新型コンパクトSUV マツダ MX-30|2020年秋にマイルドハイブリッド版から先行デビュー!

画像ギャラリーはこちら
2020年7月31日マツダは、マツダの新世代商品群の第3弾であるコンパクトSUV「MAZDA MX-30(エムエックス サーティー)」を、今秋から日本国内に導入すると発表。なお、東京モーター2019で公開されたEVモデルは、今年度中のリース販売を予定しており、独自のマイルドハイブリッド「e-SKYACTIV G(イー・スカイアクティブ・ジー)」搭載モデルから販売される。

新しい価値を創造する MX-30

マツダは、第46回東京モーターショー2019で世界初公開した、マツダ初の量産EVモデル「MX-30 Concept」の市販モデルを発表した。市販バージョンである「MX-30」は、自動車の常識にとらわれることなく、新しい価値の創造に挑戦した、人とクルマの新しい関係を提案するクルマになっている。

デザイン、解放感のある室内空間、自然由来のインテリア素材、ユーザーが自由な発想で多彩な楽しみ方を創造できるフリースタイルドア。これらを通じて、ユーザー自身が自由な発想で、クルマの多彩な楽しみ方を創造し、より自分らしく過ごせる空間を提供する。

独自のマイルドハイブリッド技術を搭載

新たにラインアップに追加されるマイルドハイブリッドモデルは、直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」に独自のマイルドハイブリッドシステム「M HYBRID(エム ハイブリッド) 」を組み合わせた「e-SKYACTIV G(イー・スカイアクティブ・ジー)」を搭載。

これにより、静かでスムーズな発進と上質なドライブフィールに加えて、モーターのエンジンアシストによる優れた燃費性能を実現する。

300万円を切る価格帯に期待!

MX-30 e-SKYACTIV Gの発売は2020年秋を予定。マイルドハイブリッドのシステム出力や、気になる価格などは現時点では未発表だ。

同じコンパクトSUVのCX-30・SKYACTIV-Xモデル(FF:約329万円~約371万円)よりも求めやすい、300万円前後の価格帯でのデビューに期待したい。

なお、東京モーター2019で公開されたEVモデルは、今年度中にリース販売を開始する予定となっている。

マツダ 新型MX-30 主要スペック

■全長×全幅×全高:4,395mm×1,795mm×1,555mm

■ホイールベース:2,655mm

■パワートレイン:e-SKYACTIV

■タイヤ:215/55R18

■駆動用バッテリー容量:35.5kWh

※数値は欧州仕様車の暫定値

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルふたりこもれ陽

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

マツダの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる