autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 20年近くにわたった日産“ゴーン体制”で、生まれた車と消えた車を振り返る | 名車「プリメーラ」も紹介 【プレイバック】

特別企画 2018/11/25 07:00

20年近くにわたった日産“ゴーン体制”で、生まれた車と消えた車を振り返る | 名車「プリメーラ」も紹介 【プレイバック】

カルロス・ゴーン氏
日産 GT-R PROTO日産 GT-R日産 フェアレディZ Version ST日産 フェアレディZ Version ST画像ギャラリーはこちら

2018年11月19日、日産代表取締役会長カルロス・ゴーン氏及び代表取締役グレッグ・ケリー氏の両名が、開示されるゴーン氏の報酬額を少なくするため、長年にわたり、実際の報酬額よりも減額した金額を有価証券報告書に記載していたことが判明しました(両名の役職は当時のもの)。

報道によると2人は現在勾留されており、また日産は両名の職を解くことを同年11月22日の取締役会で決定しました。これで日産はゴーン体制から脱却し、新たな道を歩むこととなります。

2000年から始まったゴーン体制下では、復活した車種もあれば消滅した車種もあります。今回はそんな4車種をピックアップ。オートックワンのアーカイブを交えながら振り返ります。

◆「ゴーン体制」で復活した日産車・消滅した日産車を画像で見る

「ゴーン体制」で復活した日産車:GT-R

日産 GT-R PROTO日産 GT-R
カルロス・ゴーン氏

▲写真左:GT-R PROTO / 写真右:市販版GT-R

日産GT-Rは、2007年東京モーターショーで発表された同社のフラッグシップスポーツカー。2002年に一旦スカイラインGT-Rを生産終了した後、2005年の東京モーターショーでコンセプトモデル「GT-R PROTO」を公開し、ゴーン氏が復活を宣言。2年後、公約どおり再登場を果たしました。

GT-Rに搭載されるエンジンは、3.8リッターV型6気筒DOHCターボエンジン。GT-R専用に開発されたもので、クリーンルームで「匠」と呼ばれる職工が1台1台手組みで仕上げる特別なユニットです。最高出力は570PS/65.0kgf・m(GT-R NISMOは600PS/66.5kgf・m)と、日本車トップレベルの性能を誇ります。

>>試乗レポートはこちら:GT-R NISMO “Nアタックパッケージ“は公道OKなレーシングカーだ!2800万円のモンスターマシンを試す!

>>当時の記事はこちら:日産、新型「NISSAN GT-R」関連情報の事前告知を開始

>>当時の記事はこちら:日産「GT-R」受注好調、2,200台突破

「ゴーン体制」で復活した日産車:フェアレディZ

日産 フェアレディZ Version ST日産 フェアレディZ Version ST
日産 フェアレディZ Version ST

日産 フェアレディZも、GT-Rと共にゴーン体制化で復活を果たした1台。2000年に一度生産終了した後、2002年に再登場しました。

“Z34”こと6代目フェアレディZがデビューしたのは2008年。ロングノーズ・ショートデッキのボディに、336馬力を発揮する3.7リッターの大排気量エンジンが搭載され、スポーツカーらしい力強い加速を楽しむことができます。

GT-Rが1000万円を超えるプライスタグとなっているのに対し、フェアレディZはエントリーグレードで400万を切る価格設定となっている点も魅力的です。

>>試乗記事はこちら:日産 フェアレディZ試乗|僕達はこういうクルマをもっと大切にしなければいけないんじゃないか?

「ゴーン体制」で消滅した日産車:プリメーラ

日産 プリメーラ日産 プリメーラ

日産 プリメーラは、2006年まで販売されていた同社の中型セダン。1990年に初代が登場し、ハンドリングの良さに定評のあるモデルとして人気を博しました。

オートックワンに掲載されている2001年の試乗記事では、6速マニュアルトランスミッションが搭載されたスポーツモデルがリポートされています。

プリメーラの乗り味について、リポーターの鈴木 泰典氏は「回転数が上がるにつれ、その性格は豹変してくる。7800rpmから始まるレッドゾーンまで踏み込んでいくと、カムが切り替わり、官能的なエンジン音が身を包み込む。それに呼応するようなキビキビとしたハンドリングもスポーツ心をそそってくれる。まさに『意のままに操りたく』なってしまう。適度に固めのシフトフィーリングもいい」とコメント。

クルマ通好みの車種でしたが、あえなく生産終了となりました。

>>当時の記事はこちら:日産 プリメーラ 試乗レポート

「ゴーン体制」で消滅した日産車:プレサージュ

日産 プレサージュ日産 プレサージュ

日産 プレサージュは、1998年に初代モデルが登場し、現在は生産終了となっている同社のミニバン。2003年に登場し最終モデルとなった2代目は、ミニバンらしさの薄いスタイリッシュなスタイリングや、両側スライドドアが特長的な車種でした。

2006年に掲載された松下 宏氏によるリポートでは「プレサージュに乗ってみると、やはり大きめボディによる広々とした室内と、ラゲッジスペースの使い勝手の良さが大きなポイントになる」と、同車の利便性の高さが伺える内容となっています。

「特にバックドアのガラスハッチだけを開くことができるのは上級ミニバンではプレサージュだけだし、3列目シートの簡単収納もプレサージュならではだ。大きめボディの死角をカバーするサイドブラインドモニターは、プレサージュから採用が始まって今では上級ミニバンの常識となりつつある装備。これによって女性ユーザーなどにも扱いやすいクルマに仕上がっている」と好意的なコメントが寄せられていました。

しかし、その後2009年に生産終了となっています。

>>当時の記事はこちら:日産 プレサージュ 試乗レポート

【毎週水曜日・日曜日は、オートックワンの誇る記事アーカイブから気になる情報をピックアップする連載「プレイバック」をお届け!来週もお楽しみに】

[筆者:オートックワン編集部]

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

日産 GT-R の関連編集記事

日産 GT-Rの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 GT-R の関連編集記事をもっと見る

日産 GT-R の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR