「スバリスト」って一体なに!?スバリストを徹底解剖!(1/3)

「スバリスト」は吉永小百合さんの熱心なファン「サユリスト」が語源!?

「スバリストとは何か?」

スバルファンを自称する私マリオ高野にとっては、実に深くて重い質問です。

おそらく、語源は吉永小百合さんの熱心なファン「サユリスト」から来ているものと推察。

その定義については、スバルファンの集まる飲み会、またはネット上などでしばしば熱く議論されますが、さすがにスバリストという言葉が広辞苑に載っているわけはなく、メーカーが明確に定義付けしているわけでもないので、「これが正しいスバリストです」と断言するのは困難を極めます。

自動車メディア媒体からこのようなテーマでの執筆依頼がくるほど、スバルファンは特殊な存在であると認識されているのは間違いありません。スバル以外のメーカーの熱心なファンを示す言葉がほとんど存在しないことからも、スバルファンの特殊性が証明されます。

あえてスバリスト以外を挙げるとすれば、「日産党」「アルフィスタ(アルファロメオ)」「ポルシェフリーク」ぐらいでしょうか。いずれも印象としてはスバリストほどの熱狂性や盲信性、マニアックさは感じられず、このような記事として取り上げられることはなさそうです。

>>スバリスト悶絶必至!厳選画像ギャラリーを見る!

スバルファンが特殊な存在に思われるのは、スバルが特殊なメーカーだから

炎上覚悟で結論を先に言うと、筆者個人としては「熱心なスバルファンであることを自覚するなら、それだけでスバリストを自称して良いのでは」と考えております。

そんな安直な提案をすると、百瀬晋六氏時代を知るような古参のスバリスト諸兄からは苦々しく思われるかも知れませんが、ヘンに定義付けたりハードルを上げたりしないほうが、悪い意味でのヲタクっぽさがなくなり、より健全な趣味層という印象が広まるのではないでしょうか。

スバルファンが他メーカーのファンよりも特殊な存在に見える理由は、やはりスバルというメーカー自体が特殊な存在だからということに尽きるでしょう。

・東洋一の航空機メーカーをルーツとする

・航空機の設計/安全思想を自動車に応用

・コストや生産性よりも崇高な設計思想を重視(たとえば水平対向エンジン)

・FFレイアウト、モノコックボディ、乗用車の四輪駆動車、軽自動車などレトロ調マスク、運転支援システムなど、現代では当たり前となっている多くの技術やシステムのパイオニアだった

・自動車メーカーとしては小規模ゆえに独自性を強める

・車体剛性重視により、オープンカーやスライドドア車を作らなかった唯一のメーカー(軽自動車を除く)

など、スバルが自動車メーカーとしては孤高の存在であることを証明するものは枚挙に暇なしですが、こういうところに魅了された人はすべてスバリストの資質があると思います。

スバルを愛する人は誰でも「スバリスト」である!

筆者がこれまでに見聞きしたスバリストの定義の例を挙げると、

・クルマに対する高い見識を持ち、紳士的な運転をするスバル車ユーザー

・スバルの真髄を理解して同化する人

・愛車はスバル以外に考えられない人

・ブルーのウェアを着てスバルを応援する人

・車名ではなく「GC8」などの型式で会話ができる人

・不等長排気時代のボクサーサウンドが大好きな人

などが思い当たりますが、やはり定義づけをすること自体、あまり意味がないような気がしてなりません。高い見識を持っていなかったり、真髄を理解していなかったとしても、スバルが大好きならそれでいいじゃないかというのがワタクシの考えです。

「にわかファン」が増えることを歓迎したくないマニア心理もあるでしょうが、「スバリスト」の認定については、スバルファン各位それぞれで決めればいいのではないかと思います。

>>「スバリスト」という言葉が普及したのはスバル車ユーザーが激増した1990年代から [次のページ]

1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
マリオ 高野
筆者マリオ 高野

1973年大阪生まれ。免許取得後にクルマの楽しさに目覚め、ヴィヴィオとインプレッサWRXを立て続けに新車で購入。弱冠ハタチでクルマローン地獄に陥るも、クルマへの愛情や関心は深まるばかりとなり、ホンダの新車セールスマンや輸入車ディーラーでの車両回送員、ダイハツ期間工(アンダーボディ組立て)などを経験。2001年に自動車雑誌の編集部員を目指し上京。新車情報誌やアメ車雑誌の編集部員を経てフリーライターとなる。編集プロダクション「フォッケウルフ」での階級は「二等兵」。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

スバル インプレッサの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル インプレッサのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル インプレッサの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル インプレッサの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル インプレッサのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる