【2023年】日産 ルークスの価格や内装、燃費まで最新情報をお届け|2023年夏にもマイナーチェンジして発売予定だ

  • 筆者: 青山 尚暉
  • カメラマン:茂呂 幸正/小林 岳夫/日産自動車
画像ギャラリーはこちら

日産 ルークスは2020年2月25日に発売されました。2014年から発売されていたデイズ ルークスの後継モデルで、現行ルークスへのモデルチェンジを機に車名が改められています。

2023年夏にもマイナーチェンジが予想されるルークス。そんなルークスの最新情報と燃費やカラー、内装などをモータージャーナリストの青山尚暉さんが詳しく解説します。

目次[開く][閉じる]
  1. ルークスのおすすめポイント
  2. ルークスのレビュー・評価
  3. ルークスの基本スペック・価格表
  4. ルークスのボディサイズ
  5. ルークスの燃費
  6. ルークスの発売日と納期の目安
  7. ルークスのマイナーチェンジ情報
  8. ルークスのおすすめポイント解説
  9. ルークスのおすすめグレード
  10. ルークスのカラーバリエーション
  11. ルークスはこんな人におすすめ

ルークスのおすすめポイント

1. スーパーハイト系軽自動車ならではの広大な室内空間

2. 日産が一から開発したことによる操縦安定性や安定感の高さ

3. 充実した先進運転支援機能とコネクテッド機能

4. シーリングファンによる後席を含めた空調環境の良さ

ルークスのレビュー・評価

総合評価 4.25 ★★★★☆

外観

4.0

★★★★☆

内装

4.5

★★★★★

走行性能

4.0

★★★★☆

運転しやすさ

5.0

★★★★★

乗り心地

4.0

★★★★☆

価格の割安度・燃費・維持費

4.0

★★★★☆

良かった点

前席はスーパーハイト系軽自動車クラス最大級のサイズで上級感ある分厚いクッション感と自然な着座姿勢、ミニバン並みの着座高によるパノラミックな運転視界の良さが美点。運転のしやすさは文句なしです。

足元は電子パーキングブレーキの採用ですっきり広々としています。

走行性能ではマイルドハイブリッドを採用し、微力ながらもモーターアシストによって出足の加速感はスムースかつ静かです。

ルークスのベース車両である日産 デイズと同じタイヤを履くものの、乗り心地はよりフラットで快適、デイズに乗っていると感じられる硬さがありません。日産の走りのマイスターが手掛けた操縦安定性の高さにも納得できます。

また、オートブレーキホールド機能が付くのも運転ストレスの低減に直結します。さらにはSOSコールや日産コネクトナビによるオペレーターサービスも大いなる安心をもたらしてくれることでしょう。

気になった点

ほぼ欠点のないルークスですが、後席を格納した時のフラット度では、やや角度がついて、先代ルークス、現行スズキ スペーシアに及びません。

また、センタータンクレイアウト採用のホンダ N-BOXは後席がどの位置にあっても、乗降性につながる立ち上がり性の良さに直結する足引き性がいい(席から立ち上がる際、足を引くことで立ち上がりやすくなる)のですが、後席下に燃料タンクを置くルークス(ダイハツ タント、スズキ スペーシアも同じ)は、後席最後端位置だと足が引けません。もちろん、後席を前出しすれば解決するのですが、少し不便さを感じます。

ルークスの基本スペック・価格表

グレード

エンジン

トランスミッション

駆動方式

価格(税込)

S

BR06-SM21

エクストロニックCVT

2WD

146万3000円

4WD

159万7200円

X

2WD

159万3900円

4WD

172万8100円

ハイウェイスターX

2WD

176万円

4WD

189万4200円

ハイウェイスターX プロパイロットエディション

2WD

189万900円

4WD

202万5100円

ハイウェイスターX アーバンクロム

2WD

183万1500円

4WD

196万5700円

ハイウェイスターX アーバンクロム プロパイロットエディション

2WD

196万2400円

4WD

209万6600円

Xターボ

BR06-SM21

インタークーラーターボ

2WD

171万500円

4WD

184万4700円

ハイウェイスターGターボ

2WD

184万9100円

4WD

198万3300円

ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション

2WD

195万8000円

4WD

209万2200円

ハイウェイスターGターボ アーバンクロム

2WD

192万600円

4WD

205万4800円

ハイウェイスターGターボ アーバンクロム プロパイロットエディション

2WD

202万9500円

4WD

216万3700円

※後述する2023年のマイナーチェンジにより、グレード及び価格が変更される可能性があります。

ルークスのボディサイズ

駆動方式

全長

全幅

全高

ホイールベース

2WD

3395mm

1475mm

1780mm

2495mm

4WD

1800mm

ルークスの燃費

WLTCモード

市街地モード

郊外モード

高速道路モード

2WD・ノンターボ

20.9km/L

19.6km/L

22.1km/L

20.7km/L

2WD・ターボ

19.2km/L

16.7km/L

20.6km/L

19.6km/L

4WD・ノンターボ

19.0km/L

17.0km/L

20.5km/L

19.0km/L

4WD・ターボ

17.5km/L

16.2km/L

18.3km/L

17.6km/L

より実燃費に近いWLTCモード燃費は、NAエンジンが20.9km/L、ターボエンジンが19.2km/L。これは標準車、ハイウェイスター、プロパイロットエディションで違いはありません。

ちなみにスーパーハイト系軽自動車のベストセラーモデルであるホンダ N-BOXはNAエンジンが21.2km/L、ターボエンジンが20.2km/Lとなります(すべてFF車)。

N-BOXの方が少し上回ってはいますが、ルークスの燃費とN-BOXの燃費はほぼ同程度と言って良いでしょう。

ルークスの発売日と納期の目安

ルークスは2020年2月25日に発売されました。2014年から発売されていたデイズ ルークスの後継モデルで、現行ルークスのモデルチェンジを機に車名が改められています。

2023年3月中旬時点でルークスの納期については日産の公式ホームページに「一部、仕様・グレード・カラーについては、生産上の都合でご用意できない場合がございます。詳しくはお近くの販売店にお問い合わせください」と記載されています。現行モデルは在庫販売のみの対応です。

ルークスのマイナーチェンジ情報

2023年3月16日には、マイナーチェンジ後の新スタイルが発表されました。正式な発表は4月、発売は初夏を予定しています。

変更点としては、先に登場した日産 新型セレナにも使われている新しいVモーショングリルを採用。エクステリア、インテリアともに高級感のあるデザインへと進化しています。

またインテリジェント ルームミラーを新たに採用するなど、軽自動車としての魅力を強化しました。

また、ハイウェイスター アーバンクロムにはダーククロムのフロントグリルや防水シートなどに加え、新たに専用デザインの15インチアルミホイールや、専用2トーンのボディカラーなどを採用します。

また、装備面にも若干の変更が予定されており、安全性や快適性を高めている模様です。最新の情報が入り次第、速やかにお届けします。

ルークスのおすすめポイント解説

1. スーパーハイト系軽自動車ならではの広大な室内空間

室内空間は身長172cmの筆者のドライビングポジション基準で前席頭上に260mm、後席頭上に250mm、膝周りに最大400mm(後席スライド位置による)とゆったり広大。Mクラスボックス型ミニバン並みの広さがあります。

また、320mmもの後席スライド量によって、ラゲッジルームの最大奥行きはクラス最大級の675mmに達します(ライバル車のホンダ N-BOXは最大600mm、スズキ スペーシアは最大525mm、ダイハツ タントは最大460mm)。大人4人乗車も居住空間的にはまったく無理なく座ることができます。

2. 日産が一から開発したことによる操縦安定性や安定感の高さ

特筆すべきは、日産の走りのマイスターが手掛けた操縦安定性の高さです。カーブ、山道を勢いよく走っても、車体の傾きは最小限かつ、路面に張り付いたかのような安定感を見せてくれます。

基本部分を共用する軽ハイトワゴンの日産 デイズも山道の下りでスポーティカーについていけるほどの操縦安定性に驚かされますが、車高、重心の高いルークスで同様の走りの良さを実現しているのだから立派と言うしかありません。

ターボモデルなら4人乗車での遠出、高速走行も余裕でこなしてくれるはずです。

なお、JNCAPによる自動車安全性能2021の評価で最上級のファイブスター賞を受賞しており、安全性も申し分ありません(ハイウェイスターX 2WD、ハイウェイスターXプロパイロットエディション2WD、日産オリジナルカーナビゲーション装着車)。

 

3. 充実した先進運転支援機能とコネクテッド機能

軽自動車に始めて緊急通報サービス=SOSコールを採用したのが、ベース車の日産 デイズです。もちろんこのルークスにも採用され、あおり運転被害時、緊急時などでオペレーター接続ができ、警察や消防との連携を図ってくれるので安心です。

また、日産コネクトナビを装備すれば、オペレーターサービスを利用することも可能。走行中にナビの目的地設定を遠隔で行ってくれるなど、オペレーターによる様々なコネクテッドサービスが受けられます。1人で乗っていても、こうしたサポートが充実しているおかげで1人ではない安心感があります。

4. シーリングファンによる後席を含めた空調環境の良さ

スーパーハイト系軽自動車はその広大な室内空間ゆえに、空調が後席までしっかり届くか不安な人もいるでしょう。とくに暑い時期は、後席の冷房能力に不満が出ることもあります。後席に子どもを乗せる場合などは特に気になるポイントでしょう。

それを解決してくれるのが、天井に設置されるサーキュレーターです。

多少のノイズはありますが、後席までしっかりと冷風が届く空調環境を実現してくれます。スーパーハイト系軽自動車ではこのルークスと兄弟車の三菱 eKスペース、スズキ スペーシアのみの装備となります。

外観(エクステリア)

まるで日産のミニバン、セレナをスケールダウンしたような堂々感あるエクステリアデザインです。とくにルーフを塗り分けた2トーンカラーボディになると見映え、クラス感がさらにUP。それは標準車、ハイウェイスターともに変わりません。

内装(インテリア)

日産 デイズもそうですが、インテリアのデザイン性、質感は軽自動車トップレベル。シート地も上級感たっぷりです。前席頭上、後席頭上&膝周りのゆとりによって、まるでリビングで寛いだまま空間移動するような感覚さえ味わえます。

後部座席

ルークスは先代に対してBピラーを前出しすることでスライドドア開口部幅を650mmに拡大しました(ライバル車のホンダ N-BOXは640mm、スズキ スペーシアは600mm)。地上350mmのステップから段差なくフロアに足を踏み入れることができ、着座すれば頭上、膝周り空間のゆとりに満足できるだけでなく、椅子感覚のシートのかけ心地、着座、立ち上がり性にも優れています。

安全装備

前席左右エアバッグ、前席サイドエアバッグ、ニーエアバッグ、そしてカーテンエアバッグを全グレードに標準装備するとともに、ハイウェイスターに高速道路同一車線運転支援技術となるプロパイロットエディションを設定しました。

インテリジェントアラウンドビューモニター、SOSコールなどを用意するほか、前方衝突予測警報、踏み間違い防止アシストなど、先進運転支援機能は充実しています。

ルークスのおすすめグレード

街乗りメインで高速道路にはめったに乗らないという人であれば、NAエンジンの装備充実グレードのX、176万円が良いでしょう。心配性の人ならSOSコールのオプションもぜひ装備したいところです。

一方、一家に一台のファーストカー、フル乗車、遠出、高速走行の機会も多いというならターボモデルを推奨します。

ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(195.8万円)なら価格と装備のバランスがちょうど良いでしょう。

ルークスのカラーバリエーション

ハイウェイスター

ボディカラー

2トーン

アメジストパープル/フローズンバニラパール

スパークリングレッド/ブラック

ホワイトパール/チタニウムグレー

プレミアムオリーブ/ホワイト

ソーダブルー/アッシュブラウン

モノトーン

ホワイトパール

チタニウムグレー

ブラック

アッシュブラウン

アメジストパープル

フローズンバニラパール

X、Sグレード

ボディカラー

2トーン

ホワイトパール/セレニティゴールド

フローズンバニラパール/アッシュブラウン

ソーダブルー/アッシュブラウン

ワントーン

ホワイトパール

スターリングシルバー

ブラック

スパークリングレッド

ブロッサムピンク

アッシュブラウン

プレミアムサンシャインオレンジ

フローズンバニラパール

ルークスはこんな人におすすめ

1. 小さめの車でありながら室内空間は欲しい人

2. 先進安全機能が欲しい人

3. オシャレなボディカラーを楽しみたい人

クルマのダウンサイジング、運転のしやすさ、自宅の駐車環境から小さいクルマを望む人にとって、ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディションのツートーンカラーボディは、まさに小さな上級車的存在となります。

また、緊急通報サービス=SOSコール、日産コネクトナビによるオペレーターサービスが装備されていれば、運転初心者、運転に自身のない人、高齢者ドライバーでもより安心して運転でき、カーライフを楽しめるに違いありません。

もちろん、標準車のNAモデルでも、メーカーオプションでそうした安心を付けることはできます。

【筆者:青山 直暉 カメラマン:茂呂 幸正/小林 岳夫/日産自動車】

日産/ルークス
日産 ルークスカタログを見る
新車価格:
163.8万円245.4万円
中古価格:
12.8万円268万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

青山 尚暉
筆者青山 尚暉

学生時代はプロミュージシャン、その後自動車専門誌2誌の編集を経てフリーのモータージャーナリストに。現在は自動車業界だけでなく、愛犬のラブラドールとジャックラッセルとともに、愛犬との快適で安全なクルマ旅を提案するドッグライフプロデューサーとしても活動中。また、クルマのパッケージを寸法で比較するため、独自の計測ツールを開発。1台につき25項目以上を詳密計測。実用性の目安として、記事中で展開している。現在、自動車用純正ペット用アクセサリーの企画、開発も行う。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 ルークスの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ルークスのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ルークスの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ルークスの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ルークスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる