実際みんなどう思う? 新型の発売迫る、スバルの人気ステーションワゴン「レヴォーグ」【みんなの声】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年10月15日にフルモデルチェンジを実施するスバルの新型レヴォーグ。発売を前に8月20日から早くも販売店での先行予約も始まりました。正式発売を前に早くも話題騒然の新型レヴォーグですが、実際に一般ユーザー、さらには購入検討者の方などはどう感じているのか? ここではSNSで挙げられているみんなの声を紹介していきます!
目次[開く][閉じる]
  1. スバルの人気ステーションワゴン
  2. SNS上でのみんなの声は?
  3. 正式発売迫る新型レヴォーグ、どこまで人気がでるか!?

スバルの人気ステーションワゴン

アップデートされた先進安全装備「アイサイトX」や、巨大な縦型ディスプレイ「11.6インチセンターインフォメーションディスプレイ」、使用者の好みに合わせて3つのモードが選べる「12.3インチフル液晶メーター」を搭載するなど、見所満載の新型レヴォーグ。

さらには、新開発の1.8リッター直噴ターボエンジンを搭載し、現行モデルを超える出力と大トルクを実現。ターボらしいパワフルで意のままの加速性能に加え、リーン燃焼技術を採用し環境性能も改善しています。

新型レヴォーグの価格(消費税込)は、ベースグレードのGTが310万2000円~、主力グレードのGT-Hが332万2000円~、上級グレードのSTI Sportが370万7000円~。

SNS上でのみんなの声は?

そんな注目の新型レヴォーグですが、SNS上では様々な意見が多数飛び交っています。

「素直にかっこいい!」

「エンジンもリニューアルし強化されたSGP、安全性もかなりアップされたアイサイトX導入で、進化した希少な国産スポーツステーションワゴンに期待。」

「装備が凄いですね。歩行者エアバックも標準、アイサイトXではメーターパネルが液晶、ハンズフリーリアゲートなどなどてんこ盛り!」

「デザインはシュッとして素晴らしいし、内外装も質感が高くで良い車だと思う。あとは、試乗してどうなのか? 楽しみです。」

「センターインフォメーションディスプレイや、12.3インチフル液晶メーターが非常に気になります♪」

内外装のデザイン、進化したアイサイトや近未来のデジタルコクピットなどの先進安全装備など、全体的に好印象な意見が数多く見受けられました。

そんな中、新型レヴォーグの気になる点を指摘する声も…。

「フロントマスクのデザインが致命的にダサい」

「また重厚長大化ですか。」

「またまた肥大化が残念。スバルはアメリカしか見ていない、国内は二の次三の次。」

「このレヴォーグに心がトキメクなら、何ともまあ知的で合理的な方々なのだと思う。昔のスバルの様に、荒削りだけどトンガってて、好きな人は好きと言う車じゃ無くなったね。今のスバルファンと昔のスバリストでは人が入れ替わっている気がする。」

「スバルもそろそろWRCに復帰して結果出さなきゃね。STIってラリーの為のブランドでしょ。」

外装デザインではやはり賛否が別れるようです。そんな中、圧倒的にあったネガティブな意見としては、大きくなったボディサイズに集中していました。

正式発売迫る新型レヴォーグ、どこまで人気がでるか!?

発売迫る新型レヴォーグ。今や数少ないステーションワゴンの人気モデルは、果たしてどこまで人気が出るのか? 今後の動向から目が離せません。

[筆者:MOTA編集部]

スバル/レヴォーグ
スバル レヴォーグカタログを見る
新車価格:
291.5万円412.5万円
中古価格:
79万円437.4万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 南熱海網代山温泉竹林庵みずの
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

スバル レヴォーグの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル レヴォーグのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル レヴォーグの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル レヴォーグの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル レヴォーグのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる