マツダ 新型MAZDA2 試乗│クラスを超える上質さに、ちょっと戸惑う私

  • 筆者: 伊藤 梓
  • カメラマン:小林 岳夫
画像ギャラリーはこちら
2019年7月、マツダのコンパクトモデルであるデミオがMAZDA2へ改名。それにあわせ、これまでのコンパクトカーの概念を打ち破り、見る人の心を動かすエレガントさ、新鮮さと存在感を高め、1クラス上の質感を手に入れた。今回は、そんな新しいMAZDA2を自動車ライター 伊藤 梓がレポート!
目次[開く][閉じる]
  1. クラスを超え上質感が増したMAZDA2
  2. すべての質感が高まったMAZDA2では、ガソリンエンジンだと少し物足りない?
  3. MAZDA2によって、クルマ本来の楽しさが伝わってほしい

クラスを超え上質感が増したMAZDA2

もしコンパクトカーを選ぼうと思った時、身の丈にあったクルマがいいのか、それともクラスを超えるような上質なものがいいのか……。MAZDA2に乗ってからずっとそんなことを考えていた。マツダのコンパクトカーであるデミオが名前をMAZDA2に改めてマイナーチェンジしたが、デミオだった頃は前者で、MAZDA2になった今は、はっきりと後者になったように思う。

これまで少しやんちゃな子犬のような顔をしていたのが、すっきりとシンプルなデザインになって、全体的に角を立てずに丸くなった印象だ。セラミックメタリックという陶器のような白ともグレーともつかないシックなボディカラーが今回から新たに追加されたのも頷ける。マツダのイメージカラーである赤だけではなく、こういったホワイト系の上質なカラーリングが似合うようになった。

上質感が増したMAZDA2を画像でチェック!

すべての質感が高まったMAZDA2では、ガソリンエンジンだと少し物足りない?

実際に新型MAZDA2に乗り込んでみても同じ印象を受ける。包み込まれるような空間に1クラス上のクルマのような質感。新素材のシートを採用していることと、構造上ボディの間に隙間があった部分を埋めたりすることで静粛性をより高めたことが大きいような気がする。サスペンションの改良によって、乗り心地もデミオより突き上げが少なくなっているので、それも上質さに輪をかけているようだ。心地の良い椅子に体を預けて、静かな空間に身を置いていると、自分だけの部屋にいるような気持ちになる。

デミオは、良くも悪くも「コンパクトカーなり」というか、全ての質感がMAZDA2よりも軽くて、こちらはこちらで気負わずに毎日気楽にスイスイ乗れる良さがあった。エンジンもディーゼルだとちょっと重たくて、パワーもやりすぎに感じるくらいだったので、ベストチョイスは軽やかに走れるガソリンエンジンだと思っていた。

ところがMAZDA2になって、すべての質感が高まったクルマを運転していると、1.5Lのガソリンエンジンだと少し物足りないと感じるほど。パワーは問題ないのだが、必要なトルクを出すのに思ったより回転数を上げなければいけないので、エンジンの音が高まるにつれて、アクセルを踏み込むのに少し躊躇する。もちろん1.5Lのディーゼルエンジンもディーゼルらしい音はするのだが、頑張ってエンジンを回さなくても、どこからでも余裕を持って加速できるから、MAZDA2全体の質感に合っているし、より安心してクルマに体を預けて運転できるような気がした。

MAZDA2によって、クルマ本来の楽しさが伝わってほしい

「でも、280万円かぁ……」。

乗っていたモデルは最上級グレードのXD L Package(4WD)+諸々オプション付きだったので、もはや値段もコンパクトカーを超えてしまっている。ガソリンモデルは150万円代からあるが、新しいMAZDA2くらいにきちっとした質感があるクルマだと、やっぱりハイグレードを選びたくなってしまう。もちろんオーナーが手にして心から満足できるクルマはとても大切だが、コンパクトカーであればもう少し気軽にクルマを買えそうな値段のモデルがもっと魅力的だといいのに、とも思う。

冒頭に自問自答していたことをもう一度思い返す。やはりコンパクトカーは身の丈に合った選択ができるから良いのだろうな、と。

MAZDA2はとても良いクルマになっているからこそ、今のマツダの上質すぎるプロモーションだけの印象だけでは少し言葉足らずに思える。

“良いクルマ”を手に入れれば、毎日の運転を楽しくしたり、もっと遠くへ行ってみたいと思ったり……そんな風に日常を優しく変えてくれる存在になってくれる。そのことがユーザーにもっと伝わればいいなと感じた。

[筆者:伊藤 梓/撮影:小林 岳夫]

マツダ2 デザイナーインタビュー編はこちら

マツダ MAZDA2 主要スペック比較表
グレード名15S Lパッケージ ATXD Lパッケージ 4WD AT
価格(消費税込み)209万円267万円
全長×全幅×全高4065mm×1695mm×1525mm4065mm×1695mm×1550mm
ホイールベース2570mm2570mm
駆動方式FF4WD
車両重量1060kg1240kg
乗車定員5名5名
エンジン種類直列 4気筒 DOHC直列 4気筒 DOHC
総排気量1496cc1498cc
エンジン最高出力81kW(110PS)/6000rpm77kW(105PS)/4000rpm
エンジン最大トルク141Nm(14.4kg・m)/4000rpm250Nm(25.5kg・m)/1500rpm
トランスミッションフロア 6フロア 6
使用燃料レギュラー軽油
タイヤサイズ185/60R16185/60R16
この記事の画像ギャラリーはこちら
伊藤 梓
筆者伊藤 梓

グラフィックデザイナー時代にミニカーの商品を担当するようになってから、どっぷりと車に魅了されるように。「こんなに人を惹きつける車というものをもっとたくさんの方に知ってほしい」と、2014年に自動車雑誌の編集者へと転身。2018年に、活動の幅を広げるために独立した。これまでの経験を活かし、自動車関係のライターのほか、イラストレーターとしても活動中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

マツダ MAZDA2の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ MAZDA2のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ MAZDA2の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ MAZDA2の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ MAZDA2のニュース一覧

試乗レポートの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事