【スバル 新型フォレスター荷室解説 】新たにカーゴアッパーフックが加わり日常からアウトドアユースまで使い勝手が向上

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
マイナーチェンジを行い、2021年秋に発売予定のスバルの人気SUV「フォレスター」。レヴォーグと共通する最新のデザインテイストを取り入れた外観が大きくフィーチャーされる新型フォレスターだが、今回の改良では荷室の使い勝手もさらに改善されている。ここではそんな気になる新型フォレスターの荷室にクローズアップしてチェックしていく。

日常から車中泊などアウトドアシーンまで便利に使える荷室

新型フォレスターの荷室容量は通常時では505リッターを確保。リヤシートは4:6分割可倒式で両方倒すとほぼフラットな荷室となる。

リヤシートは、荷室サイドのレバーを引くことで簡単に倒すことが可能だ。

新型フォレスターでは、さらに荷室の使い勝手も向上している。

もともと現行型フォレスターの荷室には左右2か所ずつのカーゴフックが備わり、荷物の固定などに役立っていたが、今回のマイナーチェンジではスバルとして初めてとなるカーゴアッパーフックが採用されている。

これによりアウトドアレジャーで濡れた上着を乾かしたりするのにハンガーを掛けたり、キャンプの際にLEDランタンをぶら下げたりと、日常からアウトドアユースまでさまざまなシーンでの使い勝手が向上している。

テールゲートから前席シート背もたれまでの長さは180cm強あるフォレスター。床面もほぼフラットで、近年人気の車中泊向きの荷室でもある。

実際に後席を倒しフラットにした状態の荷室を検証してみると、身長180cmの男性モデルの場合、頭がシートより前に出てしまい、頭が浮いている状態に。新型フォレスターで車中泊を検討する場合は、空気で膨らむキャンプ用の厚手なインフレーターマットなどを敷き、枕も用意した上で、少し斜めに寝る必要があるだろう。

ここまで新型フォレスターの荷室を紹介してきたが、特に細部のつくりなどは、フォトギャラリーもぜひチェックしてみてほしい。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

スバル/フォレスター
スバル フォレスターカタログを見る
新車価格:
293.7万円330万円
中古価格:
28.5万円372.7万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スバル フォレスターの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル フォレスターのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル フォレスターの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル フォレスターの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル フォレスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる