新型フェアレディZには3連アナログメーターを搭載! 「ターボ回転計」を新たに加えた日産のこだわりとは

  • 筆者: 工藤 貴宏
  • カメラマン:佐藤正巳/日産自動車
画像ギャラリーはこちら
今年デビューする新車のなかでも、クルマ好きから特に注目を浴びているのが、日産の新型「フェアレディZ」だ。2020年夏に「プロトタイプ」としておおよそのデザインが公開され、東京オートサロン2022ではついに、日本仕様の市販モデルが披露された。

実車を見て分かったことを元に、前回は新型フェアレディZの液晶ディスプレイにスポーツ表示があることを紹介した。今回はアナログメーターについて紹介したい。

目次[開く][閉じる]
  1. アナログ3連メーターには従来のものとは異なるターボ回転計を搭載
  2. ターボエンジンを搭載したからこそ、ターボ回転計が必要な装備となった
  3. 軽量な小型タービンを用いることで高回転のパワーを引き出す

アナログ3連メーターには従来のものとは異なるターボ回転計を搭載

スピードメーターやタコメーターを表示する大型液晶とは対照的に、クラシカルな部分もある。それはフェアレディZにとって伝統的なアイテムともいえる、ダッシュボード上の3連アナログメーターだ。

従来同様ダッシュボードに置かれたアナログ3連メーターだが、メーターに表示される項目は従来モデルとは異なる。これまでは油圧計、電圧計、そしてデジタル時計が並んでいた。

一方、新型フェアレディZではタービンにかかる過給圧を示すブースト計、ターボ回転計、そして電圧計となっている。ターボエンジンに合わせた組み合わせへと変更されたのだ。

ターボエンジンを搭載したからこそ、ターボ回転計が必要な装備となった

注目はなんといっても、ターボ回転計だろう。おそらく、多くの人にとってはピンとこないのではないだろうか。理由は言うまでもなく、一般的なメーターではないからだ。

そもそも、通常のターボ車はタービンの回転数を正確に把握していない。過給圧をみて、おおよそのタービンの状況を推測しているにすぎないのだ。

しかし、新型フェアレディZに搭載するVR30DDTTエンジンに装着するターボは回転センサーを備え、その回転数を正確に把握している。これは、同じエンジンを搭載する日産 スカイライン400Rも同様である。

タービンの回転数を把握することでどんなメリットがあるのか。それはエンジンのパフォーマンスアップに他ならない。

スカイライン400Rを運転すると、その鋭いレスポンスに驚く。昇天しそうになるほど気持ちいい。

一方で高回転におけるパンチの強さもかなりの破壊力。405馬力というパワーはハンパなく、刺激的な加速を楽しませてくれる。興奮できるエンジンだ。

一般論でいえば、低回転のピックアップに優れるターボエンジンは高回転のパンチ力は弱いし、逆に高回転のパンチ力が強いエンジンは低回転が鈍いというのが常識である。

しかしスカイライン400Rや新型フェアレディZに積むVR30DDTTエンジンはどちらも犠牲になっておらず、鋭いレスポンスと高回転におけるハイパワーの両方を味わえるのが凄いのだ。

軽量な小型タービンを用いることで高回転のパワーを引き出す

その秘密はタービンにある。405馬力という高出力にもかかわらず、タービンは大容量ではなく小型のタイプを組みあわせる。慣性重量の軽い小型タービンとすることでアクセル操作に対する“ツキ”やレスポンスを鋭くし、一方でタービンを限界まで使うことで高回転のパワーを引き出す手法がとられているのだ。

そうやって限界までタービンを使うためには、タービンの状況を正確に把握する必要がある。そのために回転センサーを備え、過給圧だと“おおよそ”しか判断できないタービン回転数までしっかり確認しているというわけだ。

メーターの単位は「10kRPM」。つまり“目盛りの数字×1万回転”となる。目盛りは「5」から「25」まで振られているから、針が指すのは「1分間あたり5万回転から25万回転」ということになる。

こちらも運転していてスポーツカーに乗っているのだということを十分に感じさせてくれるアイテムと言えるだろう。

スポーツカー自体のモデル数が減少している中で、スポーツカー好きを満足させる装備を用意する新型フェアレディZは貴重な存在だ。正式発表を楽しみに待ちたい!

【筆者:工藤 貴宏】

日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
41.8万円1,650万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

工藤 貴宏
筆者工藤 貴宏

クルマ好きが高じて在学中から自動車メディア業界に足を踏み入れ、気が付けば四半世紀。自動車雑誌編集者から編集プロダクション勤務を経てフリーランスの自動車ライターとして独立。自動車関連の雑誌やウェブで活躍している。モットーは「そのクルマは誰を幸せにするのか」。使い勝手などユーザー目線の記事を得意とする。永遠のスポーツカー好きで愛車はフランス製のホットハッチとディーゼルエンジンを積んだSUV。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 湯元長座

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 フェアレディZの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 フェアレディZのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 フェアレディZの中古車検索 日産の記事一覧 日産 フェアレディZの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 フェアレディZのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる