autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 セレナAUTECH試乗|デザインも走りもこだわったプレミアムスポーティミニバンの新提案 2ページ目

試乗レポート 2018/3/30 10:22

日産 セレナAUTECH試乗|デザインも走りもこだわったプレミアムスポーティミニバンの新提案(2/2)

関連: 日産 セレナ Text: 大谷 達也 Photo: 原田淳・島村栄二 協力:株式会社オーテックジャパン
日産 セレナAUTECH SPORTS SPEC
日産 セレナAUTECH SPORTS SPEC日産 セレナAUTECH SPORTS SPEC日産 セレナAUTECH SPORTS SPEC日産 セレナAUTECH SPORTS SPEC画像ギャラリーはこちら

セレナAUTECHの最上級モデル“SPORTS SPEC”に試乗

今回、試乗したのはセレナAUTECHのなかでも最上級グレードにあたる“SPORTS SPEC(スポーツ・スペック)”と呼ばれる仕様。これは前述したエクステリアやインテリアのカスタマイズに加え、走りのキャラクターにも手が加わえられている。

チューニングの基本となるボディ剛性は、フロント、中央部、リアの3ヵ所にフロア下側からメンバーを追加して強化。スプリングやダンパーも専用パーツに置き換えられ、15mmのローダウンが施されている。タイヤはミシュランのパイロットスポーツ4(205/50ZR17)だ。

>>プレミアムな内外装が特徴のセレナAUTECH SPORTS SPECのすべてを画像で見る(147枚)

日産 セレナAUTECH SPORTS SPEC

また、ECUをチューニングしてシャープなレスポンスと心地よい加速Gの持続を両立。VDCも専用チューニングを受けており、ドライバーが操る余地を拡大した設定に改められているという。

ちなみに、こうした走り関連のカスタマイズは基本的にセレナNISMOと同じ内容。ただし、NISMOではタイヤをブリヂストンのポテンザ アドレナリンRE003とすることで、NISMOらしいスポーティなイメージを表現したそうだ。この辺の違いは、いずれ改めて試してみたい。

今回は短時間ながらこのセレナAUTECH SPORTS SPECに試乗した。コースはオーテックジャパン本社のある茅ヶ崎で、一般道と高速道路の両方を走行した。

ECUのチューニングがもたらす適切なレスポンスが好印象

日産 セレナAUTECH SPORTS SPEC
日産 セレナAUTECH SPORTS SPEC

乗り始めてすぐわかるのは、ソリッド感が大幅に強まった乗り心地。重心高の高いミニバンのボディをしっかりと支えてくれている印象で、安心感が強い。

しかし、だからといって路面からのゴツゴツ感はさほど強くなく、段差に乗り上げても強い突き上げ感は認められない。この辺は、メンバー追加で剛性を高めたボディがしっかりと衝撃を受け止めている証拠だろう。

あとは、細かいボディの上下動をもう少し穏やかに抑え込んでくれれば言うことなしと思えたくらいだ。

ECUのチューニングを受けたスマートシンプルハイブリッドのパワートレーンは、最高出力や最大トルクがスタンダードなセレナと共通なだけに、特別速いとは感じられないものの、アクセルペダルを踏み込んでから加速に移るまでの遅れが少ない点は印象的だった。これはハンドリングも同様で、ステアリングを切った瞬間にガキッ!と曲がり始めるわけではないけれど、ドライバーの自然な感覚に寄り添ったレスポンスが得られる。

腕利きのなかには「ミニバンを運転するときはその遅れ分をあらかじめ織り込んで早めに操作を開始する」なんてドライバーもいるだろうが、セレナAUTECH SPORTS SPECだったらそんな必要はない。プレミアムスポーティというコンセプトをうまくミニバンに落とし込んでいると感じた。

幅広いラインナップを取り揃えるセレナAUTECH

日産 セレナAUTECH SPORTS SPEC
日産 セレナAUTECH SPORTS SPEC

「これほどこだわった作りのセレナAUTECH、きっとさぞかし高いだろうなあ」と心配されている皆さんに朗報がある。今回試乗したセレナAUTECH SPORTS SPECでも、スタンダードなセレナ(ハイウェイスターVセレクション)との価格差は約30万円ほど(同等のオプションを装着した場合)。

「AUTECHのスタイリングは欲しいけれど走りのカスタマイズは不要」というユーザー向けのSafety Package仕様であれば、その差は約20万円ほどへと圧縮される。

さらには、人気のe-POWER仕様も設定されているなど、幅広いラインナップが用意されていることもセレナAUTECHの魅力といえるだろう。

[TEXT:大谷達也/PHOTO:原田淳・島村栄二/協力:株式会社オーテックジャパン]

筆者: 大谷 達也

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

日産 セレナ の関連編集記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連編集記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR