MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート サーキット&公道でレクサスの最新スーパースポーツセダン「GS F」を速攻・徹底試乗 3ページ目

試乗レポート 2015/12/17 11:44

サーキット&公道でレクサスの最新スーパースポーツセダン「GS F」を速攻・徹底試乗(3/4)

関連: レクサス GS F , レクサス GS Text: 河口 まなぶ Photo: 原田淳
サーキット&公道でレクサスの最新スーパースポーツセダン「GS F」を速攻・徹底試乗

数々の電子デバイスが意のままのハイスピードドライブを邪魔せずしっかりサポート

レクサス GS F サーキット&公道試乗レポート/河口まなぶ
レクサス GS F サーキット&公道試乗レポート/河口まなぶレクサス GS F サーキット&公道試乗レポート/河口まなぶ

レクサス GS Fはエコ/ノーマル/スポーツ/スポーツ+と4つのドライブモードをセレクトできる。スポーツとスポーツ+ではシフトパターンが専用となって、サーキットでも違和感がない上に素早いシフトアップ/ダウンを行ってくれる。もちろんダウンシフト時のブリッピング等も行ってくれる。

さらにシフトレバーをMポジションに入れれば、変速レスポンスが向上する上に、2~8速が全域でロックアップされるため、MT同様のダイレクトなシフト操作が可能だ。

さらにTVD(トルクヴェクタリングディファレンシャル)と呼ばれる、電子制御の駆動力制御システムは、スタンダード/スラローム/サーキットの3種類を選べる。

また車両制御を統合的に行うVDIMは今回スポーツモード付きで、万が一の場合は車両挙動の乱れを緩和するエキスパートモードも備わっている。

こうしたいくつもの技術の積み上げもあって、GS Fは様々なレベルの誰もが、運転を楽しめる1台に仕上がっている。

欧州の老舗強豪「M5」や「AMG E63」とも戦える高いコントロール性を手に入れた

レクサス GS F サーキット&公道試乗レポート/河口まなぶレクサス GS F サーキット&公道試乗レポート/河口まなぶ

しかも特筆すべきは、そうした制御を解除してもなお、運転が上手くなったと思わせるほど高いコントロール性が維持されること。

ページTOP写真では、コーナーで豪快にクルマの向きを変えてスライドをさせているが、これはVSCスイッチを長押しして、全ての制御を解除した状態で走っている。けれど、僕のドライビングレベルでは、このサイズのサルーンを自在に滑らかにコントロールするなんて結構難しい。だがGS Fをそうして走らせられるのは、やはりこのクルマがいかに素性が良いかの証だし、しっかり作られているかの証といえるだろう。

つまり、ひとつひとつの作りがしっかりとしており、操作系の情報伝達性が極めて優れているからこそ、のコントロール性の高さなのだ。そしてそれがどのくらいのレベルにあるかといえば、BMWのM5と同等以上、メルセデスAMG E63は凌ぐレベルにある。もちろんM5の方が操作感がもっとカッチリとした感覚だし、E63はクルマそのものから感じる豪快さや迫力で勝る。けれど、ことコントロール性の高さに関していえば、GS Fのそれは2台よりも高い、といえるのだ。

[では公道ではどうなのか・・・次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

レクサス GS F の関連編集記事

レクサス GS Fの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス GS F の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR