ハイブリッド専用化で高価になった日産 新型ノート! 200万円台の価格帯に相応しいカスタマイズはこれだ! 新型ノートのカスタムカー3選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年12月のフルモデルチェンジでハイブリッド「e-POWER」専用車に生まれ変わった日産のコンパクトカー「NOTE(ノート)」が、順調な売れ行きを示している。せっかく乗るなら、自分らしい個性も追求したいもの。今回は日産 新型ノートにひと手間加えた純正カスタムモデルをご紹介。納車待ちの方も、これから購入する方も必見だ!

>>日産 新型ノートのカスタムモデルを写真で見る[画像80枚超!]

目次[開く][閉じる]
  1. わずか14万円強で新型ノートをさりげなくオシャレに「純正エクステリアパッケージ」
  2. メーカー自らオートサロンで示した新型ノートカスタムのお手本「PLAY GEAR CONCEPT(プレイ ギア コンセプト)」
  3. 最初から完成形で手に入れられる新型ノートのカスタムモデル「ノート AUTECH(オーテック)」

わずか14万円強で新型ノートをさりげなくオシャレに「純正エクステリアパッケージ」

まずは基本の純正エアロパーツのカスタマイズからチェック!

2020年12月のフルモデルチェンジで、ハイブリッド「e-POWER」専用車に生まれ変わった日産のコンパクトカー「NOTE(ノート)」。

100万円台の廉価なガソリンモデルが用意されていないことから、売れ行きを心配する声もあったが、2021年5月には月販5962台を記録し6位にランクインする(自販連調べ・軽除く)など、順調な推移を見せている。

価格帯が上がった分、せっかく高価な新車を買うなら「人とは違う感じがイイ!」と新型ノートのカスタマイズを求めるニーズも盛り上がりをみせ始めているようだ。そこで今回は日産 新型ノートのカスタマイズと、ノートのカスタムコンプリートカーをご紹介していこう。

派手過ぎない「エクステリアパッケージ」はフィット感もバツグンだ

まずご紹介したいのは、メーカー純正のカスタマイズアイテム、純正エアロパーツ「エクステリアパッケージ」だ。「フロントバンパーフィニッシャー」「サイドシルフィニッシャー」「リヤバンパーフィニッシャー」から構成される。

ノーマルの新型ノートの写真とじっくり見比べてみて欲しい。純正エアロパーツ「エクステリアパッケージ」は派手過ぎず、純正ならではのフィット感もバツグンだ。それでいて同じ新型ノートオーナーなど、見る人が見れば「おっ」とわかる、さりげないお洒落感があるのが嬉しい。

あとは好みに応じてアルミホイールなどでさらにドレスアップしていくのが良いだろう。

写真の「ダークメタルグレー」のほかにも「ブラック」「シルバー」から選択出来るので、例えばホワイトのボディカラーを引き締めるブラックを選んだり、ブラックならシルバーを選びもっと煌びやかにするなど、好みに応じてセレクトしよう。

セット価格は14万8180円(取付費・消費税込)。3点セットは単品でも購入可能だから、ひとまずフロントだけというカスタマイズもアリだ。

メーカー自らオートサロンで示した新型ノートカスタムのお手本「PLAY GEAR CONCEPT(プレイ ギア コンセプト)」

実は純正パーツを多用! 東京オートサロン2021出展のコンセプトカーはカスタムプランで参考にしたい

続いては、カスタムのお手本として見ておきたい1台。コロナ禍の影響でバーチャルイベントになってしまったが、東京オートサロン2021に出展された参考出品車両の「NISSAN NOTE PLAY GEAR CONCEPT(日産 ノート プレイ ギア コンセプト)」だ。

先進的でクールなイメージの強い新型ノートだが、カスタマイズを加えることでグッとラフに、アウトドアテイストを増したお洒落な1台に仕上がっている。

しかしこれを見て「おっ、さっきの“エクステリアパッケージ”だ」と見抜いた方は鋭い審美眼の持ち主だ。実はこのノート プレイ ギア コンセプト、上手く純正のカスタマイズアイテムを用いながら、個性的なボディカラーやピンストライプ、大径アルミホイール(実は日産の他モデルから流用)などを加えつつ、大きくイメージを変えることに成功している。

新型ノートのカスタイマイズを考えるときに、参考にしたい1台なのである。

最初から完成形で手に入れられる新型ノートのカスタムモデル「ノート AUTECH(オーテック)」

せっかく買うなら“カスタムコンプリートカー”という手もアリ

ここまでは新型ノートのドレスアップについてご紹介してきたが、今度はもっと大胆にイメージを一新させる1台。内外装を丸々カスタマイズしたコンプリートカー「ノート AUTECH(オーテック)」だ。日産のカスタムカーなどを広く扱ってきたオーテックジャパンが、プレミアムスポーツの新たな世界観を提案するモデルである。先代ノートから追加設定されたもので、既に根強いファンからの支持を集めている。

ノーマルモデルとは異なるドットパターンのフロントグリルや専用デザインのアルミホイールや、質感の高いレザレット内装など、細部に渡り差別化が図られている。

そしてオーテックジャパンの本社がある神奈川県湘南地区の海と空の色をイメージさせる「AUTECH BLUE(オーテックブルー)」がボディカラーのみならず、内外装の至る所に表現されているのも素敵だ。

ただしブルーのイメージが強いノート AUTECHだが、実はボディカラーよっても大きくイメージが違うことは意外と知られていない。ここでノートAUTECHの全8色を改めてご紹介しておきたい。

メタルフィニッシャーが映える黒(ミッドナイトブラックパール)のシックなイメージも、赤(ガーネットレッドパール)の鮮烈さもそれぞれ魅力的である。

なおノートAUTECHを象徴する青い専用色「オーロラフレアブルーパール」はブラックとの2トーンのほか単色でも選ぶことが出来る。

全8色のラインナップの中で、あなたの好みのカラーはみつかっただろうか。

[筆者:MOTA(モータ)編集部]

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
203万円276.3万円
中古価格:
14.8万円309.6万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 妙見石原荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 ノートの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ノートのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ノートの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ノートの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ノートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる