MOTAトップ 記事・レポート 特集 特別企画 購入してすぐに使える!高性能なのに簡単操作のパナソニック「ゴリラ」はこの夏、注目のPNDだ!【PR】

特別企画 2019/6/7 17:53

購入してすぐに使える!高性能なのに簡単操作のパナソニック「ゴリラ」はこの夏、注目のPNDだ!【PR】(1/4)

Text: 高山 正寛 Photo: 原田 淳・パナソニック オートモーティブ社・オートックワン
【パナソニック ポータブルナビゲーション「Gorilla(ゴリラ)」2019年モデル】CN-G1300VD(7インチ)
T編集長と筆者、見事なまでの凸凹コンビ(笑)が新型ゴリラを使い、都内から高速道までをレビューする!【パナソニック ポータブルナビゲーション「Gorilla(ゴリラ)」2019年モデル】新規開通区間の首都高速晴海線・晴海出口を走行【パナソニック ポータブルナビゲーション「Gorilla(ゴリラ)」2019年モデル】ゴリラはインストルメントパネル上部にナイスな取り付けスペースを発見。ここからだと前席どちらからでも操作が簡単【パナソニック ポータブルナビゲーション「Gorilla(ゴリラ)」2019年モデル】ゴリラを取り外し車外で目的地設定などを行うT編集長。「車載している時は気がつかなかったけど、スリムで持ちやすいし、ボディ周辺のシルバー加飾のフレームもスタイリッシュです」【パナソニック ポータブルナビゲーション「Gorilla(ゴリラ)」2019年モデル】画像ギャラリーはこちら

新しい「Gorilla(ゴリラ)」を“新しい”クルマサイト「MOTA(モータ)」編集長の愛車に“即”取り付けてみる!

T編集長と筆者、見事なまでの凸凹コンビ(笑)が新型ゴリラを使い、都内から高速道までをレビューする!【パナソニック ポータブルナビゲーション「Gorilla(ゴリラ)」2019年モデル】

前回では2019年モデルに進化したパナソニックのPND(ポータブルナビゲーションデバイス)である“Gorilla(ゴリラ)”の進化について解説したが、その実力の程をチェックすべく実機を借りだしてテストドライブにでかけることにした。

当日は筆者だけでは心許ない?というか、1.もう少しPNDの体験の少ない人 2.実は普段スマホナビを使っている人 3.メインターゲットでもある50代の人…こんなイメージで誰かいないかな、と辺りを見渡してみると。な、なんとこれぞ「灯台下暗し」ではないですが、オートックワン改め「MOTA(モータ)」のT編集長(以下T編集長)がいるではありませんか!

「MOTA」は2019年5月27日に名称変更したばかりということもあり、タイミングもバッチリ!(筆者の感想です)

ちなみにT編集長の愛車は1996年式のルノー・トゥインゴ(初代)。T編集長は180cmを超える長身なのにこんなカワイイクルマに乗っていたとは驚いた(失礼)。一応、名誉(?)のために言っておくと、家族とのドライブ用にはVWパサートヴァリアントを所有している。つまりトゥインゴは完全に趣味のクルマというわけである。

>>最新2019年版Gorilla(ゴリラ)と(古い)トゥインゴ…画像ギャラリーでもっと見る

【パナソニック ポータブルナビゲーション「Gorilla(ゴリラ)」2019年モデル】【パナソニック ポータブルナビゲーション「Gorilla(ゴリラ)」2019年モデル】

取り付けだけなら数分で終わる!「こんなに簡単でいいの?」と驚くT編集長

クルマの年輪というか、所々にそれなりの経年変化もあるトゥインゴだが、それも“クルマの味わい”と考えれば納得できる。シンプルなクルマゆえにオーディオもシンプルだし、これまでは視線移動のなるべく少ない位置にいわゆる“クレードル”を装着しスマホナビを使っていたT編集長。

そこで新型ゴリラの出番である。クルマいじりも得意なT編集長ではあるが、箱から商品を出して取り付けを始めてつぶやいた。「ひょっとしたらもう・・・終わり?」。

そう、ゴリラのメリットのひとつは取り付けが極めてしやすいことにある。取り付け位置を決めて付属の車載用吸盤スタンドをセット、そこにゴリラをセットして最後は電源をシガー(アクセサリー)ソケットから取ればすぐに使うことができる。

ちなみに今回テストしたのはゴリラ2019年モデルの最上位機種である「G1300V」だが、これには後述する交通情報提供システムである「VICS WIDE」が搭載される。利用するためには付属のアンテナを設置する必要があるが、フロントウィンドウの視界を妨げない部分に沿わせて貼るだけで簡単に設置することができる。

>>画面が大きくて地図が見やすい! 当たり前のことだが、それが重要[次ページへ]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR