SUV買いたい人必見! “コスパ最強”なSUV3選+α

SUV戦国時代だからこそ、お買い得でコスパがいいモデルを選ぼう

クルマの“標準的な売れ筋”は、時代によって変わっていきます。以前はセダンが主流で、やがてミニバンが台頭し、現在はSUVに注目が集まっています。そのため、各社は競い合うように様々な車種を各クラスに投入。「SUV戦国時代」とも言えそうな様相を呈してきました。

ですが、これほどに種類が多くなると、一体どんなSUVを買えばいいのかな?という素朴な疑問も発生します。そこで、今回は、コストパフォーマンスの良いSUV3種(+α)を、新車に絞ってお送りしましょう。

>>目立ってないけどカッコいい! エスクードの内外装を画像で見る

その1:スタイル抜群、コスパも最高な「スズキ イグニス」

昔も今も、最初に買うクルマ(エントリーカー:入門車)にふさわしいのは、「リッターカー」とも呼ばれる、トヨタ ヴィッツ・パッソ、日産 マーチ、スズキ スイフトなどの排気量1~1.3リッタークラスのモデルです。

しかし全サイズSUV化が進む現在でも、このクラスでのSUVはまだ少なく、「スズキ クロスビー」や「スズキ イグニス」がメイン。そのためどちらを買うか迷ってしまいそうです。

どちらも同じスズキから発売されていて、プラットフォームも共用するクロスビーとイグニスですが、マイルドハイブリッドを備えたエンジンは、前者が1リッター ターボ、後者が1.2リッター ノンターボという違いがあります。でもそれ以上に大きいのが「燃費」と「価格」。燃費では、2WD(FF)車のカタログ値は、クロスビー=22km/リッターに対してイグニス=28km/リッター、価格もFFの売れ筋グレードで比較した場合、クロスビー(MX)は約176万円、イグニス(MX)は約160万円という大きな開きがあります。

クロスビーに比べるとイグニスはさらにコンパクトなため、収納力などではクロスビーに軍配が上がりますが、往年の名車 フロンテクーペ、セルボ、エスクードなどスズキのヘリテージ要素をちりばめたイグニスのシャープなスタイリングは、飽きの来ないグッドデザイン。5ドアハッチバックとSUVの間を取ったクロスオーバーのキャラクターも、程よいアクティブさとシティユースでの使い勝手の良さを想起させてくれます。

スタイル良し、コスパよしのイグニス。コンパクトサイズSUVの車選びにぜひ加えてみては?

その2:売れない理由が見つからない!? 「ホンダ ヴェゼル」

トヨタ C-HR、日産 ジューク、ホンダ ヴェゼル、マツダ CX-3、三菱 エクリプスクロス、スバル XVなど各メーカーは主軸クラスのコンパクトサイズSUVを用意しており、このカテゴリーはまさに群雄割拠の様相を呈しています。その中でも「ホンダ ヴェゼル」は2019年上半期におけるSUV新車販売台数で第1位を獲得したほどの人気車です。2013年の発売からすでに6年を経過しており、次期モデルの声も聞こえる中でのこの売れっぷりは驚くばかりですが、ヴェゼルは確かに「これは売れるなあ」と思わせるクルマなのです。

外観では、C-HRのような奇抜さや、CX−3ほどの流麗さはありませんが、適度な新鮮さと安心感、都会派を感じさせるデザインで、内装も奇をてらわず、使い勝手も良好で好感が持てます。後席スペースもクラス以上の広さがあり、ファミリーユースにも対応。改良によって乗り心地も向上し、走行性能も磨かれ続けています。ハイブリッドの燃費の良さはいうまでもないのですが、ガソリンエンジンも実はハイブリッドに迫る良好な数値を出しています。2018年のマイナーチェンジでは、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」も全車標準装備に進化し、安全面でも抜かりありません。

ヴェゼルは、それでいて価格もリーズナブル。FF・ガソリンの売れ筋、「X・HONDA SENSING」では約216万円で購入できます。このクラスの中でもかなりコスパが高いクルマと言えます。

その3:ディーゼルを選ばない、という選択?「マツダ CX-5」

続いてはマツダのミドルサイズSUV、「CX−5」です。2代目となる現行型は、2016年に登場。初代に輪をかけたスタイリッシュなデザインは、マツダの魂動(こどう)デザインをさらに推し進めたもの。このクラス随一とも言える美しさを持っています。パワートレインも特徴的で、他社がガソリンエンジンとハイブリッドをラインナップしているのに対し、マツダは「SKYACTIV-D」と呼ばれるクリーンディーゼルを主力として用意していることが特徴。2018年のマイナーチェンジでは、最高出力230psを発生する2.5リッターガソリンターボエンジンも追加されています。

そのCX−5は、コスパの良さでも知られています。2.2リッターディーゼルを積む安全装備充実の中間グレード「XD PROACTIVE(FF)」が約311万円という価格は、性能、価格、車格を考えるとバーゲンプライスではないでしょうか。

確かにトルク豊かな最新ディーゼルに乗ってしまうと欲しくなってしまうのですが、CX−5のガソリンエンジンモデルはさらにお買い得。ディーゼルより30万円ほど価格が下がるのです。もちろん、美しいデザインに質の高い内装、広い室内、G-ベクタリングコントロールによるハンドリングの良さなど、CX−5の魅力は共通。ベーシックグレード「20S(2リッターガソリン、FF)が257万円から購入できますが、快適装備や安全装備をしっかり備えた売れ筋の「20S PROACTIVE(FF)」でも約280万円です。コスパ重視で考えるなら、ディーゼルではなく、2リッターガソリンのCX-5を選ぶというのもアリ?

その4:【個人的嗜好編】実は輸入車、大穴SUV「スズキ・エスクード」

と、ここまで3台のコスパ重視型SUVを選んできましたが、さらにもう一台、ご紹介したい大穴SUVがあります。それが「スズキ エスクード」です。

かくいうこのエスクード、現在に至るSUVブームの元祖とも言えるクルマなのです。かつて、今のSUVにあたるカテゴリーのクルマは、本格的な悪路走破性を備えた、いわゆる「クロカン(RV)」で、その性能や雰囲気を必要とするファンやユーザー以外は、あまり購入対象にしなかったのです。しかし1980年代に入ると、三菱 パジェロのように乗用車感覚を取り入れたモデルが出現。各メーカーも少しずつソフィスティケーテッドしたRVを出し始めました。そんな中、スズキが1988年に発売したエスクードは、さらに「都会派」を標榜。「ライトクロカン」というジャンルを切りひらきました。その後、モノコックボディを採用してさらにオンロード寄りに振ったトヨタ RAV4が1994年に登場。今に続くSUVの源流とも言える存在となりました。

と、前置きが長くなりましたが、元祖アーバンRV、SUVのエスクードは2014年にデビューの4代目が発売されています。この代からモノコックボディとなってしまいましたが、逆にオンロードユースではメリットが増大。コンパクトなボディサイズは取り回しもよく、全車新世代四輪制御システム「ALLGRIP(オールグリップ)」を搭載していることも注目です。2018年末の大幅マイナーチェンジでは内外装のブラッシュアップ、0km/hから追従するACC(アダプティブクルーズコントロール)を標準装着するようになりました。

残念ながらあまり街中で目にすることがないモデルですが、欧州育ちのしっかりとした乗り味、そつのない車作り、シンプルさはむしろ高評価。実用的な道具として選ぶと「いいセンスしているね」って言ってもらえるクルマかもしれません。ライバルに比べて軽いこともあって走りもパワフル。実はハンガリー製の逆輸入車だったりするエスクードの価格は約265万円からと、コスパに優れているSUVではないかと思うのです。

[筆者:遠藤 イヅル]

この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

スズキ イグニスの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ イグニスのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ イグニスの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ イグニスの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ イグニスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる