ラグジュアリーなのに本格悪路走行もこなすレクサス最上級“四駆”「LX」試乗レポート(1/3)

ラグジュアリーなのに本格悪路走行もこなすレクサス最上級“四駆”「LX」試乗レポート
レクサス LX570 画像ギャラリーはこちら

ランドクルーザー200をベースに開発

レクサスはトヨタの高級車ブランド。北米では1989年に開業したが、日本国内にレクサス店が設けられたのは2005年であった。海外に比べて参入が遅れたが、今では10年を経てバリエーションが充実してきた。

2015年のレクサスの注目車はフルモデルチェンジを受けた「RX」だが、インパクトという点では『LX』の国内導入も見逃せない。

レクサス『LX』はトヨタ「ランドクルーザー(200)」をベースに開発され、現行型は海外では2007年に登場した。なので新しいクルマではないが、日本国内の発表は2015年8月20日(発売は9月14日)だから、新型車と表現しても良いだろう。

レクサス『LX』の詳細解説は8月20日に掲載したので、今回は試乗した印象を述べたい。

実用性はランドクルーザーと同等

前述のようにボディの基本部分は「ランドクルーザー」と共通だが、ボディ後端のピラー(柱)の形状などは異なっている。変更を加えたところは多い。

ボディはかなり大柄で、全長が5065mm、全幅は1980mm、全高は1910mmに達する。「ランドクルーザー」と全幅は同じだが、全長は『LX』が115mm長く、全高も30mmほど高い。スピンドルグリルを備えたフロントマスクは大胆でかなり目立つ。

車内に入るとインパネの形状も「ランドクルーザー」とは違う。質感はレクサスのセダンと変わらず、インパネの中央には12.3インチのワイドなディスプレイが備わる。

前席はサイズに余裕があり、腰を包む形状で座り心地は快適だ。このあたりもレクサス車らしく造り込んだ。

後席(2列目シート)は、床と座面の間隔が不足して膝が持ち上がりやすい。耐久性の優れたフレーム構造を採用し、なおかつ最低地上高を225mmに高めたことで、床が大きく持ち上がったからだ。なので乗降性も良くない。

後席の着座姿勢は不満だが、スライド位置を後端まで寄せると足元空間は相応に広がる。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先には握りコブシ2つ半の余裕があった。

荷室には3列目の補助席も装着されるので、片道30分程度の距離であれば多人数の乗車も可能だ。こういった実用性は「ランドクルーザー」と同等である。

ボディカラー:ソニックチタニウム/インテリアカラー・シートカラー:サンフレアブラウン/タイヤ&ホイール:275/50R21 110Hタイヤ&21×8 1/2Jアルミホイール(切削光輝)ボディカラー:ソニックチタニウム/インテリアカラー・シートカラー:サンフレアブラウン/タイヤ&ホイール:275/50R21 110Hタイヤ&21×8 1/2Jアルミホイール(切削光輝)ボディカラー:ソニックチタニウム/インテリアカラー・シートカラー:サンフレアブラウン/タイヤ&ホイール:275/50R21 110Hタイヤ&21×8 1/2Jアルミホイール(切削光輝)ボディカラー:ソニックチタニウム/インテリアカラー・シートカラー:サンフレアブラウン/タイヤ&ホイール:275/50R21 110Hタイヤ&21×8 1/2Jアルミホイール(切削光輝)
1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

レクサス LXの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス LXのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス LXの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス LXの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス LXのニュース一覧

試乗レポートの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事