10V型大画面有機ELディスプレイ搭載の新型ストラーダでソロキャンプに行ってみた|パナソニック・ストラーダ[PR](1/3)

  • 筆者: 井口 豪
  • カメラマン:森山 良雄

ソロキャンのナビゲーターは驚くほどキレイで見やすい大画面有機ELディスプレイの新型ストラーダ

今日は妻の許しを得て、独り人里離れた森の中へ。秋になって、ようやく今年初のソロキャンプである。

旅の案内人はパナソニックの新型「ストラーダ」。頼れるナビゲーターが導いてくれるので、あの場所でどう過ごすのかだけを考え、準備を進めることにしよう。

運転席に乗り込み、まずは目的地をセット。今日の案内役を務めてくれる新型ストラーダ「CN-F1X10BLD」は、大画面の10V型ディスプレイだから操作しやすい。目的地も施設名称の一部や愛称など、うろ覚えのワードを入力するだけでしっかり検索してくれる。環境や燃費を考慮したルート探索や運転をサポートする「eco」機能を搭載しているのも、アウトドア好きとしては嬉しい限りだ。

晴天の日中も反射による映り込みを抑え見やすい

新型ストラーダのナビ画面が見やすいと感じた理由はいくつかある。CN-F1X10BLDは大画面10V型ディスプレイに、業界初となる(※1)有機ELを搭載。AGAR低反射フィルムやエアレス構造で反射を抑える「HDブリリアントブラックビジョン」を備えているので、鮮やかなのに煩わしさを感じないのだ。

しかも最薄部約4.7mmのディスプレイは、上下、前後左右に調整可能。画面の向きを左右-15°~+15°、前後約-20°~約60°の範囲で細かく自在に動かすことが出来る。パナソニック独自のフローティング構造を採用しているので、ディスプレイの可動域が広く、運転席から見やすい向きに調整しやすいのだ。

フローティング構造のメリットはまだまだある。一般的なインダッシュタイプナビよりもディスプレイの位置が約6.5cm手前に近づくので、画面がひと回り大きく感じられる。ディスプレイが手前に近づく分、手を伸ばさなくてもタッチパネル操作できるという利点もある。CN-F1X10BLDが業界最多となる430車種以上の適合を可能しているのも、フローティング構造を採用しているからこそといえる。

1 国内市販AV一体型ナビゲーションとして有機ELを初採用。2020年8月末。

1 2 3 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
井口 豪
筆者井口 豪

1975年4月29日生まれ。血筋は九州の埼玉県出身。自動車雑誌編集部員を経て、2004年にフリーランスに転身。多彩な趣味を持つウンチク好きの性分を生かし、自動車関連、ファッション、スポーツ、ライフスタイル、医療、環境問題など、幅広い分野で執筆活動を展開している。器用貧乏を地で行くフリーライター。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 蛍雪の宿 尚文
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる