autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 自動車購入ノウハウ ハイブリッドカーは高額査定が期待できるって本当? ハイブリッド車とガソリン車はどっちがお得?

自動車購入ノウハウ 2018/3/1 17:31

ハイブリッドカーは高額査定が期待できるって本当? ハイブリッド車とガソリン車はどっちがお得?

ハイブリッド車は高額査定が期待できるって本当?

今や見かけない日は無いほど、あたりまえに普及したハイブリッドカー。このカテゴリのパイオニアとして登場したトヨタ プリウスに始まり、コンパクトカー市場のツートップたるトヨタ アクアとホンダ フィット、ミニバンではトヨタのノア/ヴォクシー、アルファード/ヴェルファイア、日産セレナ、ホンダ ステップワゴンなどなど。今や国内で販売されている主要車種のほとんどがハイブリッド専売か、またはハイブリッド搭載グレードを選べるようになっています。

巷ではハイブリッドカーの査定額は高いという噂がありますが、実際のところどうなのでしょうか。また、多くの場合ハイブリッドカーのほうが車両本体価格が高くなりがちですが、迷ったらどっちを買えばよいのでしょうか。解説したいと思います。

ハイブリッドカーは安定した人気を持ち、リセールバリューが高い場合も多い!

冒頭に書いたとおりハイブリッドカーは販売台数上位車種のほとんどを占めています。これはハイブリッドカーが時代のニーズに合って安定した人気を誇っていることの証明にほかなりません。実際にハイブリッドカーの多くは少ないガソリンで効率よく走れるため、燃費が優れています。さらにエコカー減税の対象にもなりやすく、維持費の面で大きなメリットがあります。

新車市場で人気の車種は中古でも人気なので、必然的にリセールバリュー(売却時の価値)が高くなります。これがハイブリッドカーが高く売れる理由です。

ガソリン・ハイブリッド併売車の場合も、ハイブリッドのほうが高く売れやすい

ホンダのフィットやフリード、トヨタ CH-R、日産 セレナといったハイブリッドカーとガソリン車が両方ラインナップされている車種の場合も、ハイブリッド搭載グレードのほうが高く売れやすいといわれます。これは単純にハイブリッドカーのほうが人気があるのに加え、メーカーとしてもハイブリッド搭載車のほうが利益率が高いので、必然的にハイブリッド搭載車が売れる戦略をとるのです。ハイブリッド搭載車のほうが往々にして装備が充実していたり、グレードが豊富に用意されていたりするのはこのためで、これもハイブリッド人気の要因になります。買う側だけでなく売る側のメリットも大きいのがハイブリッドカーなのです。

ガソリンエンジン車とハイブリッドカーはどっちがお得?

それではガソリンエンジン車とハイブリッドカーの場合、トータルで見るとどちらがお得なのでしょうか。先に見たリセールバリューだけでなく、新車購入代金、維持費(ガソリン代)の観点で検証したいと思います。今回はガソリン車とハイブリッドカーが併売されている国民車、ホンダ フィットの2017年モデルで検証してみます。

ハイブリッドカーに1年間乗って売った場合の費用シミュレーション

対象車種:ホンダ フィット ハイブリッド Fパッケージ(2017年型)

車両本体価格:1,815,000円

燃費:34km/L

1年にかかる燃料代:38,824円(※1)

買取額:1,605,000円(※2)

売却額-(新車本体価格+燃料代):-248,824円

ガソリン車に1年間乗って売った場合の維持費シミュレーション/h3>

対象車種:ホンダ フィット 13G(2017年型)

車両本体価格:1,429,000円

燃費:22km/L

1年にかかる燃料代:60,550円(※1)

買取額:1,195,000円(※2)

売却額-(新車本体価格+燃料代):-294,550円

※1:ガソリン代リッター132円で1年に1万キロ走る想定で算出した。なおカタログ燃費を元にしているので、実際の数値はこれと異なる。

※2:実際のオークション情報の平均値を基に算出した。

結論:ハイブリッドカーのほうが45,727円お得

上で見たとおり、ハイブリッドカーのほうがリセールバリューが高いことに加え、燃費が優れる分燃料代も安く収まるので、総合的に見てお得と判断できます。もちろん車種により非ハイブリッドカーのほうが人気の可能性もありますが、燃費が優れる上に装備が充実しているケースが多いので、全体としてはそのほうがレアといえます。

ハイブリッド車の多くはエコカー減税・免税の恩恵が受けられるのでさらにお得

さらに多くのハイブリッドカーの場合、エコカー減税やエコカー免税の恩恵が受けられるので、維持費をさらに安く抑えることができます。

ガソリン車にはない静粛性も人気の理由

ハイブリッドカーが人気のもうひとつの理由は、発進時の静粛性です。ガソリン車と違って主に音のしない電気モーターで発進するので、特に発進時の静粛性が高く、これもハイブリッド人気につながっています。

10年以上経ったハイブリッドカーを売る時は、バッテリーやモーターの劣化に注意

ハイブリッドカーを売る際は、ハイブリッドカー特有のバッテリーやモーターの劣化に注意が必要です。ほかの電子機器と同様、ハイブリッドカーの駆動用バッテリーも充電と放電を繰り返す中で徐々に劣化していきます。これにより走れなくなることはありませんが、ガソリンエンジンへの依存度が増えて本来の性能を引き出せず、燃費が悪化する場合もあります。

近年のハイブリッドカーは性能向上でほとんど考慮不要

先に「劣化に注意」と書いたものの、2010年代後半のハイブリッドカーの信頼性の向上には目覚ましいものがあり、10~20万km走行していてもバッテリーが交換不要な車種も珍しくありません。反対にハイブリッドカー登場初期の車種は、そもそも登録から年数が経っていることもあり、場合によってはバッテリーの交換が必要になる場合もあります。バッテリーの交換は少なくとも50~100万円程度の出費が必要なので注意が必要です。

ハイブリッドだけじゃない!次世代エコカーは需要があるので高く売れやすい

人気アップのクリーンディーゼル搭載車

近年急激に人気が伸びているエコカーが、クリーンディーゼルエンジン搭載車です。エコカー減税の対象になるほか、燃料が軽油なので維持費が抑えられる、低回転域のトルクが力強くて運転しやすいなど、多くのメリットがあります。マツダCX-5を筆頭に、同じくマツダのアテンザやアクセラ、輸入車ではBMWやメルセデス・ベンツ、ミニなど、多くの車種にラインナップされています。

ぞくぞく増えているプラグインハイブリッド(PHV)車

同じく近年各メーカーが力を入れ始めているのが、給電できるハイブリッドカー、プラグインハイブリッド(PHV)車。家庭や公共施設の充電設備で充電し、近~中距離は電気だけで、遠距離は電気とガソリンで走れるという車です。三菱のアウトランダーPHEV、トヨタのプリウスPHV、輸入車ではフォルクスワーゲン ゴルフやミニ クロスオーバーなど、同じく多くの車種に設定されています。使い方によってはガソリンをほとんど使用しないで乗ることもでき、いわばハイブリッドカーの強化版的な見方もできるので、中古車市場においても需要があります。

ハイブリッド車は高額査定が期待できるって本当?ハイブリッド車は高額査定が期待できるって本当?

人気の車は査定額も高い!売るタイミングを逃さないように

これまで見てきたとおり、新車市場で人気の車種は中古車市場でも人気で、リセールバリューも高い傾向があります。ハイブリッドカーをはじめエコカーが人気のトレンドは当面変わらなさそうですが、売るタイミングを逃さないようにしましょう。

あなたの愛車を最高額で売るために

売りたい価格で車を売れる、新感覚の車買取サービス“Ullo”!出品はフリマ形式で、最短50秒で可能です。

Ulloで車を売る3つのメリット

自分で値段を決められるので、納得感が段違い。

中間業者を挟まないから、高価買取が期待できる。

電話営業がないから安心。


>簡単入力で愛車の買取相場をチェックしてみる

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!