iPhone日本発売から10年、あのとき発売されたクルマ達【プレイバック】

  • 筆者: オートックワン 編集部

“スマートフォン元年”となった10年前、どんな新型車が発売された?

2018年9月21日、人気スマートフォンiPhone(アイフォーン)の最新機種となる「iPhone XS」「iPhone XS Max」が発売された。これらのニューモデルには、進化したFace IDや、従来より最大15%処理速度が向上したA12 Bionicチップが搭載され、その進化ぶりをユーザーに印象づけた。さらに、別モデルとなる「iPhone XR」の発売も同年10月26日に予定されている。

いまや「国民機」と呼ばれるほど人気となったiPhone。ところで、日本に上陸したのが今から10年前であることを、皆さんは覚えているだろうか。当時、海外で徐々に普及が進んでいたiPhoneが日本で発売されたのは、2008年7月11日。「iPhone 3G」の販売権を獲得したソフトバンクグループ代表の孫 正義氏が、iPhone購入者と並んで笑みを浮かべる様子は、当時多くのメディアで取り上げられた。

この10年でスマートフォンは大きく進化した。では、10年前にはどんなクルマが売られていたのだろうか。

今回の記事は、iPhoneが日本上陸した10年前の2008年7月頃に登場した当時の“新型車”を、オートックワン独自の目線でプレイバックする特別企画。

10年前に思いを馳せつつ、お楽しみいただきたい。

◆【画像】10年前の“ニューモデル”へプレイバック!あの頃の新車の写真を見る

◆【関連記事】トヨタ×ソフトバンクの取り組みはどこを目指す!?|2028年、ヒトとクルマのミライを大胆予想

※今回の企画は、2008年5月~7月にブランニューモデルとして登場したか、フルモデルチェンジが行われた車種をピックアップし、独自にまとめたものです。

当時発売されたクルマ1:トヨタ アルファード(2代目)/ヴェルファイア(初代)

▲写真:トヨタ アルファード(2代目)

2018年現在も人気のトヨタ アルファードは、2002年5月にデビューした後、2008年5月に2代目へフルモデルチェンジした。当時から高級感ある外装と内装が特長の高級ミニバンという立ち位置が確立されており、フロントグリルのメッキパーツがただのミニバンではないことを主張している。

本モデルから、アルファードの兄弟車としてヴェルファイアという兄弟車が加わったこともトピックの1つ。ヴェルファイアはアルファードと比べると、フロントマスクが男らしさを感じさせるアグレッシブなデザインとなっており、ユーザーは好みのスタイルを選ぶことができる。ちなみに、アルファードとヴェルファイアでは、販売される販売店(販売チャネル)にも違いがある。

また、販売期間の途中から、燃費性能の優れるハイブリッドモデルが両車共に用意された。

◆【当時の記事】トヨタ アルファード & ヴェルファイア 試乗レポート

現行モデルとの違いは?

▲写真上段:トヨタ アルファード(2代目) / 下段:トヨタ アルファード(3代目)

現行アルファード(3代目)は、2代目モデルからより押し出し感あるエクステリアへと進化した。全長5メーター弱というサイズ感は概ね変わらないが、デザインはより陰影が強いダイナミックなものになっている。特にメッキのフロントグリルが大きくなり、フロントの迫力はより増したと言えるだろう。

装備面では、助手席が最大1,160mmスライドする「助手席スーパーロングスライドシート」が設定されたことがニュース。もちろん、兄弟車のヴェルファイアや、ハイブリッドモデルの設定も健在だ。

当時発売されたクルマ2:日産 ティアナ(2代目)

日産 ティアナが2代目へフルモデルチェンジしたのは2008年6月。初代から続く“モダンリビング”というコンセプトを継承した、ラグジュアリー感のある大型セダンだ。

“モダンリビング”と謳われる通り、やはり売りとなっているのはインテリア。木目の装飾が効果的に使われており、ゆったりと寛げるように仕立てられている。インテリアの詳細は、ぜひこちらで確認していただきたい。

◆【当時の記事】日産 ティアナ 試乗レポート

現行モデルとの違いは?

▲写真上段:日産 ティアナ(2代目) / 下段:日産 ティアナ(3代目)

現在販売されているティアナ(3代目)は先代から正常進化したモデルといえるが、ボディサイズはやや大柄になった。2代目までは1.8メートルを切っていた全幅が、3代目では1,830mmに達し、日本の道路環境ではやや扱いづらいサイズ感になったといえる。その一方、威圧感を与えないデザインのおかげで、ボディサイズの割には大きく見えない。

インテリアへのコダワリは現行モデルでも引き継がれており、どこかまったりとしたリラックス空間が車内に広がる。

当時発売されたクルマ3:マツダ ビアンテ(初代)

ビアンテは、マツダが2008年7月に発売したニューモデル。全車8人乗り仕様(後に7人乗り仕様も追加)かつ3ナンバーサイズのミニバンでありながら、マツダらしいスポーティなスタイリングと、広い室内空間が両立された、他メーカーのミニバンとは一味ちがうモデルとなっていた。

販売期間の中盤では、クルマの基本性能を引き上げるマツダの独自技術「スカイアクティブ」が搭載されたグレードも登場した。

◆【当時の記事】マツダ ビアンテ 試乗レポート

ビアンテは現在どうなっている?

ビアンテは2018年2月にマツダの公式ウェブサイトから姿を消し、現在販売終了となっている。

また、マツダ車のオールラインナップからもミニバンが消滅しており、同社はミニバンから撤退している状態だ。

多人数乗車できる車種としてSUVタイプのCX-8が存在するものの、ビアンテのようなミニバンが復活する予定は現時点で存在しない。

[Text:オートックワン編集部]

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者オートックワン 編集部
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ アルファードの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ アルファードのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ アルファードの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ アルファードの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ アルファードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる