レクサス 新型LXオフロード試乗┃ボコボコの岩盤の上でも“レクサスらしさ”を感じさせる悪路走破性

画像ギャラリーはこちら
14年ぶりにフルモデルチェンジを行い、4代目となる新型モデルが2021年12月末に登場したレクサスのフラッグシップSUV「LX」。そんな新型LX600のインプレッションを自動車ジャーナリストの今井優杏さんが「公道編」と「オフロード編」の2回に渡りお届けする。今回は、前回の公道編に引き続き「オフロード編」をお届けする。
目次[開く][閉じる]
  1. 新型LXはランクルのレクサス版ではなく、れっきとしたレクサスのフラッグシップSUV
  2. 富士スピードウェイ内には本格オフロードコースが存在
  3. ボコボコの岩盤の上でも“レクサスらしさ”を感じさせる悪路走破性
  4. オフロード走行中でも究極のリラックスを体感できる後席

新型LXはランクルのレクサス版ではなく、れっきとしたレクサスのフラッグシップSUV

前回は、レクサス 新型LX600の公道試乗の様子をお届けした。その際に一般道で感じた乗り心地の劇的進化の理由やメカニズムなどに触れた。が、まあ新型LX600という特別なモデルであれ、LXはレクサスなんだから、オンロードはそりゃ〜イイのが当たり前ってモノ。そう考えるのが妥当だろう。

では、肝心のオフロードはどうかだ。ご存知の通りLXはトヨタのランドクルーザーと兄弟車という関係。しかし、今回は開発陣自らが「新型LXは“ランクルのレクサス版ではなく、設計段階からレクサスのフラッグシップSUVとして、作り上げて来ました」と豪語している。とすれば、この“レクサスのフラッグシップ”としての本領を発揮できるのは、オフ/オンどちらに用意されているのか。

試乗する前はきっと、オンロードにあるのだろうと思っていたし、実際にとても良かった。

しかし正直、オフロードで乗った新型LXは、オンロードよりも“さらに良かった”と言える。

富士スピードウェイ内には本格オフロードコースが存在

試乗コースはなんと、富士スピードウェイ。ここでオフロードを体験させてくれるとのことだったが、え? 富士スピードウェイにオフロードなんかあったっけ。おそるおそる向かってみると、本当にあった。しかもかなり本格的。

通い慣れた富士スピードウェイの、しかもショートコースの上にこんな施設があったとは。

聞けば以前からも存在していたそうだが(私はスケジュールの都合で不参加だったが、以前ハイラックスの試乗会にも使用したという)、今回は新型LX試乗会のために、イチから整備し直したんだそう。いやはや、実にもったいない。是非このまま保管して常設のコースにし、他メーカーの試乗会などに積極的に貸し出していただきたいくらいだ。

…と感じ入るほどに、そのコースは本気のオフロードであった。しかも前日の雨で、ぬかるみMAX。人の脚では走破出来ないレベルで、余談だが事実、カメラマンさんは体力を消耗しきっていた。

そのコースを、まあ端的に言えば新型LXは凄まじくヒラリヒラリと乗り越えた。しかも、至極ジェントルに。

どう考えても地面に突き刺さりそうなダウンヒルでも、そそり立つ壁のような勾配の、滑る岩場を登るときでも、そして前後輪が浮くような、トリッキーな接地でも。

いや、状況が過酷になればなるほど、レクサスらしい上質さが際立つと言っても良い。どんな状況でも室内はとても静かで、とてもフラットだったのだ。

ボコボコの岩盤の上でも“レクサスらしさ”を感じさせる悪路走破性

圧倒的な悪路走破性のベースには、オフローダーには必須である、マルチテレインセレクトの進化がある。新型LXには6つのモードが用意されていたが(オート/ダート/サンド/マッド/ディープスノー/ロック)、新型でもこれを踏襲し、さらに磨きをかけたという。従来のブレーキ油圧に加え、駆動力とサスペンションを統合制御し、ドライバーが選択したモードに応じて最適化させる。また、従来型ではローレンジ(L4)のみだった動作範囲をハイレンジ(H4)にまで拡張し、未舗装路の高速走行まで対応させたというから、これはちょっと腕のある走り好きにも歓迎される制御になったと言えるだろう。また「各種センサーの情報から走行中の路面状態を推定し、ブレーキ油圧、駆動力、サスペンション制御を最適化するオートモードをレクサスに初採用しました」とのことだから、これも凄い。

事実、オフロードコースでは「この程度の道ならオートで全然いけちゃいます」と、けっこう怯んでしまうような路面の走行を指示されたのだが、本当に呆気ないくらいスルンと走り抜けてしまったので、思わずあとで路面を確認しに行ってしまったくらい。

さらに本格的にオフロードコースを走ろうと思えば、クロールコントロールを多用すれば良い。

クロールコントロールとは、超悪路走行時をアシストするトヨタの技術で、駆動量とブレーキ油圧を自動で制御するというものだ。これを使えばドライバーはアクセルやブレーキを操作せずとも、ステアリング操作のみで極低速にて、悪路からの脱出が容易になる。このブレーキ制御が電子制御になり、また新しい高性能ESCモジュレータを採用したことによって、かなり繊細に制御を行えるようになった。

作動は至極簡単。クロールコントロールスイッチを押して、5段階ある速度を任意で設定するだけ。ちなみに、今回体感したようなハードな悪路だと、一番低い1km/hの設定をオススメされた。

これがもう、圧巻の走破性なのだ。え? こんなところまで? と思うような道を、実に涼しい顔してクリアする。「ああ、レクサスだ…」ボコボコの岩盤の上でも、そう思わせられる。

さらに驚いたのは、ダウンヒルの際に介入するブレーキ制御のキメの細やかさが段違いに向上したこと。“ダウンヒルでもレクサス”な、オフロードに似つかわしくないエレガンスを手に入れた。先代ではブレーキを踏む・離すに加えてタイヤの空転防止の制御が荒く、制御が入っている間は終始ユサユサと車体が揺れ、またそのたびギシギシと過激な音が室内外にも響いていたが、これがベツモノのように静かに、そして滑らかになった。

そしてさらに、視覚的な安心もある。

オフロードコースは狭小で、さらにすぐ横が崖! なんていうシチュエーションも多い。そんなとき、車両周辺の状況を4つのカメラで撮影した映像を、ほぼタイムラグなくディスプレイに表示させてくれる。また、手前で撮影された過去の映像を床下透過映像として提供し、現在の車両やタイヤ位置を示す線を合成することで、車両下の状態や前輪の位置を確認できるという機能も。

これは実際の走行中、かなりの効果を発揮する。視覚的に「まだ行ける」という安心感を得ることで、ライン取りの幅も増えるし、なにより怖くないのだもの。

オフロード走行中でも究極のリラックスを体感できる後席

今回は、後部座席でもこのオフロードを体感させていただいた。

一番ラグジュアリーな4座シートを備える「エグゼクティブ」では、NASAが提唱する「中立姿勢」を参考にリクライニング姿勢を設計している。この着座姿勢はリアコントロールパネル内の“リラックスモード”を選択することにより、ワンアクションでセット出来るのだが、この姿勢でオフロードに行くと、恐ろしいくらいに“なんともない”のだ。いや、嘘じゃない。本当に「え? 今なにか起こってます?」っていうくらい、登坂中であってもダウンヒル中であっても、身体のどこにも余計な力が入らない…なにこれ? 究極のリラックス。不思議な体験だった。

実は今後、LXオーナーを対象に、このコースでのオフロード試乗会を計画しているのだという。もちろん、オフロードコース専用のデモカーが用意されるので、オーナーとて自分のクルマを泥や岩の危険に晒すことはないからご安心いただきたい。

このようにレクサスは今後、体験などを提供するという試みも始めていくようなので、今もしかしたらレクサスオーナーになると、なんだかワクワクするようなアレコレを提供してもらえるかもしれない。

そういうホスピタリティも含めて、非常に魅力的であることは間違いない1台だった。

[筆者:今井 優杏 撮影:小林 岳夫]

レクサス/LX
レクサス LXカタログを見る
新車価格:
1,250万円1,800万円
中古価格:
794.1万円3,100万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

今井 優杏
筆者今井 優杏

自動車ジャーナリストとして、新車や乗用車に関する記事を自動車専門誌、WEBメディア、一般ファッション誌などに寄稿しながら、サーキットやイベント会場ではモータースポーツMCとしてマイクを握り、自動車/ モータースポーツの楽しさ・素晴らしさを伝える活動を精力的に行う。近年、大型自動二輪免許を取得後、自動二輪雑誌に寄稿するなど活動の場を自動二輪にも拡げている。AJAJ・日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 夢乃井庵 夕やけこやけ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

レクサス LXの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス LXのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス LXの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス LXの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス LXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる