MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート サーキット&公道でレクサスの最新スーパースポーツセダン「GS F」を速攻・徹底試乗

試乗レポート 2015/12/17 11:44

サーキット&公道でレクサスの最新スーパースポーツセダン「GS F」を速攻・徹底試乗(1/4)

関連: レクサス GS F , レクサス GS Text: 河口 まなぶ Photo: 原田淳
サーキット&公道でレクサスの最新スーパースポーツセダン「GS F」を速攻・徹底試乗

サーキットの走り出しからすぐにわかった、その実力

レクサス GS F サーキット&公道試乗レポート/河口まなぶレクサス GS F サーキット&公道試乗レポート/河口まなぶ

お! これは凄いかも!

富士スピードウェイの本コース、ピットアウトしてスグの1コーナーで既に十分な“予感”を覚えた。

最高出力477ps、最大トルク54.0kgmを発生する5.0リッターのV8ユニットが生み出すパワー&トルクは、リアタイヤをあっけなくスライドさせたのだ。

しかし、ドライバーである僕は、全く動揺を感じなかった。なぜならば、リアの滑り方や滑る速度、そしてそれがハンドルを通して手に伝わる感触から、“あ、これはスピンをするような動きでもないし、こちらで余裕をもってコントロールできる”と分かったから。

「これは凄い!」そう確信出来た理由とは

レクサス GS F サーキット&公道試乗レポート/河口まなぶレクサス GS F サーキット&公道試乗レポート/河口まなぶ

そうして1周を走った後で、車両制御安定装置であるVDCとトラクションコントロールをオフにして、再び1コーナーへと進入していった。

ハンドルを操作すると、フロントのタイヤが向きを変えて、その後にクルマ全体の向きが変わっていくことが、まさに“手に取るように”わかりやすい。

さらにそこから、リアが綺麗にスライドを始めて弧を描いていく様も“手に取るように”わかりやすく伝わって来る。ハンドル操作とアクセル操作を上手に組み合わせてあげれば、その流れを維持したまま、コーナーを立ち上がっていける。

そして確信。このクルマ、コントロール性の高さにおいて、クラスの頂点に位置する傑作! と。

「レクサス GS F」はそんな風にして、驚くほどコントロール性の高いクルマだったのだ。

[サーキット領域でGS Fはどう操ることが出来るのか・・・次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

レクサス GS F の関連編集記事

レクサス GS Fの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス GS F の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR