スズキ 3代目ジムニーのポテンシャルを検証してみた | 納車が待ちきれないなら先代もアリ!【プレイバック】

  • 筆者: オートックワン 編集部

納車まで1年かかる新型(4代目)ジムニー、3代目ならすぐ乗れる?

※2018年10月28日7:00記事公開時、現在販売中のジムニーを「3代目」とする表記がありましたが、正しくは「4代目」です。お詫びして訂正いたします。[2018年10月28日10:40追記訂正]

【毎週日曜日は、オートックワンの誇る記事アーカイブから気になる情報をピックアップする連載「プレイバック」をお届け!今週はコチラ】

2018年7月に発売された4代目ジムニー。登場から3ヶ月経った今でもメディアから注目を集める人気車種だが、2018年10月現在で納期が1年以上かかる、異常事態となっている。

「もはや、平成のうちにジムニーに乗ることはできないのか…」と嘆く読者も多いことだろう。

その一方、改めて注目を集めているのが、旧モデルとなる3代目ジムニーの存在。3代目モデルであっても、ジムニーのアイデンティティといえる悪路走破性は依然高いレベルとなっていることから、4代目だけでなく3代目ジムニーの中古車も十分検討に値するクルマではないだろうか。

今回はオートックワンの記事アーカイブから、3代目ジムニーの試乗レポート・燃費レポートを紹介しよう。

◆【関連記事】スズキ 新型ジムニー、今買っても納車は異例の1年待ち!? その理由に迫る!

◆【画像】丸っこいデザインが可愛い!3代目ジムニーの内外装をチェック

3代目ジムニー 試乗レポート

今回紹介するのは2015年1月に公開された、スズキ 3代目ジムニー特別仕様車「ランドベンチャー」の試乗レポート。

レポートは、カーライフ・ジャーナリストの渡辺 陽一郎氏によるものだ。

通常のジムニーの内外装に、メッキグリルやピアノブラック仕様のインパネなどの特別装備が装着されているのが「ランドベンチャー」の特長であるが、「生粋のオフロードモデル」というジムニーの本質は特別仕様車であっても変わらない。

悪路での走破性について、渡辺氏は「ボディが軽く、ラダーフレームと車軸式サスペンションは耐久性が高いので、悪路を跳ねるような感覚で走破できる。舗装路では鈍く曖昧に感じたステアリングの操舵感も、悪路に乗り入れると反応の仕方がちょうど良い。副変速機を4WD・L(4輪駆動のローレンジ)にシフトすれば、駆動トルクにも不足はない。まさに生粋のオフロードSUVの走りを味わえる」とコメント。

「日本には数多くのSUVがあるが、悪路の走破力が最も高いのはジムニーだ。ほかの軽自動車と同様、日本のユーザーのことを考え、日本の悪路に焦点を当てて開発されたからだろう」と太鼓判を押した。

>>記事はこちら:スズキ ジムニー ランドベンチャー 試乗レポート/渡辺陽一郎

3代目ジムニー 燃費レポート

街中、高速、郊外路を実際に走らせて「実燃費」を計測するオートックワンの人気企画。3代目ジムニーの実燃費燃費レポートは、2017年6月に公開されたものだ。レポーターは内田 俊一氏。

1998年に発売された3代目ジムニーの燃費は、残念ながらお世辞にも良いとは言い難い。エンジンの回転数が高めななことや、アイドリングストップ機能が未装備ということもあり、街乗りの実燃費は9.1km/L、高速道路の実燃費は9.3km/Lと、1リッターあたり10km以下という水準となってしまっている。その一方、郊外路の実燃費は12.7km/Lにまで改善した。

気になる総合実燃費や、カタログ記載値との乖離率は、内田氏の実際のレポートで確認いただきたい。

>>記事はこちら:スズキ ジムニー燃費レポート|唯一無二“本格SUV”の軽自動車の燃費を計ってみた!

[筆者:オートックワン編集部]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者オートックワン 編集部
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 櫻湯 山茱萸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

スズキ ジムニーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ジムニーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ジムニーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ジムニーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ジムニーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる