圧巻のボディサイズに、迫力満点のフロントフェイス。高級ミニバンの名に恥じない高い質感のインテリアを備えた同モデルは、未だ高い人気を誇っています。

そんなアル/ヴェルの注目点といったら、威圧感のあるオラオラ顔もさることながら、ゴージャスな広々空間にビジネスクラスのような快適性能が備わった2列目シートではないでしょうか?

今回は、そんなアル/ヴェルの2列目にフォーカスを当ててみました。

>>まるでビジネスクラス!? アル/ヴェルの2列目シートはこんなに豪華!

こんな2列目に乗ってしまったら、さっきまでの不満はどこへやら・・・

今回試乗したのは、高級ミニバンのアル/ヴェルの中でもトップグレードを誇る“エグゼクティブラウンジ”です。

同グレードは、アルファード・ヴェルファイア共通で設定されており、左右独立タイプの豪華な2列目シートに大型アームレストや収納式テーブルの他、電動オットマン、ヒーターおよびベンチレーション、天井には読書灯が、さらにはリアエンターテインメントシステム(12.1インチモニター)等といった超快適装備達が備わっています。

2002年の初代モデル(アルファード)登場から、威圧感のあるオラオラ顔にますます磨きがかかり賛否が分かれているのも事実ながら、流石にこの2列目に乗ってしまうと、これがどうして、さっきまで文句を言っていたのがどこへやら、です(笑)

広々した空間の中、シートを軽く倒し電動オットマンを使って寛ぎながら移動する様は、さながらちょっと偉い人になった気分。運転席に向かって、「やってくれたまえ」な~んて言っちゃったりして(笑)

今回、取材先の御殿場から東京のオフィスに戻る区間で2列目を試乗しましたが、それはそれは文句のつけようがないとっても快適な移動時間でした。チャンチャン!と、あっさり終わるのかと思いきや、そうは問屋がおろしません。実際乗ってみていくつか気になる点も発見したのでした。

手放しで感動ものかと思いきや、実際乗ってみると気になってしまったポイントとは!?

まず2列目に乗ってみて気になった点は、「意外と収まりが悪い」ということ。

座面が少し短いからなのか、それに対して横幅は広く、さらには革シートだからなのか、滑ったり、なかなか“ココっ”っていうポジションが見つからないのです。乗り込んでから厚木あたりまで、ずーっとベストポジション探しの格闘をしていました。そして、遂には諦めました・・・。

いや、お前の体系が特別ヘンなんだろ!ってわけではなく(筆者:身長175cm 体重75kg)、同じような体系の他の編集部員や、身長180cmオーバーのうちの編集長なんかに抜き打ちで意見を聞いてみても、やはり同じようなコメントが出てきた次第。

まあそれでも足も伸ばせるし、頭上の空間も広いし十分快適は快適なんですけど、どーにもしっくりこないなーとモヤモヤ感は結局晴れませんでした。たまに乗る分にはそれほどかもしれませんが、これを頻繁に乗るとなるとなかなか気になるところかなと感じてしまいました。

次に気になった点は、その広々空間の弊害とでも言いましょうか、「前後席間での会話の遠さ」です。

試乗時は、運転席の真後ろに乗ったのですが、まあまあ会話が遠い(笑)。高速道路を走行中ということもあったので、車から様々なノイズが発生していたのは事実ですが、それにしたって会話が遠いのです。こっちが話しかけたつもりでも前席の人が全然聞こえてなかったり、その逆も然り。途中から声のボリュームを上げて会話していました(苦笑)。

後輩との人間関係がギクシャクするかも!?

最後にもう一つだけ。それはズバリ、「後輩を乗せてはいけない」ということ(笑)。

最初は、筆者がドライバーで後輩編集部員が2列目に乗っていたのですが、そのあまりのくつろぎっぷりに軽い怒りを覚えました(笑)。本人的にはちょっと楽な姿勢でリラックスしているだけなんでしょうが、はたから見るとそれはそれはなかなかの緩みっぷり!それはさながら、ビーチで日焼けしているパリピのような姿。今思い出しただけでも忌々しいです!(私の狭い心がいけないのですが・・・。)

といった感じで、重箱の隅を突っつくかのような3つ(実質2つ)、のポイントを挙げました。

今まさに購入を検討しているといった方々は、是非とも見た目の豪華さだけにとらわれず、実際に試乗した上でアル/ヴェルの真の良さというものを発見してもらえればと思いますっ!

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)/撮影:木村 博道]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 今宵天空に遊ぶ しょうげつ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

トヨタ アルファードの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ アルファードのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ アルファードの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ アルファードの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ アルファードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる