レーサー・中嶋一貴氏プロデュースのレクサス GS FコンプリートカーがTOM’S(トムス)から登場! 新車より安く購入できるかもしれない究極のコンプリートカーだ!【東京オートサロン2022】

画像ギャラリーはこちら
トヨタのレーシングチームを運営し、コンプリートカーやカスタムパーツを販売するTOM’S(トムス)は2022年1月14日(金)〜16日(日)に開催された「東京オートサロン2022」でレクサス GS Fのコンプリートカー「トムス GS F produced by Kazuki Nakajima」を発表した。

FIA公認レースのひとつである日本で人気の「スーパーGT」に、7年間トムスチームのドライバーとして在籍していた中嶋一貴さんがプロデュースしている点も注目度が高い。一体どのようなモデルになっているのだろうか。

目次[開く][閉じる]
  1. 中嶋一貴さん自身も乗り継いでいるからこそGS Fの良さをさらに引き出すカスタムカーを提案
  2. カーボン製パーツや形状にもこだわっている
  3. 新車購入はできないためトムスが中古車を選びコンプリートカーに仕上げていく

中嶋一貴さん自身も乗り継いでいるからこそGS Fの良さをさらに引き出すカスタムカーを提案

中嶋一貴さんは自身でGS Fを所有しており、GS Fへの思い入れも強い。今回のコンプリートカーでは、レーシングドライバーの視点から考えたわずかなカスタムパーツで最大限の力を引き出す”ミニマルコンセプト”のエアロダイナミクスパーツをカーボン素材でまとめたエクステリアが特徴的だ。

エキゾーストはパフォーマンスの向上と心地よいスポーツサウンドを実現する、トムスでは定番の4本出しステンレステールマフラー「トムス・バレル」を用意する。

カーボン製パーツや形状にもこだわっている

機能の追求はそれだけにとどまらない。エクステリアはカーボン製のフロント、サイド、リアディフューザーがレクサス GS Fのスポーティさと上質さをさらに高めている。

フロア下にもこだわっており、ダウンフォースを発揮するような特殊な形状を取り入れている。排気系は専用のエキゾーストシステムやチューニングなどにより、最高出力は500馬力を発揮。見た目のカッコ良さと性能を両立したモデルだ。

新車購入はできないためトムスが中古車を選びコンプリートカーに仕上げていく

レクサスGS Fはすでに販売終了しているモデルであるため、状態の良いレクサス GS Fをトムスが中古車で購入し、コンプリートカーに仕上げるという手法をとる。そのため、車両価格(税込・予定)は展示されたモデルでは832万7000円〜だが、ベース車の状態によって価格が変わる可能性もある。発売は2022年2月中旬の予定だ。

レクサス GS Fは5.0リッターV8エンジンを搭載しており、純正でも477馬力を発揮する高性能スポーツセダンだ。電動化への流れが加速しており、純エンジン車が少なくなっている中で、これほどのポテンシャルを持つセダンに乗れる機会は限られるだろう。

新車では1100万円というプライスタグがつけられていたレクサス GS Fだが、新車で購入するよりも安くコンプリートカーを手に入れられるかもしれないこのチャンス。気になっている人はぜひ検討してみてほしい。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

レクサス/GS F
レクサス GS Fカタログを見る
新車価格:
1,144万円1,144万円
中古価格:
445.3万円1,068.2万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 柳生の庄

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

レクサス GS Fの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス GS Fのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス GS Fの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス GS Fの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス GS Fのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる