ザガードの100周年を祝う「アストンマーティン DBS GTザガード」のデザインを発表

アストン×ザ・ガードのスペシャルカー

イギリスの老舗メーカー「アストンマーティン」は60年前より、イタリアの名門カロッツェリアである「ザ・ガード」とパートナーシップ契約を結んできた。今回「ザ・ガード」の創立100周年を記念する「DBS GTザガート」のデザインと詳細を発表した。

史上最強のスペックで登場だ!

ベースモデルはアストンマーティン史上、最高のパフォーマンスを発揮する「DBSスーパーレッジェーナ」だ。このクルマも実は、ザ・ガードと共同開発したモデルで従来モデルよりも大幅に軽量化が図られてる。

パワートレインは5.2リッターV12型ガソリンツインターボエンジンで、最高出力725ps/6500rpm、最大トルク91.8kgm/1800~5000rpmを発揮する。それに組み合わせるトランスミッションはZF社の8速ATだ。気になる加速性能は0~100km/h加速は3.4秒、最高速度は340km/h。そのパフォーマンスを引き出すために、先にも述べたが軽量化が重要な鍵を握っている。ボディにカーボンやアルミなどを随所に使用することで軽量化を図り、車両重量は1690kgに抑えられているのだ。

DB4 GTザ・ガードを現代風にアレンジ

DBS GTザガートは、両者が初めてタッグを組んだ1960年発売した「DB4 GTザ・ガード」のデザインアイコンを随所に散りばめている。その究極が、フロントウインドウからリヤエンドに流れるルーフに彫刻的な造形を施した「ダブルバブルルーフ」である。その姿は、オリジナルのアストンマーティン・ザガートのデザインを彷彿とさせるものだ。この流れるようなラインに、幅広いラップアラウンドのフロントウィンドウを組み合わせることにより、ショルダーラインから上のすべての要素を、優雅な曲線のみで構成することが可能になったという。

力強い造形を描くリヤホイール周辺は、サイドに力強い印象を与えると同時に、DB4 GT ザガートとの関連性を感じさせるデザインを採用。その一方で、アストンマーティン・ザガートのデザインの主な特長となっているユニークなホイールデザイン、ヘッドライト、フロントグリルが、DB4 GTザガートのクラシックなフォルムに現代的な息吹を吹き込むことを狙ったそうだ。

2020年から生産がスタートし、世界限定で19台が生産されるという。

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

アストンマーティン DBSの最新自動車ニュース/記事

アストンマーティンのカタログ情報 アストンマーティン DBSのカタログ情報 アストンマーティンの中古車検索 アストンマーティン DBSの中古車検索 アストンマーティンの記事一覧 アストンマーティン DBSの記事一覧 アストンマーティンのニュース一覧 アストンマーティン DBSのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる