autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ E350ブルーテック 試乗レポート

試乗レポート 2010/3/29 20:20

メルセデス・ベンツ E350ブルーテック 試乗レポート(1/4)

関連: メルセデス・ベンツ Eクラス Text: 日下部 保雄 Photo: オートックワン編集部
メルセデス・ベンツ E350ブルーテック 試乗レポート

E350ブルーテックはエコカー減税「100%免税」に

昨年デビューしたEクラスには、メルセデスの環境技術を搭載した「ブルーエフィシェンシー」と呼ばれるモデルがラインナップされている。

1.8リッターの直噴ターボを搭載した「E250 CGI ブルーエフィシェンシー」では、ガソリンエンジンのダウンサイジングを図ったが、メルセデスが本気で取り組んでいるディーゼルもこのブルーエフィシェンシーの一員として加わった。

E350 ブルーテック

E350ブルーテックは、欧州ではユーロ6に適合しており、日本のポスト新長期規制にも対応しているため100%のエコカー減税を受けることができる。

ちなみに、ポスト新長期規制をクリアした輸入車はE350ブルーテックが初である。国産車でポスト新長期規制をクリアしている「日産 エクストレイルディーゼル」は、まだマニュアル車のみなので、メルセデスに後れを取った形だ。

ステーションワゴンとセダンの両方にブルーテックを搭載したことから、メルセデスのディーゼルに対する意気込みが伺える。

また、E350ブルーテック ステーションワゴンは世界で初めてのデビューであり、付け加えるならばEクラスにはハイブリッドカーも将来のブルーエフィシェンシーとして控えている。

E350 ブルーテックE350 ブルーテックE350 ブルーテックE350 ブルーテックE350 ブルーテック

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連編集記事

メルセデス・ベンツ Eクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連編集記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR