ラグジュアリーなのに本格悪路走行もこなすレクサス最上級“四駆”「LX」試乗レポート(2/3)

ラグジュアリーなのに本格悪路走行もこなすレクサス最上級“四駆”「LX」試乗レポート
レクサス LX570 画像ギャラリーはこちら

舗装路と悪路のそれぞれに、各5種類の走行モードを設定

エンジンは量販される国産乗用車では史上最大のV型8気筒5.7リッター。最高出力は377馬力(5600回転)、最大トルクは54.5kg-m(3200回転)だ。「ランドクルーザー」の4.6リッターに比べると、59馬力/7.6kg-mの上乗せになった。

レクサス『LX』は装備も充実するから車両重量が2720kgに達するが、5.7リッターエンジンとあって加速感には迫力が伴う。発進直後、あるいは一定速度で巡航している1500~2000回転付近でも底力があり、アクセルペダルを踏み増して4000回転を超えると、速度の上昇がさらに鋭さを増す。

スポーツカーのトヨタ「86」も加速は機敏だが、レクサス『LX』は車両重量、排気量、最大トルクはすべて「86」の2倍以上だ。重量物を強引に加速させる感覚には独特の怖さも伴い、エンジン回転が5000回転付近に達すると、心情的にアクセルペダルを戻したくなった。

V8エンジンだから低振動でノイズも小さいが、音質や鼓動は骨太だ。このあたりも最大排気量のエンジンを実感させる。

レクサス『LX』には可変機能が豊富に装着され、エンジンとAT、ショックアブソーバーの減衰力、ステアリングのギヤ比、さらにエアコンの利かせ方などをドライブモードセレクトで設定できる。選択肢の内訳はエコ/コンフォート/ノーマル/スポーツS/スポーツSプラスの5種類で、自由に組み合わせるカスタマイズも可能とした。

悪路についても、ロック(岩場)/ロック&ダート(岩場やデコボコの激しい路面)/モーグル(ホイールが浮き上がるような大きなウネリのある路面)/ルーズロック(土と石が混ざった滑りやすい路面)/マッド&サンド(ヌカルミや路面抵抗の大きな砂地)という5種類のモードを設け、4WDやブレーキ油圧(空転したホイールに自動的にブレーキを作動させて駆動力の伝達を確保する機能)の作動を選択できる。

このように舗装路と悪路のそれぞれに、各5種類の走行モードを設けた。

舗装路での走行安定性や乗り心地は、付加的な性能にすぎない

今回の試乗は舗装路で行ったので、エコからスポーツSプラスまでを試した。

スポーツSプラスでは、パワーステアリングが少し重くなって乗り心地も硬めになるが、適度な引き締まり感が生じて高速道路の直進時などは安心感が高まる。

乗り心地はレクサスのセダンほど快適ではないが、「ランドクルーザー」で感じた常にブルブルとしたホイールからの振動が伝わる違和感は払拭している。「ランドクルーザー」がベースではあるが、ボディと足まわりに大幅な手を加え、乗り心地を上質な印象に改善した。

自動車評論家の渡辺陽一郎さん

もっとも走行安定性となると、3トン近い車両重量の影響を受ける。カーブに入る時などは、操舵してから少し遅れてボディが傾く。

特に危険の回避を想定してハンドルを切り込みながらアクセルを閉じるような操作をすると、ボディが大きく揺り返す。旋回時の危険回避では、後輪の横滑りを抑えるために横滑り防止装置が作動して、外側に位置する前輪を中心にブレーキを作動させる。

この動きは、どの車種の横滑り防止装置も同じだが、レクサス『LX』ではブレーキの増圧が過度に高い。外側に位置する前輪がブレーキロック(ホイールの回転がほぼ停止して路面の上を滑走する状態)を生じて、タイヤが悲鳴に近い鳴き方をした。

通常の試乗レベルで、横滑り防止装置の作動によってタイヤが鳴くケースは珍しい。「ランドクルーザー」やメルセデス・ベンツ「Gクラス」といった重量級のオフロードSUVに限られる。それだけボディが重く、挙動も乱しやすく、舗装路の走行安定性が苦手なわけだ。

悪路に重点を置いたオフロードSUVでは、舗装路での走行安定性が下がるのは仕方がない。使われ方が過酷な地域では、悪路で立ち往生すると乗員の生命に危険がおよぶこともあるから「走破力ありき」だ。

極悪な路面でも目的地まで完走できることを重視して開発されたオフロードSUVにとって、舗装路での走行安定性や乗り心地は、付加的な性能にすぎない。

レクサス『LX』も「ランドクルーザー」がベースとあって、機能的にはオフロードSUV。ただし外観を見る限り、悪路を走るイメージではないだろう。

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

レクサス LXの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス LXのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス LXの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス LXの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス LXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる