北米専売のマツダ 新型CX-50が発表! 注目は大画面モニターやエアコン装備など内装にあり

画像ギャラリーはこちら
2021年11月15日にマツダは北米で新型CX-50を初お披露目した。このモデルは日本市場には投入されない予定だが、2022年度にも日本で発売予定の新型CX-60、そしてCX-80もこちらのモデルと同様のデザインとなる見込みである。今回は北米専売車の新型CX-50の仕上がりを見ていこう。

新型CX-50は大型ディスプレイを採用! エアコン機能も超充実

新型CX-50はこれまでのCX-5などに代表されるSUVモデルとは大きく異なる内装となっている。最大の特徴はセンターに設置された超ワイドディスプレイだ。既存モデル同様にこのモニターにナビやオーディオ、そして車両設定に至るまで操作する仕組みだ。

エアコンは左右それぞれで温度調整が可能なタイプとなっており、シートヒーターはもちろん夏場に嬉しいベンチレーション機能まで完備する。

メーター中央部にはモニターを設置しており、スピード計のほか先進安全装備の作動状況なども表示可能となる。

>>マツダ CX-5の新グレード「フィールドジャー二ー」と「スポーツアピアランス」は何が違う!? その答えは内外装デザインとタイヤにあった

2種類のガソリンエンジンからスタート! のちにハイブリッドモデルも追加

搭載されるエンジンは2種類あり、2.5リッターガソリンエンジンと2.5リッターガソリンターボというラインアップだ。そして全車4WDモデルとなる。

ちなみにのちにハイブリッドモデルが追加される予定となっており、パワーユニットはトヨタのシステムを使用するという。かつて日本で発売されていた先代アクセラにラインアップしていたハイブリッドモデルもトヨタのユニットを使用していたが、新型CX-50も同様となるのだ。

>>マツダ CX-5は2022年以降どうなる? 高価格帯の新型CX-60に対して、CX-5などは低価格モデルで勝負する見込み

新型CX-50は北米専売モデルであるが、現在日本で発売中のCX-5やCX-8のエクステリアや内装とはことなる仕上がりとなっている。それだけに2022年以降に日本で発売予定となっている新型CX-60やCX-80の登場が今から楽しみである。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

マツダ/CX-5
マツダ CX-5カタログを見る
新車価格:
267.9万円407.6万円
中古価格:
69.8万円392.9万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 尾上温泉 旅館 紅鮎

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

マツダ CX-5の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-5のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-5の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-5の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる