三菱 eKスペース[e-Assist] 2015年モデル 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/4)

三菱 eKスペース[e-Assist] 2015年モデル 試乗レポート/渡辺陽一郎
三菱 eKスペース カスタム T[e-Assist](2015年モデル)[FF/ボディカラー:レッドメタリック/ブラックマイカ] 試乗レポート/渡辺陽一郎 三菱 eKスペース カスタムT/eKスペース G[e-Assist](2015年モデル) 試乗レポート/渡辺陽一郎 三菱 eKスペース G[e-Assist](2015年モデル)[FF/ボディカラー:ショコラブラウンパール/ホワイトパール] 試乗レポート/渡辺陽一郎 三菱 eKスペース G[e-Assist](2015年モデル)[FF/ボディカラー:ショコラブラウンパール/ホワイトパール] 試乗レポート/渡辺陽一郎 画像ギャラリーはこちら

新型車デビューの後も地道に繰り返される「一部改良」の理由とは

三菱 eKスペース カスタムT/eKスペース G[e-Assist](2015年モデル) 試乗レポート/渡辺陽一郎三菱 eKスペース G[e-Assist](2015年モデル)[FF/ボディカラー:ショコラブラウンパール/ホワイトパール] 試乗レポート/渡辺陽一郎

商品は内容にかかわらず、ライバル同士が互いに競争しながら進化している。進化の先を行く商品が好調に売れて、そうでない商品は売れ行きを落とす。

商品の中で、特に激しい競争を展開しているのがクルマだろう。人や荷物を乗せて移動するツールだから、比較される機能も幅広い。居住性、積載性、走行性能、乗り心地、さらに内外装のデザインまで比べられる。

クルマは環境負荷が大きく、交通事故も防がねばならない。マイナスの側面も多く、排出ガスの浄化機能や安全装備の充実も大切だ。高額商品で経済性が重視されるから、燃費の良さ、価格の安さも求められる。これらがすべて比較され、売れ行きを左右する。

そのためにクルマは、新型車として発売された後も細かな改良を行う。一般的に変更の規模が小さいと一部改良、規模が大きくなるとマイナーチェンジと呼ぶが、厳密な定義はない。トヨタ、日産、ホンダなどはこの2つの表現を使い分けるが、スズキは「一部仕様を変更」といった表現で、三菱は一部改良としている。

今回は目立たず話題になりにくいが、それでも大切な一部改良に焦点を当てたい。4月23日に実施された「三菱 eKスペース」「日産 デイズルークス」の一部改良だ。基本的な内容は同じだから、新型 eKスペースでその成果を見ていきたい。

一部改良で2015年度の新・エコカー減税にも適合

三菱 eKスペース カスタム T[e-Assist](2015年モデル)[FF/ボディカラー:レッドメタリック/ブラックマイカ] 試乗レポート/渡辺陽一郎三菱 eKスペース カスタム T[e-Assist](2015年モデル)[FF/ボディカラー:レッドメタリック/ブラックマイカ] 試乗レポート/渡辺陽一郎

変更点で最も注目されるのはエンジンの改良である。ノーマルエンジン搭載車は以前からアイドリングストップを装着しており、時速9kmまで速度が下がると、エンジンが停止した。

改良後はエンジン停止の速度を時速13kmに引き上げた。その分だけアイドリングストップしている時間が長く、2WDの場合、JC08モード燃費は従来の26km/Lから26.2km/Lに向上した。

「わずか0.2km/Lで何が変わるのか」と思うが、理由は2つある。

ひとつは発進と停止を繰り返す使い方では、時速13kmでエンジンを停止させれば、燃費数値以上の節約効果が期待できることだ。

2つ目はエコカー減税の対応。eKスペース・2WDの車両重量(920~940kg)で、JC08モード燃費が26.1km/Lに達すると、平成32年度燃費基準プラス10%を達成できる。従来の26km/Lでは、同基準は達成できてもプラス10%にならなかった。

三菱 eKスペース G(2015年モデル)[FF/ボディカラー:ショコラブラウンパール/ホワイトパール] 試乗レポート/渡辺陽一郎三菱 eKスペース G[e-Assist](2015年モデル)[FF/ボディカラー:ショコラブラウンパール/ホワイトパール] 試乗レポート/渡辺陽一郎

変更後は、平成32年度燃費基準プラス10%になったことで、自動車取得税の減税率が従来の60%から80%に向上。自動車重量税も従来は50%、変更後は75%になる。

この変更で節約できる税額は「eKスペース G・e-アシスト」の場合で、自動車取得税が7300円、自動車重量税が1900円、合計すれば9200円だ。

9200円の違いは多額なのか小額か。軽自動車では、ライバル同士で購入条件を比べられ、買う車種が左右されることも多い。また値引き額も小型&普通車に比べると小額で、車両本体から10万円の値引きがあれば多い部類に入る。だから減税額の9200円も大切なのだ。

ちなみに減税の効果により、購入時に納める自動車取得税と同重量税の合計額は、eKスペース G・e-アシストの場合で6600円と安い。車両価格は変更前と同じ144万7200円だから、燃費向上と減税率の拡大分だけ、ユーザーの負担が軽減された。

[ターボモデルも進化を遂げた・・・次ページへ続く]

1 2 3 4 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

三菱 eKスペースの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 eKスペースのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 eKスペースの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 eKスペースの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 eKスペースのニュース一覧

日産 デイズルークスの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 デイズルークスのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 デイズルークスの中古車検索 日産の記事一覧 日産 デイズルークスの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 デイズルークスのニュース一覧

試乗レポートの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事