ステップワゴンが2022年春にもフルモデルチェンジ! ただし現行モデルを購入するなら10月がラストチャンス!? その理由は生産移管の都合だった

画像ギャラリーはこちら
ホンダのMクラスミニバン「ステップワゴン」が2022年春にもフルモデルチェンジを実施する模様だ。この背景には2021年中に生産工場を移管するホンダの事情もあった。その影響を受け、現行型ステップワゴンの受注も思った以上に早く打ち止めとなる。現行型ステップワゴンが欲しいなら、この10月がラストチャンスだ!
目次[開く][閉じる]
  1. 現行型ステップワゴンの工場が2021年中に生産終了へ このタイミングに合わせフルモデルチェンジを実施
  2. 新型ステップワゴンは早ければ年内にもその姿を見せる! ただし生産開始は少し先かも??
  3. 現行型は年内生産終了! 受注停止は思った以上に早くなりそうだ

現行型ステップワゴンの工場が2021年中に生産終了へ このタイミングに合わせフルモデルチェンジを実施

以前にもお伝えした通り、ホンダのステップワゴンが早ければ2022年春にもフルモデルチェンジを実施する模様だ。

折しも、現行型ステップワゴンを生産するホンダ埼玉製作所 狭山工場は2021年中に閉鎖されるため、新型への切り替えと同時にホンダ埼玉製作所 寄居工場へと生産が移管されることになる。

ホンダでは当初、2021年中にもステップワゴンのフルモデルチェンジを目論んできたようだが、半導体不足に代表される世界的な自動車部品の供給不足による影響は大きく、新型登場も2022年春頃か、もしくはそれ以降にずれ込むようだ。

新型ステップワゴンは早ければ年内にもその姿を見せる! ただし生産開始は少し先かも??

現行型の売れ行きが芳しくないこともあってか、新型ステップワゴンのティザーキャンペーンは正式発売に先駆け、2021年末にも実施される見込み。近年はこのように、早期の新型車先出しをし先行受注を募る販売スタイルがすっかり定着した。実際にユーザーへの納車されるのは2022年春頃となるようだ。

ただし部品供給の遅れが2022年も続くようであれば、納車もさらに後ろ倒しとなる可能性も否定できない。もし車検の期限を機に乗り換えを検討しているような場合には、深刻な事態になりかねない。この点は改めて注意を呼びかけておきたい。

最新鋭の低燃費ハイブリッド「e:HEV(イーエイチイーブイ)」は新型ステップワゴンでも継承される

ちなみに新型ステップワゴンは、1.5リッターターボエンジンと、2リッターe:HEV(ハイブリッド)の2ラインナップとなる見込み。これは現行型と同じ構成だ。e:HEVはホンダ最新のハイブリッドシステムで、他社にもひけをとらない低燃費性能を誇る。

ならばいっそ、現行型を狙うというユーザーもいるかもしれない。出てすぐの新型よりも、値引きも期待出来る。

現行型は年内生産終了! 受注停止は思った以上に早くなりそうだ

メーカーオプションや指定のボディカラーを注文するなら10月がラストチャンスか

性能的にはいまだ現役バリバリの実力を誇る現行型ステップワゴン。ところがこの現行型が買えるのもあとわずか。前出の通り、現行型ステップワゴンを生産するホンダ埼玉製作所 狭山工場が2021年中に閉鎖されるためだ。

指定のボディカラーとメーカーオプションを組み合わせ、自分好みの1台を手に入れたいと思うなら、この10月がラストチャンスとなるかもしれない。

実際に注文ストップのタイミングがいつになるか、受注台数との兼ね合いもあってまだ明確ではないが、こうしている間にもオーダーストップとなる可能性は高い。

人気色+人気グレードの組み合わせなら2022年初春でも現行型が手に入る可能性はある

もちろん全国の販売店では、2021年末から2022年初春にかけても引き続き現行型ステップワゴンを売り続ける。ちょうど年度末の決算期でもあり、販売店としても、売るクルマが無いようでは困るのだ。

そのため各販売店では、人気色と売れ筋グレードの組み合わせを中心に見込みオーダーを入れ、必要な在庫車をあらかじめ確保する。色やオプションによほどのこだわりがなければ、この在庫車を狙うのが良いだろう。場合によっては通常以上の好条件で手に入れられる可能性もある。

ともあれ、納期の状況は刻一刻と変化している。現行型にせよ新型にせよ、ステップワゴンが気になっているようなら、早々にホンダの販売店に訪れ、最新の情報を得ることをオススメする。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:Honda・MOTA編集部]

ホンダ/ステップワゴン
ホンダ ステップワゴンカタログを見る
新車価格:
271.5万円444.9万円
中古価格:
9.8万円420.7万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ryugon(龍言)

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ ステップワゴンの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ ステップワゴンのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ ステップワゴンの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ ステップワゴンの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ ステップワゴンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる