日産 新型スカイライン 目標の約9倍の受注を達成|好評の内外装をチェック!

日産 新型「スカイライン」受注台数1760台を突破

日産は、新型スカイラインが2019年7月16日の発表から約1ヵ月半で1760台の受注を突破したと同年9月4日に発表した。新型スカイラインは同年9月17日に発売する。

>>人気の400Rも! 新型スカイラインの内外装を見る(21枚)

モデルでは「400R」が人気

新型スカイラインの受注実績は、グレード別では世界初の先進運転支援技術「プロパイロット2.0」を搭載したハイブリッドモデルが48%、大幅なパフォーマンス向上を実現したターボエンジンモデルが52%、そのターボの中でも400Rが半分を占める構成比となった。注目度の高いハイブリッドモデルはもちろん、400Rについても計画に対して想定以上の人気の高さとなっている。

400Rは、平均年齢が50代後半のセダン市場において、40代以下のユーザーが3割近く占め、年齢層の若いユーザーが多いことが特徴的だ。ボディーカラー別では、ブリリアントホワイトパールが40%と、最も多くのユーザーに選択されている。さらに、次世代の専用車載通信ユニットにより多彩なサービスを提供するNissanConnectサービス(コネクテッドカーサービス)も好評を得ている。

日産 副社長:星野 朝子氏のコメント

新型「スカイライン」の発表以降、多くのお客さまから高い関心をいただき、発売を前に、いち早くお選びいただいたことを非常に嬉しく思っています。また、高速道路でのハンズオフを実現した「プロパイロット2.0」の搭載モデルはもちろん、胸のすく力強い走りを特徴とする400Rにもたくさんのお客さまからオーダーをいただき、改めてこの「スカイライン」というクルマの使命と、特別なブランド価値を実感しています。9月17日の発売からは、更にたくさんのお客さまに、「技術の日産」の先進技術がもたらす「スカイライン」のワクワクを日産の販売店でご体感いただきたいと思います。

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

日産 スカイラインの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 スカイラインのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 スカイラインの中古車検索 日産の記事一覧 日産 スカイラインの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 スカイラインのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる