autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱、電気自動車用リチウムイオン電池の2次利用へ向け実証試験を開始へ

自動車ニュース 2010/6/28 15:22

三菱、電気自動車用リチウムイオン電池の2次利用へ向け実証試験を開始へ

三菱 i-MiEV

GSユアサ、三菱商事、三菱自動車、リチウムエナジー ジャパンの4社は、三菱自動車が2009年7月より量産販売している新世代電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」に搭載されているEV用リチウムイオン電池の2次利用事業モデル作りを目指し、2010年秋より京都市内で実証試験を開始する。

「i-MiEV」に搭載されているリチウムエナジー ジャパン社製のリチウムイオン電池「LEV50」は、信頼性と耐久性に優れ、出力密度が高く、車載用電池としての役割を終えた後も有効な使用用途がないか4社で検討が進められてきた。その中で、スマートグリッドにおける太陽光などの自然エネルギー貯蔵や産業用機器の電源など幅広い用途での2次利用が期待できることが判明した。

また、GSユアサがこのたび、太陽電池とリチウムイオン電池、EV用急速充電器で構成し、太陽電池で得られた電力をリチウムイオン電池に貯蔵し、その電力を用いてEVを急速充電する「PV-EVシステム」(PVは英語のPhotovoltaicの略で、太陽光発電を意味する)を用途開拓の一環として開発した。このシステムは、自然エネルギーにて発電した電力をEVに充電し、走行することで、発電からEV走行に至るまでの二酸化炭素(CO2)排出量ゼロが現実可能という特長がある。

4社は今回の実証試験にGSユアサの「PV-EVシステム」を活用し、電力貯蔵用に「i-MiEV」で使用済みとなったEV用リチウムイオン電池を採用することで、システムの電池コストの低減と、資源の有効利用を通じた環境負荷の低減を同時に目指す。

「PV-EVシステム」の特長

1.太陽電池にて発電した電力でEVへ急速充電し、余剰電力は電力系統へ逆潮流できる。

2.太陽電池で得られた電力を貯蔵するリチウムイオン電池はリユース品を使用可能。 太陽電池で発電された電力が無駄にならない。 また、太陽電池での発電から蓄電、EVへの充電まで直流電力を使用するため、電力の利用効率が高い。

3.太陽電池で発電した電力をリチウムイオン電池に貯蔵し、EVへ充電するので、電力系統への負担が少ない。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

三菱 アイ の関連編集記事

三菱 アイの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • 女性向け軽自動車 徹底比較

    3台比較

    女性向け軽自動車 徹底比較

    2009年8月、ダイハツから新型車ミラココアが登場した。若い女性ユーザーにターゲットを絞ったかわいらしいデザインが特長で、アルトラパンの対抗....

  • 三菱自動車 サンリオフェア レポート

    イベントレポート

    三菱自動車 サンリオフェア レポート

    8月30日まで三菱自工本社でサンリオフェア開催中!三菱自動車工業株式会社(以下:三菱自工)は、東京・田町にある本社ショールームで、夏休み特別....

  • 「ゼロエミッション」とは

    エコカー用語

    「ゼロエミッション」とは

    ゼロエミッションとは「エミッション(=emission)」とは、「放出」という意味。もともと単に放出されるもの全般を表す言葉だったところ、環....

三菱 アイ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR