MOTAトップ 記事・レポート 特集 特別企画 安全・安心をさらにレベルアップ! パナソニック ポータブルナビ「ゴリラ」の2019年モデルが登場【PR】

特別企画 2019/5/24 18:38

安全・安心をさらにレベルアップ! パナソニック ポータブルナビ「ゴリラ」の2019年モデルが登場【PR】(1/3)

Text: 高山 正寛 Photo: パナソニック オートモーティブ社・オートックワン・原田 淳・小林 岳夫
【パナソニック ポータブルナビゲーション「Gorilla(ゴリラ)」2019年モデル】CN-G1300VD(7インチ) テスト風景
【パナソニック ポータブルナビゲーション「Gorilla(ゴリラ)」2019年モデル】CN-G1300VD(7インチ) テスト風景ナビゲーション画面【パナソニック ポータブルナビゲーション「Gorilla(ゴリラ)」2019年モデル】【イメージ画像】【パナソニック ポータブルナビゲーション「Gorilla(ゴリラ)」2019年モデル】CN-G1300VD(7インチ) テスト風景画像ギャラリーはこちら

実はしっかり売れているPND(ポータブルナビ)の魅力はどこにあるのか

令和に元号が変わったから、という理由ではないが、改めてカーナビゲーション(以下カーナビと表記)の歴史を振り返ってみると、基本的にはクルマのコンソールスペース等に装着するタイプと、ダッシュボード上などに“簡単に”装着できるPND(ポータブル・ナビゲーション・デバイス)の2種類に大別される。

特にPNDに関しては2005年頃から欧米での販売好調を受けて日本でもヒット商品の仲間入りを果たしたが、その後市場は縮小して現在国内メーカーでは数えるほどしか製造を行っていないのが現実だ。

その中でも継続的に新製品をリリースし、PND市場を牽引しているのがパナソニックである。同社が展開する“Gorilla(ゴリラ)”ブランドはユーザーの認知度も高く「ポータブルナビと言えばゴリラでしょ」という声は販売店などの現場でも実際に高い。

今回、2019年モデルが発表されたゴリラがこれだけユーザーに支持されてきた理由はどこにあるのか? また伸長著しい「スマホナビ」と比較して優れている点はどこにあるのか? そして新型ゴリラの最新機能について解説する。

買ってすぐ使える!これがゴリラの最大の強み

【イメージ画像】【イメージ画像】

毎年のことだが、先般の最大10連休を含め、夏期や年末年始など日本には長期休暇が数回ある。この休暇を使ってクルマで旅行や帰省などを行う方も多い。問題はそのドライブの際「渋滞にハマった」「道を間違えた」など、ドライバーは元より同乗者に対して大きなストレスが発生してしまうことだろう。

「来年こそ、出かける時には新しいカーナビを装着しよう」と考える向きも少なくない。

だが悲しいかな、いざ休暇が迫ってきても人間というものはなかなかアクションを起こせない。結局、直前にカーショップに行っても取り付けができず(予約で一杯)に諦めた、という声も過去何度も聞いてきた。

【パナソニック ポータブルナビゲーション「Gorilla(ゴリラ)」2019年モデル】【パナソニック ポータブルナビゲーション「Gorilla(ゴリラ)」2019年モデル】CN-G1300VD(7インチ)

しかしそこに救世主として登場したのがゴリラに代表されるPNDだ。何しろ、購入して取り付け位置を決めて、電源をアクセサリーソケットに接続すれば「即」使えるのだから休暇の直前でも慌てることがない。

さらにPNDには「載せ替えができる」という大きなメリットがある。クルマを複数所有する家庭の場合、専用の載せ替えキットを購入すれば使用するクルマに簡単に装着できる。また取り外しも容易なので車外に持ち出してドライブ前に目的地を探したり、ワンセグTVや音楽や映像を楽しむことだってできる。

特にゴリラの場合、バッテリーを内蔵しているので、短時間の使用であればドライブの休憩時間に内蔵のガイドブック情報でおでかけスポットの検索などもできるし、家でもっとじっくり操作したいのであればオプションでAC電源も用意される。昨今の流行語ではないが、ゴリラのようなPNDこそカーナビにおける「多様性」を持ったモデルであることがわかる。

>>「ゴリラ」はスマホナビと比べて何が優れているのか?[次ページ]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR