スズキ、トヨタ・ダイハツ連合にリベンジ! 新型ソリオ vs ルーミー、買いなのはどっちだ!?(1/2)

画像ギャラリーはこちら
背の高い軽自動車でもミニバンでもないプチバンという絶妙な市場を作り出したスズキ ソリオ。トヨタ/ダイハツ/スバル連合からライバル車が登場し、苦戦を強いられていたが、ここにきてパイオニア的存在のソリオがフルモデルチェンジを果たした。カタログなどを見るにかなり進化しているようだが、果たしてどんな仕上がりなのか? 今回はガチンコライバルであるルーミーと比較しながらその実力を見ていく。
目次[開く][閉じる]
  1. スズキの旗艦車種がフルモデルチェンジ
  2. ソリオの荷室拡大も使い勝手はルーミーに及ばず!?
  3. 後席の座り心地は圧倒的に新型ソリオ
  4. 静粛性・走りともにソリオの勝ち!?
  5. 性能&価格は互角! 安全装備などを考えるとお買い得なのは新型ソリオ

スズキの旗艦車種がフルモデルチェンジ

最近はSUVの新型車が目立つが、小型/普通車でもっとも売れ行きが好調なのは相変わらずコンパクトカー。市場全体の約25%を占めるため、37%の軽自動車に次いで多いのだ。

2020年11月にスズキ ソリオ/ソリオバンディットがフルモデルチェンジを行った。全高が1700mmを超える背の高いコンパクトカーで、後席ドアはスライド式のため、外観は全長を短く抑えたミニバンという雰囲気になる。ボディが小さい割に、背が高いから車内もかなり広いのが人気の理由だ。

定番商品だから、試乗チェックを通じて、先代ソリオとライバル車のトヨタ ルーミーと比べてみたい。ルーミーは姉妹車のタンクを廃止した影響もあり、2020年10/11月は、1か月の登録台数が1万台前後に達しているのも見逃せない事実だ。

>>打倒ソリオ成功か!? バカ売れルーミーの全貌がコレ

ソリオの荷室拡大も使い勝手はルーミーに及ばず!?

新型ソリオの全長は3790mmだから先代型よりも80mm長く、ルーミーと比べても約90mm上まわる。新型ソリオのホイールベース(前輪と後輪の間隔)は先代型と同じ2480mmだから、ボディの後部を約80mm延長しているのだ。その結果、荷室長が先代型よりも100mm拡大されている。荷室長の数値は、後席を後端に寄せた状態で550mm、前側にスライドさせると715mmだ。

対してルーミーの荷室長は、後席を後端に寄せると500mm、前側にスライドさせると740mmだから、新型ソリオの荷室長はルーミーに肉薄。ソリオはフルモデルチェンジにより、ルーミーに比べて荷室が狭い欠点を解消させているのだ。

ルーミーは荷室の使い勝手にも力を入れている。床面を反転させると汚れを落としやすい素材が装着され、タイヤの汚れた自転車も気兼ねなく積める。ソリオは新型になって荷室を広げたが、荷物の収納性はルーミーが依然として優れている。

>>ソリオのラゲッジがさらに広く!? 使いやすさ抜群のラゲッジがコレだ

新型ソリオの全幅は、先代型に比べて20mm広い1645mmだが、ドアミラーの外側で測った実質的な車幅は先代モデルと同じだ。ルーミーの全幅は1670mmだから、新型ソリオがワイド化されてもルーミーよりは狭い。最小回転半径は、新型ソリオが4.8m、ルーミーは4.6〜4.7mだ。小回り性能はルーミーが少し優れている印象だ。

>>ソックリだけどサイズがかなり違う! 両者を画像で見比べ

後席の座り心地は圧倒的に新型ソリオ

インパネのデザインは新型ソリオ、ルーミーともにATレバーを高い位置に配置したミニバン風のレイアウトを採用し、コンパクトカーらしく機能的に造り込んでいる。ソリオは新旧モデルともに、メーターをインパネ中央の高い位置に装着する。質感は新型ソリオが上まわるが、ルーミーも不満はない。

>>開放感はソリオ!?  ソリオ&ルーミーの運転席を画像で比較

前席の座り心地は、新型ソリオに若干ボリューム感があって快適だが、先代型やルーミーと比べても大差はなし。新型ソリオの後席は先代モデルと大きな差はなく、新旧ともに少し腰が落ち込んで膝の持ち上がる姿勢になるが、違和感は生じないというイメージだ。

ただしルーミーの後席は、座り心地が大幅に悪化する。座面の柔軟性が乏しく、腰の収まりも良くない。床と座面の間隔が足りず、足を前方へ投げ出す座り方になるからだ。3〜4名の乗車を目的にルーミーを買うユーザーは、後席の座り心地を確認したい。

後席の頭上と足もとスペースは、両車とも十分に広い。身長170cmの大人4名が乗車した時、後席に座る乗員の頭上空間は、新旧ソリオは握りコブシ2つ分、ルーミーもコブシ1つ半の余裕がある。

後席に座る乗員の膝先空間も同様だ。後席のスライド位置を後端に寄せると、身長170cmの大人4名が乗車した状態で、後席の膝先空間は新旧ソリオ、ルーミーともに握りコブシ4つ分に達する。前後席に座る乗員同士の間隔は、新旧ソリオが1080mm、ルーミーは1105mmだ。この数値はLサイズセダンを上まわる。先代ソリオは、後席に座ると肩まわりが少し窮屈だったが、新型はそこも改善している。

>>後席に中央に注目! アームレストorヘッドレスト両者の違いはここにあり

スズキ/ソリオ
スズキ ソリオカタログを見る
新車価格:
151.6万円214.8万円
中古価格:
13.4万円248万円
1 2 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ 箱根フォンテーヌ・ブロー仙石亭
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

スズキ ソリオの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ソリオのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ソリオの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ソリオの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ソリオのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる