新型GR86 vs 新型BRZ vs 新型フェアレディZ、貴重なガソリンスポーツカーどれが欲しい??【みんなの声を聞いてみた】

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
2021年7月末から予約受注を開始し、SNS上では早速納車報告も見受けられるスバル 新型BRZ。それに続き、予約受注が迫るトヨタ 新型GR86。そして先日アメリカで市販モデルが発表され、日本での発表も待ち遠しい日産 新型フェアレディZ。どれも今の時代貴重なガソリンスポーツカーだが、クルマファン、購入検討者達はどれが実際に欲しいと感じているのか? SNSで挙げられているみんなの声を探ってみた。
目次[開く][閉じる]
  1. 電動化が叫ばれる中、貴重な新型スポーツカーの登場が相次ぐ
  2. 1位はGR86、しかし3台とも僅差の結果に
  3. 最後のガソリンスポーツカー、あなたはどれを手に入れる?

電動化が叫ばれる中、貴重な新型スポーツカーの登場が相次ぐ

2021年8月18日(水)の市販モデル(北米仕様)発表以来、高い注目を集める日産 新型Z(日本名:フェアレディZ)。

歴代フェアレディZから受け継ぐロングノーズ・ショートデッキのスタイリング、最高出力405ps/最大トルク475Nm/5500rpmを発揮するV6 3.0リッターツインターボエンジンに、6速マニュアルトランスミッション(6速MT)もしくは新開発9速オートマチックトランスミッション(9速AT)を組み合わせるパワートレインなどがファンの胸を熱くさせている。

日本での発表は2021年末~2022年初春頃と、国内仕様の姿が見ることができるのはまだ先ながら、SNS上ではすでに購入を検討しているといった投稿が目につく。

同様に、SNS上で最近納車報告の投稿が目につくようになって来たのが、2021年7月末から予約受注を開始したスバル 新型BRZ。

グラマラスになったエクステリアデザインに、使い勝手が向上したインテリア、2.4リッターに拡大したエンジンを新たに搭載し、なにより1番のトピックといっても過言でないのは、BRZ初の“ADAS”(Advanced Driver Assistance System:先進運転支援システム)が採用されることだろう。AT車のみの設定となるが、スバル独自の「アイサイト」(アイサイト Ver3)が搭載される。

それに続き発売を控えているのが、新型BRZと兄弟車となるトヨタ 新型GR86。2代目となる新型から「GR」の名が付き、搭載するパワートレインや先進安全装備は新型BRZと同様だ。

どれも今の時代貴重なガソリンスポーツカーだが、実際に、購入検討者やクルマファンなどは、買うなら度のモデルが欲しいと考えているのか? MOTA(モータ)では公式Twitter上でアンケートを募集した。

アンケート測定期間:2021年9月8日(水)~9月9日(木)/測定方法:MOTA編集部公式Twitter

1位はGR86、しかし3台とも僅差の結果に

Twitterアンケートでは、1位が36.9%で「新型GR86」、2位が32.5%で「新型BRZ」、3位が30.7%で「新型フェアレディZ」という回答結果となった。

3台とも僅差の結果となったが、アンケートの他にもSNS上ではどのような意見が飛び交っているのか確認してみた。

新型GR86/新型BRZを推す声

1位となった新型GR86や新型BRZを推す声としては、

「アフターパーツの多さからGR86」

「先代から価格アップとはいえ、やはりGR86の価格は手が出しやすい」

「BRZのフロントフェイスがカッコいい」

「AT限定とはいえ、アイサイト搭載は見逃せない」

「新型GR86/新型BRZは自動ブレーキなど安全装備をつけてあの価格。そこが評価に値する」

といった声が見受けられた。やはり安全装備が重要視されている昨今、スポーツカーといえどそこは気になるところの様で、AT限定とはいえアイサイトを大幅な価格アップを避けながら備える新型GR86/新型BRZはアドバンテージが大きい様子。

新型フェアレディZを推す声

一方、3位となった新型フェアレディZを推す声としては、

「歴代を彷彿とさせるデザインのカッコよさにフェアレディZ」

「やはりデザイン面ではフェアレディZが優勢」

「このご時世に3リッターツインターボ、そして6速MTで出してくれるだけで十分価値がある」

などの声が挙がっている。やはり歴代フェアレディZから受け継ぐそのスタイリングを推す声が多いほか、大排気量エンジンにMT設定ありというところもポイントの様だ。

一方で、新型フェアレディZを推せない理由もちらほら見受けられた。その内容は、

「フェアレディは少し高い。日本では600万円近くでは?」

「CAFE規制の関係で致し方ないが、MTを設定するために中身が古いところがZは唯一気になる」

といったもの。

現在のところ北米ではおよそ4万ドル前後(日本円でおよそ440万円前後)とも噂されている価格だが、日本ではさらに高額になるのではと見る動きや、現行モデルと同じプラットフォーム、型式というところに引っかかっている層がいるのも事実だ。

最後のガソリンスポーツカー、あなたはどれを手に入れる?

どのモデルもそれぞれストロングポイントがあり、甲乙つけがたい内容となった今回のアンケート結果。それを表すように、

「スポーツカーは不便な面も多いが、カッコ良いし乗っていて楽しいと思える車。エコではなく販売台数も見込めないスポーツカーをいつまで出せるかわからないが、メーカーには頑張ってほしい」

とする声も少なくない数で挙がっている。

世界的に電動化が推し進められている自動車産業ながら、まだまだ多くのクルマファンはこういった愉しいモデルを求めているのは間違いない。最後のガソリンスポーツカーと言っても過言ではないこれらモデルたち、手に入れるなら今しかない。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

トヨタ/86
トヨタ 86カタログを見る
新車価格:
267.2万円506万円
中古価格:
105万円616.5万円
スバル/BRZ
スバル BRZカタログを見る
新車価格:
308万円343.2万円
中古価格:
104.8万円415.6万円
日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
39.2万円1,605万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山科伯爵邸 源鳳院

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ 86の最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ 86のカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ 86の中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ 86の記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ 86のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる