50年以上続く唯一の国産スポーツカーブランド “日産 フェアレディZ”を振り返る【初代S30型~3代目Z31型編】

画像ギャラリーはこちら
日本車の中には、初代の登場から50年以上を経ているクルマも数多い。ところが思いのほか、デビュー時の名前を継承する車種は少ない。1969年に誕生した日産 フェアレディZは、その名を残す貴重な一台だ。次期モデルの発表も話題となっており、その存在感は年々増しているように思える。

そこでこの記事では、フェアレディZの52年を2回に分けて振り返りたい。まずは、初代(S30型)から3代目(Z31型)までを見てみよう。

>>初代S30型から3代目Z31型まで「日産 フェアレディZ」の歴史を振り返る![画像90枚超]

目次[開く][閉じる]
  1. ロングノーズの近代的スポーツカーとして生まれ変わった初代 “Z”(S30型)[1969~1978]
  2. キープコンセプトで正常進化 初のターボを初搭載した2代目(S130型)[1978~1983]
  3. オーバー200馬力! 高性能スポーツカーを目指した3代目(Z31型)[1983~1989]

ロングノーズの近代的スポーツカーとして生まれ変わった初代 “Z”(S30型)[1969~1978]

国産名車の筆頭にあげられる初代フェアレディZ(S30型)は、1969年に登場した。実は「フェアレディ」という車名自体は、1960年のフェアレディ1200(SPL212型)から出現していた。

これはオープンスポーツカー・ダットサン スポーツ(S211型)の改良版だった。1962年にはフルモデルチェンジを経てフェアレディ1500に発展。最終モデルのフェアレディ2000(SR311型)では145PSを発生する2リッターエンジンを搭載した。しかし機構的にはブルーバードのラダーフレーム、リーフ式リアサスペンションなど古い設計のままだった。

モノコックボディと全輪独立懸架で、一気に近代化された初代フェアレディZ

しかし初代フェアレディZでは内容を一新。ロングノーズ・ショートデッキのクローズド・ボディはモノコックに、サスペンションはストラット式の全輪独立として一気に近代化。テールゲートも備えていた。

エンジンも海外のGTカーにも負けないSOHCツインキャブの2リッター直6を搭載。なんとスカイラインGT-R用の名機「S20型」を積んだグレード「432」も販売していた。

1971年には輸出用だった2.4リッターを載せたが、中でも「G(グランド)ノーズ」を装着した「240Z-G」は、オーバーフェンダーの迫力も相まって、今なお高い人気を誇る。その後432をカタログから落とし、4人乗りの「2by2」の追加、海外では2.6/2.8リッター版の設定・排出ガス対策の改良などを行い、1978年まで生産された。

初代フェアレディZは、流麗なデザイン・性能のみならず実用性も高いエンジンを持ちながら安価だったことから、北米市場をメインに大ヒットを記録。54万台も作られ、それまでの古典的な英国製小型スポーツカーをアメリカから駆逐してしまった。

キープコンセプトで正常進化 初のターボを初搭載した2代目(S130型)[1978~1983]

2代目フェアレディZ(S130型)は、外観を見てもお分かりの通り、初代のキープコンセプトで登場。北米市場を強く意識して開発されたボディは、初代とよく似るが新設計で、大きな違いは幅の拡大。リアサスペンションもセミトレーリングアームに変更され、当初から2.8リッターをカタログに載せていた。

ダッシュボードセンターに初代の3連メーターのイメージが残されたが、内装全体ではラグジュアリーな雰囲気も加味されていた。1980年のTバールーフ仕様追加では、そもそもアメリカの香りが強い2代目フェアレディZを、さらにアメリカ車風に見せた。

1981年にマイナーチェンジされ、前後バンパーをカラード化して近代化。

モデル末期の1982年になってアメリカで2.8リッターターボ、日本で2リッターターボ「200Z-T」を設定し、さらなる高性能化も果たしている。

オーバー200馬力! 高性能スポーツカーを目指した3代目(Z31型)[1983~1989]

フェアレディZは1983年にフルモデルチェンジを行い、3代目(Z31型)に。5年ぶりとなる新型は、フォルムこそロングノーズのフェアレディZらしいスタイルだったが、初代・2代目と続いた丸目2灯から矩形にチェンジ。直線基調も取り入れてモダンに大変身。3代目では、欧州製のスポーツカーに比肩できる性能の獲得が図られた。そこで選ばれたパワーユニットは2リッター&3リッターのV6ターボエンジン。前者は170PS、後者は230PSを発生し、欧州では最高速度250km/hオーバーも達成した。その一方で1985年には、新開発の直6ツインカムターボエンジンを搭載した「200ZR」も生まれた。

1986年にはマイナーチェンジが行われ、日産の北米デザインセンター(NDI)によって角が取れたスタイルにリデザインされた。この改良ではフェンダーまで変更しており、印象を一変することに成功した。この際、3リッターV6ツインカムの「300ZR」も登場している。パワーは190PS止まりだったが、ノンターボの大排気量ツインカムエンジンを積んだ300ZRは、新しいフェアレディZの帰還として君臨した。

次回も引き続き、Z32型から現在に至る “フェアレディZ・ヒストリー” をお送りしたい。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:MOTA編集部・NISSAN]

日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
39.2万円1,605万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 今宵天空に遊ぶ しょうげつ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

日産 フェアレディZの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 フェアレディZのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 フェアレディZの中古車検索 日産の記事一覧 日産 フェアレディZの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 フェアレディZのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる