スバル、新型WRXを世界初公開! 2.4リッター直噴ターボ+新世代プラットフォームに刷新したスポーツ4WDセダン、2022年に発売

画像ギャラリーはこちら
スバルは2021年9月10日(金)、米国で新型「WRX(ダブルアールエックス)」2022年モデルを世界初公開した。WRXは、世界ラリー選手線(WRC)参戦で名を馳せた「インプレッサ WRX」の流れをくむ4WDスポーツセダン。インプレッサ時代から数え4世代目となる新型では、水平対向4気筒 2.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。新世代スバルグローバルプラットフォーム+フルインナーフレーム構造ボディと組み合わせた。米国では2022年発売の予定。

水平対向2.4リッター直噴ターボは271馬力を発揮! 6速MTに加え新トランスミッションの2ペダルモデルも設定

7年ぶりのフルモデルチェンジとなるスバル WRX。高性能エンジンとシンメトリカルAWDシステムを核とした、スバルのハイパフォーマンスを象徴するモデルだ。

新型WRXでは水平対向4気筒2.4リッター直噴ターボエンジン(最高出力271馬力)を搭載。最新スバルグローバルプラットフォームとフルインナーフレーム構造で高剛性化したシャシー&ボディを採用し、走りと動的質感を飛躍的に向上させた。

トランスミッションは、6速MTに加え、新制御ソフトウェアで変速レスポンスを革新的に高めた「Subaru Performance Transmission(SPT:スバル パフォーマンス トランスミッション)」を搭載する。

6速MT車はビスカスLSD付センターディファレンシャル方式AWDを、SPT車はVTD-AWD(不等&可変トルク配分電子制御AWD)をそれぞれ採用。また一部グレードにはWRX初の電子制御ダンパーを搭載し、コンフォート、ノーマル、スポーツのモード選択を可能とした。

なおスバル パフォーマンス トランスミッション搭載車にはスポーツ変速制御を搭載し、Dレンジ走行時もドライバーの加減速操作に応じ変速をレスポンス良く行う。またドライブモードセレクト機能を備えたグレードでは、LSDトルクを制御することでさらに回頭性を高めるAWDスポーツモードも設定した。

11.6インチの大画面ディスプレイや新世代アイサイト、新設計のRECAROシートなどを採用

内装では、インパネ中央に大型11.6インチの高精細センターインフォメーションディスプレイを搭載。ステレオカメラを広角化した新世代アイサイトをスバル パフォーマンス トランスミッション搭載車に採用する。

従来型に比べホイールベースを延伸し、後席の足元など室内空間を拡大し快適性も向上した。また一部グレードには新設計・新デザインのRECARO社製シートを採用。従来型に対し体格保持性能を向上させ、スポーツドライビング時のドライバーの姿勢をしっかりと保持する。

新型URXの米国での発売は2022年の予定。今回の発表で日本における導入時期などは明らかにされていないが、米国同様のタイミングとみられる。スバル 新型WRX日本仕様の正式発表も楽しみに待ちたいところだ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:SUBARU]

スバル/WRX
スバル WRXカタログを見る
新車価格:
416.9万円474.1万円
中古価格:
129万円908万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 創業大正十五年 蓼科 親湯温泉

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スバル WRXの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル WRXのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル WRXの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル WRXの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル WRXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる