日本仕様の新型「フェアレディZ」はいつ出てくる!? 価格400万円台後半~でオートサロン2022出展後の2022年3月にも正式発売開始か

画像ギャラリーはこちら
日産は2021年8月18日、ニューヨークで新型「Z(ゼット)」を世界初公開した。日本名は言わずと知れた「フェアレディZ」。北米市場では2022年春に市販化される予定で、日本の発表は“今冬”とした。気付けば2021年の冬が到来。今のところ正式発表はないが、2022年1月の東京オートサロンにてお披露目のうえ、ようやく2022年春頃には発売となる模様だ。MOTA編集部がつかんでいる現時点での情報をもとに、日本仕様の新型フェアレディZについて予想してみよう。
目次[開く][閉じる]
  1. 日本で唯一、50年以上に渡り歴史を重ねてきた老舗スポーツカーブランド「フェアレディZ」
  2. 日本仕様の公式発表は2022年1月の東京オートサロンか!?
  3. 新型フェアレディZの発売は2022年3月、価格は400万円台後半から500万円台に高騰か

日本で唯一、50年以上に渡り歴史を重ねてきた老舗スポーツカーブランド「フェアレディZ」

2ドアクーペのスポーツカーも、今や日本車ではすっかり希少な存在となった。2000年前後までは、各メーカーそれぞれに大小のラインナップされていたが、すっかり絶滅。残っているのはトヨタ GRスープラやGR86、スバル BRZにマツダ ロードスターとごくわずかだ。

そんな中、途中に若干のブランクはあったものの、1969年登場の初代登場から50年以上に渡り脈々と歴史を重ねてきたスポーツカーがある。

その名は「Z(ゼット)」。日産のフェアレディZだ。そんな老舗ブランドが2021年8月18日、7世代目となる新型モデルを世界初公開した。

日本仕様の公式発表は2022年1月の東京オートサロンか!?

初代Zは、日本以上に北米で大ヒット作となった。その人気は今なお続き、中古車の価値も年々高騰する一方だという。そんな多くのファンに敬意を表し、新型Zはまず北米でお披露目された。それでは母国日本での発表はどうなるのだろう。

8月18日に日産から発信された国内向けのプレスリリースには、文末に『なお、新型「Z」の日本仕様である「フェアレディZ」は、今冬の発表を予定しています。』とだけ記載があるのみ。

例えば「今年2021年12月」といった表記ではなく“今冬”とだけあるので、正確な時期はまだ定まっていないようだ。おそらく2021年12月末から2022年初春の1月頃にかけてのタイミングになるとみられる。

MOTA編集部が得た情報によると、日産は2022年1月早々に開催されるクルマイベント「東京オートサロン」会場で新型フェアレディZをお披露目し、2022年春頃までには正式発売としたい目論見のようだ。

新型フェアレディZの発売は2022年3月、価格は400万円台後半から500万円台に高騰か

なお、北米向けの新型Zは2022年春から販売だと発表された。正式な発表はまだないが、現行型同様に新型Zも日本の日産 栃木工場(主にFR系モデルの製造を担当)で生産され輸出されるだろう。そうなると日本向け新型フェアレディZの発売開始もほぼ同タイミングで行われると見て良い。

上にも記した通り、MOTAの予想では、日本仕様の新型フェアレディZは2022年の3月までに正式発売される見込み。ただし日産は現在、半導体問題などの影響もからみ、他のニューモデルも含め発売タイミングが遅れ気味の状況にある。早期の正式発売に期待したい。

ライバルのGRスープラは輸入車扱いのためやや割高な価格設定

日産 新型フェアレディZの価格だが、まだ公式な発表は出されていない。

現行Z34型(V6 3.7リッターノンターボ・336馬力)の通常モデルの価格は、397万9800円(Z)から530万8600円(Z Version ST/7速AT車)となっている。新型Zは排気量が3.0リッターに下がったものの、およそ400馬力のツインターボエンジンへグレードアップする点が気がかりだ。

ちなみに直接のライバル車となるトヨタ GRスープラは、海外での少量生産のため、かなり割高な設定となっている。3リッターターボモデル「RZ」の価格が731万3000円、2リッターターボの「SZ-R」で601万3000円、ベーシックな「SZ」で499万5000円だ。新型フェアレディZはそこまで上がらないと見られる。

グレードラインナップの展開次第で多少変化するが、2022年春発売の新型フェアレディZの価格は、400万円台後半から500万円台が想定される。

2022年新春早々の日本初公開が今から待ち遠しい!

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:NISSAN]

日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
40万円1,605万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルハーヴェスト軽井沢

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

日産 フェアレディZの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 フェアレディZのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 フェアレディZの中古車検索 日産の記事一覧 日産 フェアレディZの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 フェアレディZのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる