日本にない日本車 ホンダ 「欧州シビック」/桃田健史(1/2)

日本にない日本車 ホンダ 「欧州シビック」/桃田健史
ジュネーブショー2013 ホンダブース ジュネーブショー2013 ホンダブース シビックベースのレーシングカー シビック ツアラー・コンセプ 画像ギャラリーはこちら

ジュネーブショーで明らかになった、様々な事実

シビック ツアラー・コンセプNSXコンセプト

「なるほど、そういうことなのか!?」

 ジュネーブショーで、”欧州シビックの今後”がハッキリと見えた。そこには、次期「タイプR」の日本導入の可能性が見え隠れしていた。

ホンダは今回のショーで、2台をアンベールした。

1台は、「NSXコンセプト」Ver.2。今年1月北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー)で世界初公開されており、これは欧州デビューの場となった。

もう1台が、メインターンテーブルに置かれた、「シビック・ツアラー・コンセプト」だ。今年9月フランクフルトショーで量産型を発表。来年に発売予定だ。

このCセグメントワゴンは最近、注目されるセグメントだ。欧州では長期の景気低迷のため、クルマのダウンサイジングが進んでいる。そのなかで、DセグメントからCセグメントへの移行では、「少しでも車内が広い方が良い」という、ユーザーの声が多い。そのため、VWは新型「ゴルフ・ヴァリアント」、トヨタは「オーリス・ツーリングスポーツ」を投入する。ホンダもこのトレンドをキャッチアップするのだ。

さて、ホンダブース内には、もっと目立つクルマがあった。それは、2012年からWTCC(世界ツーリングカー選手権)に登場している、「シビック」ベースのレーシングカーだ。 2013年からのフル参戦が決定している。

今回の記者発表では、同車の技術をフィードバックした次期「タイプR」の開発を、今年中に独ニュルブルクリンクで開始することも明らかになった。欧州での発売は2015年である。

こうした欧州でのホンダの動きは、当然ながら、ひとつの綱で強く結びついている。

背景にある、ホンダの欧州での苦戦

ジュネーブショー2013 ホンダブース

「欧州市場ねぇ、いやぁ、本当に厳しい」。

昨年6月、ホンダ青山本社で開催された中期経営計画の発表記者会見で、伊東紳孝社長は記者団にそう漏らした。

2012年欧州乗用車市場で、ホンダの総販売台数は13万3462台。全メーカー販売台数1205万3904台のうち、たったの1%だ。また、他メーカーの販売実績と比較すると、1位VWの5%、日本車メーカートップのトヨタの1/4 にとどまる。

ちなみに、ホンダの最大収益源・アメリカでは2012年、欧州実績の10.7倍にも及ぶ142万2785台を売っている。

シビック ツアラー・コンセプ
シビック ツアラー・コンセプシビック ツアラー・コンセプ

日本では、古くからのホンダファンとって、F1など「ヨーロピアン・レーシング・スピリッツ」のイメージが強いホンダ。ところがホンダ、いまだに欧州ではマイナーブランドなのだ。

ではどうして、ホンダは欧州で売れてないのか?

「最も大きな原因は、インセンティブ(販売奨励金)をつけないからだ。元来、ホンダは安売りをしないのが企業方針だ」(欧州ホンダ関係者)という。

さらには、各セグメントでベストタイミングで商品が投入できていない、という実情もある。今回発表の「シビック・ツアラー」でも、VW、トヨタのライバル車を後追いするカタチになっている。

こうしたなか、ホンダは欧州戦略の見直しを図っている。

その根幹にあるのが、1992年に稼働開始した英国工場での製造車種の転換だ。

年産能力は25万台あるのに、現在は年産15万台程度。昨年800人の人員整理も発表した。組立ラインを流れているのは、欧州「シビック」、「ジャズ(フィット)」、「CR-V」だ。

これが今後、「ジャズ」生産を取りやめ、他地域からの輸入に転換。その分、空いたところに「シビック・ツアラー」と「タイプR」を入れ込む。これにより、部品コストを削減につながるのだ。

そしてもうひとつ、大事な戦略が、「真のスポーティブランド」への飛躍だ。

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
桃田 健史
筆者桃田 健史

日米を拠点に、欧州、BRICs(新興国)、東南アジアなど世界各地で自動車産業を追う「年間飛行距離が最も長い、日本人自動車ジャーナリスト」。自動車雑誌への各種の連載を持つ他、日経Automotive Technologyで電気自動車など次世代車取材、日本テレビで自動車レース中継番組の解説などを務める。近著「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」(ダイヤモンド社)。1962年東京生まれ。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ホンダ ストリームの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ ストリームのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ ストリームの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ ストリームの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ ストリームのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる