スバル WRX “即日完売”の伝説を生んだスバル WRX STI「S207」試乗レポート

記事・レポート 新車情報 試乗レポート “即日完売”の伝説を生んだスバル WRX STI「S207」試乗レポート

“即日完売”の伝説を生んだスバル WRX STI「S207」試乗レポート (1/5)

スバル WRX 車種情報

Text :
Photo:
和田清志
“即日完売”の伝説を生んだスバル WRX STI「S207」試乗レポート

試乗記執筆の前に、そのクルマが売り切れ御免になるという未曾有の出来事に遭遇(涙)

STI(スバルテクニカインターナショナル)の新型コンプリートカー、WRX STI「S207」は、ちょっと良いカーナビを付けようものなら支払い総額がなんと700万円にもなるというスバル史上最高額のクルマながら、限定400台が受注開始の当日に完売状態となってしまったことが話題となりました。

そんなS207へ、実際に試乗する機会が得られました。

S207は即完売という驚愕の事実も納得できる、期待を超える甘美マシンであることが確認できましたが、もはや買えなくなった以上ただその素晴らしさを伝えるだけでは空しいので、ここではS207が壮絶な人気車となった理由を分析しながら、その乗り味などの印象を報告させていただきます。

モータースポーツも販売面でも好調な「WRX STI」

まず、S207が即売した理由については、第一に「STIのコンプリートカーに対する信頼度、およびSTIブランド力の高まり」が挙げられます。

とりわけ、もっともチューン内容が濃く、そして高額となる「Sシリーズ」は想像以上に多くの人から待望されていたことがわかりました。依然として個人消費の鈍さが指摘されるなか、「良いモノは高くても売れる」という今の日本経済を象徴する出来事ともいえるでしょう。

もうひとつの大きな理由は、S207のベースとなる「WRX STI」自体の評価の高さです。

2014年8月に国内デビューしたWRX STIは、1年3ヶ月が経った今でも月間の国内販売台数は200~300台で推移しており、MT(マニュアルトランスミッション)オンリーという硬派なスポーツセダンとしては大健闘の人気ぶりといえるでしょう。

モータースポーツではデビュー戦の2014年こそ苦戦したものの、2015年シーズンは各カテゴリーにおいて圧勝の連続で、販売面と実戦の両方で結果を出し続けています。そもそも歴代WRXは「戦い、勝つために生まれたクルマ」なので、モータースポーツでの好結果が販売に反映されるのは当然かもしれません。

また、「レヴォーグ」や「WRX S4」などの同時期に開発されたモデルは最初の年次改良でサスペンションのセッティング変更を受けましたが、WRX STIだけはアプライドB型でも足回りの仕様変更を受けなかったことからも、最新スバル車の走りの頂点にあるマシンとして、最初から揺るぎない絶対的な自信の元に仕上げられた乗り味が与えられていることがわかります。

そんなスバル車最強性能を誇るWRX STIの究極バージョン「S207」であれば、多くのファンが待ち焦がれていたというのも納得できる話です。

  1. Page1 “即日完売”の伝説を生んだスバル WRX STI「S207」試乗レポート
  2. Page2 スバル車の歴史に新たな伝説を刻んだ「S207」
  3. Page3 S207の存在は“歌舞伎や能のような伝統芸能の域”に達している
  4. Page4 鋭敏な操舵レスポンスと鉄壁なリアの安定感がもたらす「自由自在な感覚」
  5. Page5 即日完売の伝説を生んだことも納得の甘美マシン「S207」

スバル WRX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!