autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 日産 プレサージュ 新型車徹底解説 5ページ目

新型車解説 2003/6/1 13:52

日産 プレサージュ 新型車徹底解説(5/6)

日産 プレサージュ 新型車徹底解説

ワンタッチ床下収納機構によりラゲッジの使い勝手を向上

プレサージュのラゲッジルームでもっとも特徴的なのは、後部に用意されたレバーを引くことで簡単にスペースアップできる「サードシートワンタッチ床下収納」。プレサージュのサードシートの収納は2段階で、まずクッションが前方に90度立ち上がってその空いたスペースへシートバックがやはり90度回転して収まるラゲッジモードがある。そしてさらに立ち上がったクッションが前方へ90度回転(つまりクッション裏面が表となる)するラゲッジモードが用意されている。この2つのモードをレバーを引くことで作り出せるというわけだ。

定員乗車時のラゲッジスペース面は最大幅1180mm、最大奥行き460mmだが、ラゲッジモードとすると奥行きは950mmに拡大。さらにスーパーラゲッジモードとすると1345mmにまで拡大できる。ラゲッジモード時はクッションが立ち上がっているため、この部分がキャビンとラゲッジルームの隔壁となり安全性も確保される。

ポケッテリア関係も充実していて、グローブボックスは上下2分割方式。センターメーターを採用するため、ステアリング奥のダッシュパネルにもポケットの設定ができたほか、さらにその下にもオープンタイプポケットを用意。運転席下にもトレイが付くので、ファーストエイドキットなどを収納しておくのにも便利だ。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 プレサージュ の関連編集記事

日産 プレサージュの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR