日産 新型ルークス 徹底解説 Vol.1|デザイン&使い勝手編

画像ギャラリーはこちら
日産は軽スーパーハイトワゴンのニューモデル「ルークス」を発表し、2020年3月19日より発売した。スーパーハイトワゴンは軽で現在最も売れている注目のジャンルで、ホンダ N-BOXやダイハツ タントなどライバルも多い中、日産がウリにしていることとは何か。新型ルークスの詳細について徹底解説する。まずはスーパーハイトワゴンならではの使い勝手と、デザインについて紹介しよう。

>>あなたなら何色を選ぶ? ニューモデル「ルークス」を画像でチェック! [フォトギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. 軽の売れ筋「スーパーハイトワゴン」にまた新たなモデルの登場
  2. 17種類ものの多彩なボディカラーから、選べる外観デザイン
  3. 快適に広々使える室内と荷室の広さ

軽の売れ筋「スーパーハイトワゴン」にまた新たなモデルの登場

先代型はデイズルークスの名称で売られたが、今回日産の新しい軽自動車としてフルモデルチェンジされた「ルークス」が発表された。

全高が1700mmを超える背の高い軽自動車で、後席側の左右ドアは使い勝手の良いスライド式。ホンダ N-BOX、ダイハツ タント、スズキ スペーシアなどがライバル車で、現在の国内の軽自動車では、販売台数の最も多い売れ筋の「軽スーパーハイトワゴン」カテゴリーに属する。

新型ルークスは日産と三菱が共同開発しており、現行型の設計は主に日産が担当した。製造は三菱の工場が受け持つ。

ルークスの姉妹車として、三菱ブランドのeKスペース&eKクロススペースもあり、これについては2020年2月17日に解説記事を掲載した。

姉妹車は同時期に発表されるのが一般的だが、この2車種では三菱eKスペース&eKクロススペースが先行。それでも納車を伴う“発売日”は、両車とも2020年3月19日となる。同じタイミングで同じ生産ラインで製造されるので当然である。

ルークスとeKスペース&eKクロススペースは、外観は異なるもののメカニズムや装備は基本的に共通。「三菱新型eKスペース/eKクロススペース新型車解説」も参考にしていただきたい。

17種類ものの多彩なボディカラーから、選べる外観デザイン

新型日産 ルークスのバリエーションは、おおまかには標準ボディのルークスと、ルークス ハイウェイスターに分けられる。

両タイプとも、フロントマスクには日産車であることを示すVモーショングリルが備わり、標準ボディの外観は柔和で親しみやすい。

また、ルークス ハイウェイスターには薄型のLEDヘッドランプ、ワイドなフロントグリル、エアロパーツ、14/15インチアルミホイールなどが標準装着され、外観を精悍かつスポーティに見せている。

快適に広々使える室内と荷室の広さ

ルークスは全高が1780mm(2WD)に達する背高ボディで車内は広く、大人4名が快適に乗車できる。特に後席の足元空間は、先代型に比べて約80mm広くなった。前後席とも床と座面の間隔が拡大され、着座姿勢も最適化されたのだ。スライドドアの開口幅も70mm広がり、床面部分の突起も抑えたので、乗り降りもしやすい。

ただし、後席のスライド位置を後端に寄せると、乗員の後頭部とリヤゲートが接近する。追突された時の不安も伴うので、後席の膝先空間を握りコブシ2つ分まで前方にスライドさせると良い。この状態でも足元空間は十分に広く、車内後部の荷室も拡大できる。

ハンズフリーオートスライドドアも、標準装着あるいはオプションで用意。インテリジェントキーを携帯しながら、スライドドアの下側で足を出し入れすると自動的に開閉する。子供を抱えたり、両手で荷物を持っている時でも乗り降りしやすいのだ。

ちょっと上質な雰囲気が欲しいなら“プレミアムグラデーションインテリア&快適パックA”もオススメ

ルークス ハイウェイスターに“プレミアムグラデーションインテリア&快適パックA”(6万6000円)をオプションで加えると、インパネ表皮が合成皮革になり、ステッチも入る。

シート表皮は合成皮革とトリコットに上級化され、内装の質はコンパクトカーを飛び超えてミドルサイズカー並みに高まり満足度も得られる。好みに応じて選択したいアイテムだ。

新型ルークスは荷室も広く、後席を前側に倒すと座面も連動して下がり、自転車のような大きな荷物を積むことも可能だ。

[筆者:渡辺 陽一郎]

日産/ルークス
日産 ルークスカタログを見る
新車価格:
141.6万円206.7万円
中古価格:
9.9万円206.2万円

次回はエンジン&先進運転支援機構&安全装備編をお届け!お楽しみに!

日産 ルークス 主要スペック表
車種名ルークスルークス
グレード名XハイウェイスターGターボプロパイロット
価格(消費税込み)154万6600円184万3600円
全長×全幅×全高3395mm×1745mm×1780mm3995mm×1745mm×1780mm
ホイールベース2495mm2495mm
駆動方式FFFF
車両重量960kg1010kg
乗車定員4名4名
エンジン種類DOHC水冷直列3気筒DOHC水冷直列3気筒ターボ
総排気量659cc659cc
エンジン最高出力38kW(52PS)/6400rpm47kW(64PS)/5600rpm
エンジン最大トルク60Nm(6.1kg・m)/3600rpm100Nm(10.2kg・m)/2400~4000rpm
トランスミッションエクストロニックCVT(無段変速機)エクストロニックCVT(無段変速機)
使用燃料レギュラーレギュラー
燃料消費率(JC08モード燃費)27.2km/L22.6km/L
燃料消費率(WLTCモード燃費)20.8km/L18.8km/L
燃料消費率
(WLTC:市街地/郊外/高速道路モード)
18.5km/L/22.3km/L/21.0km/L18.5km/L/22.3m/L/21.0km/L
タイヤサイズ155/65R14165/55R15

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 仙郷楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

日産 ルークスの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ルークスのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ルークスの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ルークスの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ルークスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる