autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 内外装をオーダーメイドできるビュートが登場! 光岡『My Viewt 25th Anniversary』 |発表会レポート

新型車リリース速報 2018/1/18 18:22

内外装をオーダーメイドできるビュートが登場! 光岡『My Viewt 25th Anniversary』 |発表会レポート

関連: 光岡自動車 ビュート Text: 松田 タクヤ(オートックワン編集部) Photo: 松田 タクヤ(オートックワン編集部)
画像ギャラリーはこちら

ビュート誕生25周年を記念して、ビュートの特別仕様車が登場!

光岡自動車は、1962年に創業した新車/中古車ディーラー・輸入車ディーラーを主とする自動車メーカーである。

創業当初は板金塗装や整備をしていた工場だったが、1994年に制作したロータス・スーパーセブンのレプリカ車「ゼロワン」が組立車として認可されたことをうけ、日本で10番目の自動車メーカーとしてスタートした。

主に大手自動車メーカーから車の供給をうけ、独自のスタイリングにリファインしてから販売するスタイルが特徴で、大手メーカーでは作ることができないレトロな外観をもった車をラインナップに多く加えている。

2018年1月18日、港区麻布のショールームで行われた発表会では、誕生25周年となる「ビュート(美遊人)」の特別仕様車が発表された。

ビュートは、1993年に日産 マーチのK11型をベース車両として開発された車で、間もなく50年を迎える光岡自動車の中で、最も長い販売期間と最も多い販売台数をもつロングセラーモデルだ。

今回発表されたビュートは3代目のモデルとなり、ベース車両はマーチのK13型をベースとしている。

『My Viewt 25th Anniversary』と名付けられた今回の特別仕様車は、62色のボディカラー、4色の本革シート、6色の化粧パネル、さらにはシートのパイピングやステッチの色まで自由に選択できるようにした。

個性的なビュートをさらに”自分らしく”カスタマイズできる、ビュート25周年記念車の『My Viewt 25th Anniversary』の発表会をレポートする。

>>My Viewt 25th Anniversaryの詳しい画像を見る!【画像60枚】

創業50年を迎える光岡自動車、100周年でも愛される会社作りをしていく

「光岡自動車は、2018年2月1日で50周年を迎えます。弊社の会長も78歳になりましたが、まだまだ元気でこれからも色々なことをやるぞと言っており、これだけは伝えてくれと言われてここに来ました(笑)

本日発表することはできませんが、50周年を記念する商品の発表も決定しておりますので、時期が来ましたら追って発表させていただきます。

創業50年、そしてこれからの50年。光岡自動車を100歳までゆっくりと育てていきたいと思っており、これからもみなさんに愛される会社づくりを進めてまいります。」

このように、光岡自動車代表取締役社長の光岡章夫氏はコメントした。

50周年記念の商品とは何か!?

たとえ販売台数が少なくても、ビュートの25年は光岡が歩んできた証である

「初代ビュートは9千100台、2代目ビュートは1千400台、3代目ビュートは1千100台を販売しており、これまでに累計で約1万2千台を販売しました。25年間で1万2千台の販売ですから、計算してみるとひと月に40台を手作業でコツコツと製作し、送り出してきたということになります。

国内トップクラスの販売台数をもつ車であれば、ひと月に2万台を優に超えるモデルもあります。しかし、たとえ販売台数が少なくともビュートの25年間は感慨深いものであり、長い軌跡であり、私たちが歩んできた証でもあります。

光岡ビュートを購入していただいたお客様は、他の人が乗っておらず、クラシカルだけどどこか人懐っこいというデザインに惚れ込んだ方がほとんどです。そんなビュートでもっと自分らしさを表現できるMy Viewt 25th Anniversaryを、ぜひじっくりと見ていただきたいと思います。」と、光岡自動車執行役員の渡部稔氏はコメントした。

選ぶ楽しみを感じながら自分色のビュートが作れる「My Viewt」

光岡 ビュート
光岡 ビュート

「誕生から25年が経ったビュートですが、25年と言うと長い歴史があるように思えます。しかし、人間に例えてみるとまだまだ若者であり、私たちはそんなビュートをこれからもどんどん育てていきたいなと思っております。

ビュートはデザインのコンセプトを殆ど変える事のない車として、単一車種で長年愛され続けている世界的にも珍しい車種です。

今回発表するMy Viewt 25th Anniversaryはその名の通り、お客様が自分だけのビュートを作り上げるというコンセプトで開発しました。

特別な車であることを表現するために、グリルとリアのエンブレムを専用のものに変更しております。4色の本革シートや6色に増えた内装の化粧パネルは、すべて職人によるこだわりの手仕上げです。

自分の趣味趣向で食事や買い物をするように、自由に何かを選んでいくというのは誰もがドキドキワクワクする楽しいことです。

選ぶ楽しみを感じながら自分色のビュートをお客様自身が作れる、これがMy Viewt 25th Anniversaryになります。」と、光岡自動車 開発課課長の青木孝憲氏はコメントした。

小さな工場 光岡自動車が作り続けるのは、車が生み出す”夢”そのものだ!

「My Viewt 25th Anniversary(マイビュート25周年記念特別仕様車)」は、2018年1月20日から12月24日までのあいだ期間限定で販売される。

開発陣は触れていなかったが、車両本体価格がいままでのビュートと同価格に設定されているのが凄いことだと思う。

外装62色、内装の化粧パネルは6色、本革シートのメインカラーは4色から選べ、さらにステッチやパイピングの色変更が可能なので、ほとんどオーダーメイドなのだから。

2018年2月1日で50周年を迎える光岡自動車は、さまざまな50周年企画やイベント、さらには新型車の発表も控えているというので楽しみだ。

光岡自動車のキャッチコピーは「小さな工場には夢がある」だ。車に個性や拘りを強く求めるオーナーは沢山いる。たとえ少量しか生産されない車だとしても、そんな人たちに夢を与え続ける車造りを、これからも光岡自動車には続けて欲しいと思った。

[Text:松田 タクヤ(オートックワン編集部) Photo:オートックワン編集部/光岡自動車]

光岡 ビュートの主要スペック
車種名 光岡 ビュート 12ST ※全6グレードのうち12TSを抜粋
グレード 12ST

パワートレイン DOHC水冷直列3気筒ガソリンエンジン
トランスミッション エクストロニックCVT(無段変速機)
価格(消費税込) 238万6800円
全長 4,515mm
全幅(車幅) 1,680mm
全高(車高) 1,550mm
車両重量 1,035kg
乗車定員 5人
ホイールベース 2,450mm
エンジン型式 HR12DE
排気量 1.198cc
エンジン最高出力 58kW(79PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク 106N・m(10.8kg・m)/4,400rpm
燃料 無鉛レギュラーガソリン

光岡 ビュートの関連リンク

光岡、映画「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」とコラボした「ビュート」を限定20台発売

光岡 ビュート オッターヴァ 新型車速報 ~ライフスタイルクラシック放送「OTTAVA」の世界を具現化~

ミツオカが限定4台の特別仕様車を発表|ヒミコ 乱〈RAN〉発表会

光岡、ビュートとリューギに特別仕様車“モダン”を設定

光岡、ビュート誕生25周年記念の特別仕様車を発売

光岡自動車 ビュート の関連編集記事

光岡自動車 ビュートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

光岡自動車 ビュート の関連編集記事をもっと見る

光岡自動車 ビュート の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!